舞岡公園
散策:2006年03月下旬
【里山散歩】 舞岡公園
概 要 舞岡公園は横浜市の戸塚区から港南区にかけて広がる自然公園で、 舞岡ふるさと村や舞岡ふるさとの森とも隣接しています。 谷戸田を取り巻くようにして森や丘が続いていて、 小谷戸の里を中心として保存活動が続けられている里山です。 今回は舞岡公園の南半分ほどを駆け足で巡っていきます。
起 点 横浜市 公園前バス停
終 点 横浜市 京急ニュータウンバス停
ルート 公園前バス停…東光寺薬師堂…古御堂保護区…もみじ休憩所…ばらの丸の丘…東門…谷戸田…大原おき池…大原谷戸池…長久保池…ねむのき休憩所…小谷戸の里…谷戸見の丘…南門…さくら休憩所…えのき休憩所…おおなばの丘…けやき広場…管理詰所…京急ニュータウンバス停
所要時間 1時間20分
歩いて... 丘の上の桜は既に開花していて、三分から五分咲きの木もありました。 以前には菜の花が植えられていた丘では、花はまったく見かけませんでした。 小谷戸の里では餅つきなどのイベントが開かれ、多くの人で賑わっていました。
関連メモ 舞岡ふるさと村, 舞岡ふるさとの森, 舞岡公園, 舞岡公園, 舞岡公園, 舞岡公園, 舞岡公園, 舞岡公園, 舞岡公園,
舞岡公園
コース紹介
東光寺薬師堂
戸塚駅(JR東海道線)の東口から舞岡台方面へのバスに乗って公園前バス停で下車します。 バスを降りてその先にあるT字路を左折して舞岡保育園を過ぎていきます。 梅の木が植えられた畑などを見ながら坂道を緩やかに登っていくと、 左手に階段が登っていきます。角には「薬師堂入口」と書かれた手製の標識が立っています。 標識に従って階段を登っていくと東光寺薬師堂があります。 お堂の前にはお地蔵さんが沢山並んでいました。 お堂の中を覗いてみると、扉の閉められた木箱が安置されていました。 中には薬師様が入れられていて毎年10月12日に開帳されるのだそうです。 その左右には光背のある仏像が木製ケースに入れられて沢山並んでいました。
この薬師堂は、元は東光寺の一部分としてありました。 東光寺には住職がいなくなってしまったためこの薬師堂を建て薬師様をあんちしました。 この薬師堂では、毎年10月12日1時ごろから薬師様が入っている箱のとびらが開きます。 この薬師様は、目のわるい人がおがむとよいといいといわれているそうです。
 (南舞岡小学校6年)
ばらの丸の丘
東光寺薬師堂から元の道に戻って緩やかに登っていくと舞岡公園の一角に着きます。 今回はその中の南半分を散策します。 道路の右手にある臨時駐車場の手前から雑木林の谷筋へと降っていきます。 古御堂保護区を過ぎて左手へと登っていくともみじ休憩所があります。 東屋を過ぎて雑木林の中を緩やかに降っていくとばらの丸の丘があります。 芝生の広場になっていて桜の木が沢山植えられた所です。 季節になると綺麗に咲き誇りますが、この時にはまだ三分咲き程度でした。 東門を抜けて雑木林の中を降っていくと谷戸田が広がっています。 大原おき池・大原谷戸池・長久保池・ねむのき休憩所などを見ながら右手へと進んでいくと、 舞岡公園の中心になっている小谷戸の里があります。 この時には餅つきやわら馬づくりなどが催されていました。 古民家の一角では往時の風俗などの展示コーナーもあります。 小谷戸の里から道を引き返して谷戸見の丘から南門を過ぎていきます。 さくら休憩所・えのき休憩所・おおなばの丘・けやき広場などを訪ねていきます。 管理詰所まで戻ってくると、そのすぐ先に京急ニュータウンバス停があります。 戸塚駅(JR東海道線)まで、1時間に4本程度の便があります。 東戸塚駅(JR横須賀線)、上永谷駅(横浜市営地下鉄)、港南台駅(JR根岸線)までの便も1時間に1本程度あります。
ただひとつのために生き ただひとつのために枯れていく草よ そんなふうに生きても おまえは誰も傷つけなかった (富弘)