吉沢川
散策:2007年12月上旬
【低山ハイク】 吉沢川
概 要 吉沢川は鎌倉を流れる滑川の支流のひとつで、鎌倉アルプスの東側にある十二所地区の馬場ヶ谷を流れる短い川です。 今回は吉沢川の源流域を遡行して、鎌倉天園の山頂直下の尾根道まで登っていきます。 吉沢川の源流域は、鎌倉に残された秘境のような雰囲気が味わえるコースになっています。
起 点 鎌倉市 十二所神社バス停
終 点 横浜市 上郷ネオポリスバス停
ルート 十二所神社バス停…御坊橋…馬場地区…瑞泉寺分岐…小広場…お塔の窪やぐら分岐…女男坂分岐…尾根登り口…沢分岐…谷分岐…天園巻き道…市境尾根分岐…野七里分岐…天園峠の茶屋…栄プールバス停…野七里第三公園…上郷ネオポリスバス停
所要時間 1時間50分
歩いて... 吉沢川の源流域は沢とは云っても岩壁をよじ登るような所はなくて初級者向けのコースです。 緩やかな岩盤に水が僅かしか流れておらず、遡行するのに苦労はありませんでした。 しかし雨が降った翌日などは水量が増して歩けなくなると思われるので避けた方が無難のようです。
関連メモ 鎌倉アルプス, 鎌倉アルプス, 鎌倉アルプス, 朝比奈切通, 鎌倉アルプス, 鎌倉アルプス, 鎌倉アルプス,
鎌倉アルプス, 吉沢川, 朝比奈切通, 鎌倉アルプス, 相武尾根
コース紹介
十二所神社(じゅうにそうじんじゃ)バス停
鎌倉駅(JR横須賀線)の東口にあるバスセンターから、 [鎌23]鎌倉霊園正門前太刀洗行きバス,または,[鎌24]金沢八景駅行きバスにて13分、 1時間に3本から4本程度の便があります。
御坊橋
バス停から滑川沿いに100mほど鎌倉駅方面へ引き返した所にあるT字路を右折して、 滑川へと注ぎ込む吉沢川沿いの道を進んでいきます。 今回はこの吉沢川を遡行して、鎌倉天園の山頂を巻くようにして続く尾根道まで登っていきます。 川沿いに100mほど進んでいくと御坊橋が架かっています。 御坊橋を渡って、山際に続く軽い坂道を登っていきます。
砂防指定地 吉沢川
この土地の区域内において宅地造成・家屋の新築・土採取等の行為をする場合は、 神奈川県知事の許可が必要ですから藤沢土木事務所に御相談下さい。
 (神奈川県)
瑞泉寺分岐
坂道が終わって山際から離れて右手へと曲がり、馬場地区の集落に続く道を進んでいきます。 小さな沢に架かる橋を渡っていくと、道がクランク形に左・右と曲がっていきます。 3週間ほど前に来た時には角に民家が建っていたのですが、 この時には取り壊されて綺麗な更地になっていました。 再び山際に沿って進んでいくと、御坊橋から3分ほどで、左手へ山道が分かれていきます。 角には道標「瑞泉寺・天園」が立っていて、左手に分かれていく山道を指しています。 この山道は天園から貝吹地蔵を経て瑞泉寺や明王院へと降る尾根道へ続いていますが、 今回は馬場地区に続く正面の道を更に進んでいきます。
十二所馬場地区急傾斜地崩壊危険区域
この区域内で、のり切・掘削・伐採等を行う場合は、知事の許可が必要ですから左記へお問合わせ下さい。
 (神奈川県藤沢土木事務所)
馬場ヶ谷
吉沢川が一旦近づいて来てまた離れていきます。 集落の中に続く道を登り気味に進んでいくと、御坊橋から6分ほどで馬場地区の集落は終わりになります。 突き当たりは民家の脇の駐車場のようになっていて、右手からは吉沢川が近づいてきます。 ここが馬場ヶ谷に続く吉沢川を遡行するルートの入口になります。
右手の金網沿いに続く細い道へ入っていくと、金網はすぐに終わって岩壁のようになった吉沢川の横に出ます。 すぐに左手へと道が分かれていきます。 川沿いにも細い道が続いていますが少し先で途絶えているので、 左手に曲がっていく道を進んでいきます。 すぐに右へ曲がって、細い常緑樹や笹竹の生い茂る中に続く道を進んでいきます。
