鎌倉アルプス
散策:2006年06月上旬
【低山ハイク】 鎌倉アルプス
概 要 鎌倉アルプスは、鎌倉の北東側を取り巻くように続く低い山々で、 天園ハイキングコースがぐるりと一巡りしています。 この鎌倉アルプスには、円海山・十二所・建長寺・今泉台など、各方面から登ることができます。 今回は、今泉不動の手前からゴルフ場へ続く道路から天園へ登り野七里地区へと降るコースを歩きます。
起 点 鎌倉市 今泉不動バス停
終 点 横浜市 上郷ネオポリスバス停
ルート 今泉不動バス停…天園橋…称名寺…陰陽滝…不動堂…大日如来像…天園橋…トンネル…いずみテニスクラブ…鎌倉パブリックゴルフ場…鎌倉カントリークラブ…天園峠の茶屋…天園休憩所…60番鉄塔…野七里第三公園…野七里小学校…上郷ネオポリスバス停
所要時間 2時間30分
歩いて... 今回はまだ歩いたことがないゴルフ場からのルートを選んでみました。 猫をダンボールに入れて天園休憩所に捨てていく人がいるのだそうで、 生き物なので邪険にはできないし…ということで飼っておられるのだそうです。 そんな話を聞くと、天園の猫たちが益々愛おしくなってきたりします。
関連メモ 鎌倉アルプス, 鎌倉アルプス, 鎌倉アルプス, 鎌倉アルプス, 朝比奈切通, 鎌倉アルプス, 鎌倉アルプス,
鎌倉アルプス, 相武尾根
コース紹介
天園休憩所の岩場からの眺望
大船駅(JR東海道線)から鎌倉湖畔循環バスに乗って今泉不動バス停で下車します。 バス停の先のT字路に立つ道標「天園ハイキングコース1km」に従って進んでいくと天園橋があります。 先ずは称名寺を訪ねてから天園橋の先に続く道路を進んでいきます。 ゴルフ場へと続く道路ですが、車はほとんど通ってはいきません。 なだらかな箇所も少しありますが、概ねは緩やかな登りが続きます。 短いトンネルを抜けるとテニスクラブがポツンとありました。 右手の沢筋にある砂防ダムを過ぎていくと傾斜が少し増しています。 正面に電波塔を見ながら登っていくと、正面が開けて鎌倉パブリックゴルフ場のクラブハウスの前に着きます。 目の前には鎌倉天園ゴルフ練習場もあります。 更に道路を進んでいくと、天園橋から25分ほどで鎌倉カントリークラブのクラブハウスに着きます。 クラブハウスの前を過ぎていくと、大平山から天園へと続くハイキングコースに出ます。 トイレを過ぎて坂道を登っていくと、ほどなくして天園峠の茶屋に着きます。 茶屋でおでんを食べながら眺めを楽しんで、すぐ先にある天園休憩所を訪ねます。 営業時間前だったようで入り口には鎖が張られていましたが開けてもらえました。 天園休憩所のすぐ先にある岩場からの眺めを楽しみます。 条件がいい日には富士山も見えるのですが、この日は曇っていて見えませんでした。
野七里地区へと降る尾根道
天園峠の茶屋の左手から裏手に続く道を進んでいくと、 すぐに「神奈川無線サービス協会基地局」と記された無線局があります。 そこで道が二手に分かれていますが、今回は左手の道を野七里地区へと降っていきます。 坂道を降っていくと2回ほど分岐がありますが、いずれも左手の道を進んでいきます。 分岐を過ぎていくと緩やかな尾根道になりますが、両側には樹木が生い茂っていて展望は得られません。 途中で極小ピークが3つありますが、いずれも巻き道があります。 二つめのピークでは右手の金網の扉の先から道が分かれていますが、 正面の尾根道を真っ直ぐに進んでいきます。 送電線の鉄塔「東京南線3・4号線No.60」を過ぎていくと、右手に石段が現れます。 石段を少し登ってから降っていくと栄プールバス停へと降りられます。 以前来た時には正面に続く尾根道に鎖がしてあったのですが今回はなかったので、正面の道を進んでいきました。 1分ほどで送電線の鉄塔「東京南線1・2号線No.60」の袂に着きます。 周囲の樹木が切り開かれていて、野七里地区などを見渡すことができました。 鉄塔を右手から回り込んで更にその先へと進んでいくと、 次第に道が細くなってきて余りはっきりとはしなくなってきます。 降るようになると小さな分岐もあったりしますが、構わずに降っていくと草地に降り立ちます。 天園から30分ほどで降りて来られました。 草地の先の道路の左手には警察の施設がありますが、右手へと進んでいきます。 公舎を過ぎていくとT字路があります。 右手の先には栄プールが見えていますが、今回は左手へと進んでいきます。 野七里第三公園を過ぎ野七里小学校を過ぎていくと、T字路から400mほどで上郷ネオポリスバス停に着きます。 港南台駅(JR根岸線)まで1時間に2本程度、 金沢八景駅(京浜急行本線)まで1時間に1本から2本程度の便があります。