小広場
1分ほど進んで行った所にある竹製のバーをくぐっていくと、小さな広場に出ます。 簡易倉庫や作業小屋などが建っていてテーブルも置いてありました。 小屋の左側を抜けて、小さな流れに架かる小橋を渡り、再び笹竹の生い茂る所を進んでいきます。
笹竹や細い木の生い茂る中に続く道を進んでいくと、すぐに左手へ道が分かれていきます。 その先には細い谷筋があるようでしたが、右手へと続く道を進んでいきます。 少しぬかるんだ所には板などが敷かれているので、その上を歩いていきます。 少し広くなった所を過ぎてその先へ進んでいくと、入口から5分ほどで、再び広くなった所に出ました。 両側には岩壁が聳えていて、その間に続く谷筋は少しぬかるんでいました。 ここでも丸太や板などが敷かれているので、その上を渡っていきます。
お塔の窪やぐら分岐
広くなった所を過ぎて笹竹の生い茂るの中に続く道を進んでいくと、1分もしない内に沢へ降り立ちます。 この沢が先ほどから道の傍に続いていた吉沢川の源流域になります。 馬場地区の奥の入口から7分ほどで到着しました。 そろそろ紅葉の季節も終わりを迎える頃でしたが、沢の上を見上げるとまだ綺麗に色づいていました。 正面は切り通しのようになっていて、少し先の所から、 左手の先へ登っていく道と、右手に戻るようにして登っていく道に分かれています。 左手の道はお塔の窪やぐらを経て貝吹地蔵の南側の尾根道へ続いていますが、 今回は右手の道を登っていきます。
ここから先には沢を渡ったり遡行したりする所が何箇所もありますが、 吉沢川の源流域の沢は、岩盤の上を僅かに水が流れているだけなので、 雨が降った翌日などを除くと、歩いていくのに苦労はありません。
(右手の写真は沢の中ほどから振り返って写したものです)
女男坂分岐
切り通しのような沢の中ほどから右手へ戻るようにして続く岩盤の道を登っていきます。 すぐに左手へ鋭角に折れ曲がってその先へと登っていきます。 真っ赤に紅葉した樹木などを眺めながら緩やかに登っていくと、 左右には笹竹や細い常緑樹が生い茂るようになります。 沢から1分ほど進んていくと道が二手に分かれています。 脇には赤テープが巻き付けられていたりもします。 広めの道は右手へと曲がっていきますが、吉沢川の源流域へは正面の道を進んでいきます。
右手に分かれていく道は鎌倉霊園の脇の権兵衛山へと続いていて、 女男坂(めおとざか)と呼ばれているようです。 その昔には鎌倉の十二所地区から木炭などを馬に乗せて、 この馬場ヶ谷を経て横浜の金沢地区へと運んでいった道なのだそうです。
(右手の女男坂については「鎌倉アルプス」を参照)
これまでよりも道幅が少し狭まってきますが、 シダ類や細い常緑樹などが生い茂る道はしっかりと確認できる状況でした。 やがて植林帯へ入っていくと、先ほどの女男坂分岐から2分ほどで沢の前に出ます。 道は沢の向こう側にありますが、橋などは架かっていません。 沢までの段差は結構ありますが、左手に生える樹木の脇から根などに捉まりながら沢へ降りて、 上流に数m行った所から向こう岸へと登っていきます。 ここでも沢は岩盤になっていて流れる水の量も僅かなので、渡ってくのに苦労はありません。
沢から上がって植林帯に続く道を右手へ進んでいくと、1分ほどで再び沢の前に出ます。 ここでも橋は架かっていませんが、先ほどの所よりも沢までの段差が低くて、難なく渡っていけます。 沢を渡って左手へと続く道を進んでいきます。
沢から上がって、シダ類や常緑樹の生える植林帯を進んでいきます。 右手の石積みされた所からコンクリート製の水路のようなものが伸びている所を過ぎていきます。 少しぬかるんだ所もありますが、丸太が敷かれていたりもするので、その上を歩いていきます。 沢から2分ほど進んでいくと、少し広くなった所に出ます。 右手には岩壁が続いていて大きな岩があったりもします。
尾根登り口
植林帯が終わって雑木林に変わった谷筋を進んでいきます。 2分ほど進んでいくと、左手から大きめの沢が合流してきます。 そこを過ぎて30秒ほど進んでいくと、沢の向こう岸へ登っていく踏み跡があります。 こちら側には赤テープがふたつ笹竹に巻き付けられていたりもします。 馬場地区の奥の入口から25分ほどで到着しました。 道標類はありませんが、この左手の沢向こうへと登っていく道は、 天園から貝吹地蔵へ続く尾根道の中ほどへ続いています。 沢へ降りてすぐの所から登っていけますが、今回はその道は見送って、 このまま吉沢川の源流の沢筋を遡行していきます。
(左手の山道については「鎌倉アルプス」を参照)
沢沿いに続く細い道を進んでいきます。 大きな岩の脇を過ぎていくと、先ほどの尾根登り口から1分もしないうちに沢へ降りていきます。 水が少し溜まっていますが、水のない右側の部分を進んでいくと、30秒ほどで沢から上がります。 沢から上がってその先へ進んでいくと、右手に細い道が分かれていきます。 覗いてみると、右手の高みへと続く急傾斜の道になっていて歩きにくそうな感じでした。 送電線の巡視路でしょうか。
右手の道を見送ってその先へ進んでいくと、再び沢へ降りていきます。 幅が広くなっていて、水がかなり溜まって池のようになっていました。 ここでも沢の右側が歩けるようになっているので、岩壁に沿って進んでいきます。 水が減って岩盤になった沢を横切って、大きな石のある脇から沢の左側へ上がっていきます。
沢分岐
林床に細い常緑樹が生い茂る植林帯を進んでいきます。 右手に聳える岩壁の脇を過ぎていくと、1分半ほどで再び沢に出ます。 沢に降りてU字形に抉れた感じの沢を遡行していきます。 途中で細い沢筋が左手へ分かれて登っていきます。 踏み跡もありそうな感じもしましたが、そのまま岩盤になった沢を遡行していきます。 沢には水がほとんど流れていなくて、歩いていくのに苦労はありません。 大きな倒木の下をくぐっていくと、沢に降りてから2分ほどで、沢が二手に分かれています。 右手の沢より左手の沢の方が広そうだったので、ここは左手の沢を更に進んでいきました。
ほとんど水が流れていない沢を遡行していきます。 季節柄、U字形の谷に流れる沢には落葉が積もっていましたが、 緩やかな岩盤になっているので難なく歩いていけます。 下界と遮られた静かな空間を歩いていると、何だか秘境に迷い込んだような気がしてきます。 谷の上の方へ目をやると、紅葉している樹木があったりもします。
先ほどの沢分岐から3分ほど進んで植林帯が現れると、沢の右手に登っていく道があります。 脇の樹木には赤テープが巻き付けられていたりもします。 沢から上がって、左手へと続く道を進んでいきます。 林床には細い常緑樹が生い茂っていますが、踏み跡はしっかりと続いています。
植林帯を2分ほど進んでいくと、左手の沢へ降りていきます。 降り口には赤テープが巻かれています。 沢へ降りていく道はかなりの急坂になっていますが、階段状になっていて歩きやすくなっていました。 両側に岩壁がそそり立つU字形になった沢に降りて遡行していきます。
次第に沢の幅が狭まってきて、1分半ほどすると谷の中に自然消滅したかのようになります。 道は沢の延長のようにしてその先へと続いています。 笹竹の生い茂る所を抜けて植林帯へ出ると、再び左手に沢が現れます。
植林帯になって1分もしない内に沢を渡って、沢の左側を進むようになります。 心なしか谷が狭まって傾斜も増してきて、尾根が近づいているような感じがしてきます。
細い常緑樹やシダ類の生い茂る植林帯を進んでいくと、 長さ2mほどの丸太の木梯子が架かっています。 滑らないよう注意しながら梯子を登って、右手へと続く道を進んでいきます。
谷分岐
木梯子を登ってその先へ進んでいくと、1分もしない所で谷が二手に分かれています。 尾根登り口から18分ほどで到着しました。 右手を流れている沢もここで二手に分かれています。 左手に分かれた沢には丸太の木橋が架かっていて、右手の谷へ渡っていけるようになっています。 左手の谷へ続く道は余りはっきりとしていませんが、先の方には赤テープが巻き付けられていたりもします。 どちらへ進んだものかと迷う所ですが、今回は沢がはっきりとしている右手の谷へと進んでいきます。
左手の谷を進んでいくと…
後日に左手の谷を歩いてみました。 あまり歩かれていないようで、道には切り倒された樹木が散乱していました。 沢を飛び越えて右側に渡り、狭くなっていく谷を登っていきます。 次第に歩き難くなってきて「道」という雰囲気がしなくなってきます。 それでも赤テープは谷に沿って点々と巻きつけられていて道を示しているようでした。 そんなテープを頼りにしてV字形になった谷を上に向かって登っていくと、 やがて横幅が広くなって立派な竹林が現れます。 その竹林を更に上へ向かって登っていくと、ここから11分ほどで尾根道に出ました。 登り着いた所は、天園休憩所の裏手の岩場のすぐ南側で、 獅子舞への道が尾根から分かれて降っていく分岐点でした。 この左手の谷ルートは樹木が散乱していてとても歩き難い状況です。 赤テープがあるところをみると、樹木が取り去られると歩きやすくなるのかも知れませんが、 現状のままではお勧め出来ないルートです。
丸太の木橋を渡って、右手の谷筋を進んでいきます。 もはや「沢」という感じはなくなってきて、V字形に抉れた谷に僅かに水が流れているだけになります。 これまでよりも登りの傾斜が増してきますが、普通に立って歩いていくことができます。 苔むした岩には切れ込みが入れてあって、登り易くなっていたりもします。 こちらの谷にも赤テープが点々と巻きつけられていました。
ちょっとした段差の岩場を登って水の流れが明確ではなくなってくると、次第に谷の幅が広がってきます。 左手の方に小さな倉庫のような物を見ながら登っていくと、イチョウの大木が生える広い所に出ました。 黄葉した葉が一面に落ちていて、モミジも生えていたりします。
正面の上の方が明るくなってきて、尾根がもうすぐそこにあることが感じられます。 ハイカーと思われる人の声も聞こえてきました。 左手の方からジグザグに斜面を登っていきます。
天園巻き道
歩きやすくなった道を登っていくと、左右に通るしっかりとした尾根道に出ました。 谷分岐から7分ほど、馬場地区の奥の入口から50分ほどで登って来られました。 これで吉沢川の源流域の遡行は終わりになります。 登り着いた尾根道は、天園の山頂直下を通る巻き道になっていて、 正面の道端にはコンクリート製の円筒があります。
振り返ると、登ってきた道への入口は細いながらも明瞭になっていました。 ここから左手へ進んでいくと天園休憩所や獅子舞分岐へと続いていますが、 今回は右手から天園の山頂へと向かっていきます。
(右手の写真は、尾根道に出てから振り返って写したものです)
市境尾根分岐
広い巻き道を右手へ進んでいくと、1分もしない所に分岐があります。 以前には看板などが幾つも設置されていたのですが、すべて取り払われてスッキリとしていました。 角には「鎌倉六国峠 天園休憩所」と書かれた道標が立っていて、 右手の道は「金沢八景・文庫2時間」、左手の道は「建長寺1時間」、 今歩いてきた道は「瑞泉寺約30分・鎌倉宮約30分」,「見晴台(天園150mくらい先)」となっています。 道標には天園休憩所のメッセージがびっしりと書き込まれていました。 右手の道は市境広場を経ていっしんどう広場へと続く武相国境の尾根道になりますが、 今回は左手に登っていく道を進んでいきます。
(写真は右手の少し先から振り返って写したものです)
鎌倉六国峠 天園休憩所
明治の頃よりこの地に居住し、いちょうやもみじ、梅、つつじなどを植えて天園と称しました。 風の音、夜空の星、虫の音、鳥のさえずり、雨の音、草木の成長などなど、 四季折々の自然の美しさの中で暮らせます幸せを日々感謝しながら現在に至っております。
検査に合格したおいしい井戸水を大切にしながら採れたてのものを採れたそのところで その素材持つ良さが活きるメニュー造りに心がけております。 左記の催事にもお気軽にご参加下さい。
むりょうごしょうたい。 六月 すいとんを楽しむ会。 十二月 しもつかれを楽しむ会。
見晴台(天園150mくらい先)
誰れもが自由に座って休みお弁当を広げたり出来る天園由一の見晴台です。 眼下に鎌倉の町並、海、前方に箱根の山々、富士山、伊豆方面が眺められ大変に趣きのある風景です。 (天園ハイキングコースに合流)
野七里分岐
金網に沿って進んでいくと、右手へ道が分かれていきます。 脇の金網には「野七里・上郷方面」の標識があって、右手に分かれていく道を指しています。 この分岐は見送って、正面にあるこんもりとした高みへと登っていきます。
幅の広い横木の階段を登っていきます。 途中で左手へ分かれていく天園ハイキングコースへの道を見送って更に登っていくと、 「神奈川無線サービス協会基地局」と書かれた設備の横に出ます。
右手からも横木の階段が登ってきています。 その道を合わせて、綺麗に紅葉した樹木が生える緩やかな道を進んでいきます。
天園峠の茶屋 (標高159m)
裏手から回り込んでいくと、すぐに天園峠の茶屋があります。 ベンチが幾つも設置された大きな茶屋で、正面には鎌倉の街や海を見渡せる景色が広がっています。 注文した「名物おでん」などを食べながら、ここでひと休みしていきました。
先ほどの道標にあった「見晴台」とはこの茶屋のことではなくて、 天園休憩所の裏手にある岩場のことです。 富士山の絵が描かれた看板が吊り下げられていたりもしますが、 手前の樹木に邪魔をされて、この茶屋からは富士山は見えません。
ひと休みしたら天園から下山していきます。 下山ルートは幾つかありますが、今回は野七里地区へ続く尾根道を降っていきます。 先ほどの無線設備の所まで引き返していきます。 左手の横木の階段を降り、笹や常緑樹などが生い茂る道を進んでいくと、 30秒ほどで左右に通る尾根道に出ます。 この道は先ほど野七里分岐から分かれてきた道になります。 道標類は見かけませんでしたが、ここは左手へと降っていきます。
金網沿いに続く尾根道を降っていきます。 よく歩かれている道なのか、広くてしっかりとしていて、とても歩きやすくなっています。 金網には「火気厳禁」の注意書きが点々と取り付けらていました。 右手の樹間からはグランドが見えていて、野球の練習をしている声が聞こえてきたりもします。
引き続き金網沿いの道を緩やかに降っていきます。 傾斜はほとんどなくて歩きやすい道が続いています。 天園から9分ほど降ってくると、右手のこんもりとした高みを越えていく階段と、 左手の緩やかな道に分かれています。 高みへ登っても特に見晴らしがいい訳でもないので、どちらの道を進んでいっても変わりはありません。 この先にも同じような高みへの階段と巻き道に分かれている所が3度ほどあります。
二つ目の高みへ登ってみると、右手に続いている金網に扉があって、 その先へと道が分かれて降っていきます。 以前に来た時には「立入禁止」の標識があったように思いましたが、 この時には扉は開いていて標識も見かけませんでした。 どこへ降っていくのか確かめてみたい気もしましたが、それはまたの機会にということにして、 今回はそのまま尾根道を進んでいきました。
四つ目の高みから続く階段を降っていくと、左傾斜の斜面を進むようになります。 谷側にロープ柵が続く道を進んでいくと、 右手の高みに送電線の鉄塔「東京南線3・4号線No.60」が立っています。 その鉄塔を過ぎていくと、右手に幅の広い階段が現れます。 尾根道はこの先へと更に続いていますが、今回はここから右手の階段を降っていきます。 ちょっと登ってから急な降り階段になります。
とても幅が広い階段になっていて、何故こんな所にあるのか場違いのような気もしますが、 先ほどの送電線の鉄塔の建設時に資材などを運ぶのに必要だったのでしょうか。 正面には野七里地区の街並みや武相国境尾根が広がっています。 眼下に見えている大きな建物は、栄プールと老人福祉センター「翠風荘」になります。
栄プールバス停
2分ほどかけて階段を降り切って左手へ進んでいくと、駐車場の先に栄プールバス停があります。 天園から20分ほどで降りて来られました。
港南台駅(JR根岸線)までの便が、平日には1時間に2本程度、週末には1時間に1本程度あります。 大船駅(JR東海道線)までの便もありますが、夕方の1本だけと非常に少なくなっています。 時間が合えばここからバスに乗っていけばいいのですが、 この500mほど先にある上郷ネオポリスバス停まで行くともう少し便が増えるので、 今回はそこまで歩いていくことにしました。
 (港南台駅行き)土日曜 ...11:38 12:40 13:03 14:03 15:03 16:03 17:03
 (大船駅行き)土日曜 15:35
野七里第三公園
野七里地区の住宅地に続く舗装道路を真っ直ぐに進んでいきます。 警察署の射撃場や犬訓練所への道を左へ分けて真っ直ぐに進んでいくと、 左手に野七里第三公園があります。 閑静な住宅地にある静かな公園で、周囲には簡単なアスレチック器具もあったりします。
円海山風致地区
円海山風致地区は、円海山・北鎌倉近郊緑地保全区域を中心とし、栄・金沢・磯子区の3区に広がる地域です。 市内で最も豊富な自然が残されており、横浜市の緑の七大拠点のひとつです。 峰・氷取沢・釜利谷・瀬上そして金沢の五つの市民の森をはじめ、 金沢自然公園や自然観察センターなどがあり、多くの市民に親しまれています。 又、周辺の住宅地も、この自然景観と調和をはかるため、緑を多く取り入れて、 良好な住環境を形成しています。
 (横浜市緑政局緑政課)
上郷ネオポリス(かみごうねおぽりす)バス停
野七里第三公園を後にしてその先へ進んでいきます。 野七里小学校を過ぎた先の十字路の左手に上郷ネオポリスバス停があります。
港南台駅(JR根岸線)まで、港南台駅行きバスにて16分、1時間に2本程度の便があります。
金沢八景駅(京浜急行本線)まで、金沢八景駅行きバスにて18分、1時間に1本から2本程度の便があります。