鎌倉アルプス
散策:2005年07月上旬
【低山ハイク】 鎌倉アルプス
概 要 鎌倉アルプスは、鎌倉の北東側を取り巻くように続く低い山々で、 天園ハイキングコースがぐるりと一巡りしています。 この鎌倉アルプスには、円海山・十二所・建長寺・今泉台など、各方面から登ることができます。 今回は、二階堂川沿いに沢筋から天園へ登って覚園寺方面へと降るコースを歩きます。
起 点 鎌倉市 大塔宮バス停
終 点 鎌倉市 大塔宮バス停
ルート 大塔宮バス停…鎌倉宮…通玄橋…永福寺跡…亀ヶ渕橋…東電送電所…二階堂沢…イチョウの森…天園の岩場…天園休憩所…天園峠の茶屋…大平山…建長寺分岐…覚園寺分岐…大塔宮バス停
所要時間 2時間50分
歩いて... いつもより水が多めの二階堂沢を登っていくと、イチョウの森では早くも青い実が落ちていました。 この時は生憎の曇天で、天園の岩場からの眺めは霞んでいました。
関連メモ 鎌倉アルプス, 鎌倉アルプス, 鎌倉アルプス, 鎌倉アルプス, 鎌倉アルプス, 鎌倉アルプス, 鎌倉アルプス,
鎌倉アルプス, 鎌倉アルプス, 鎌倉アルプス, 鎌倉アルプス, 鎌倉アルプス, 吉沢川, 鎌倉アルプス, 相武尾根
コース紹介
二階堂沢
鎌倉駅(JR横須賀線)から大塔宮行きのバスに乗って終点で降りると鎌倉宮があります。 そこから右手に続く二階堂川に沿って進んでいきます。 通玄橋の手前を左折し永福寺跡を過ぎていくと亀ヶ渕橋があります。 橋を渡って進んでいくと東電送電所があります。 その先の農園を過ぎると、二階堂川は小さな沢へと変わります。 前日に雨が降ったので、二階堂沢はいつもよりも多くの水量がありました。 沢が細くなってくると、大きなイチョウの木がたくさん生えている森になります。 季節になるとあの独特の臭いに包まれる森には、早くも青い実が落ちていました。
永福寺跡
永福寺は源頼朝が建立した寺院で、源義経や藤原泰衡をはじめ奥州合戦の戦没者の慰霊のため、 荘厳なさまに感激した平泉の二階大堂大長寿院を模して建久3年(1192)、工事に着手しました。 鎌倉市では、史跡の整備に向けて昭和56年から発掘調査を行い、 中心部の堂と大きな池を配した庭園の跡を確認しました。 堂は二階堂を中心に左右対称で、北側に薬師堂、南側に阿弥陀堂の両脇堂が配され、 東を正面にした全長が南北130メートルに及ぶ伽藍で、前面には南北100メートル以上ある池が造られていました。 市では昭和42年度から土地の買収を行っており、今後は史跡公園としての整備事業も進めていく予定です。
 (鎌倉市教育委員会)
天園の岩場
イチョウの森の先の急坂を登り切ると天園に着きます。 そばの岩場へ登ると鎌倉の街や海が眼下に広がっています。 空気が澄んでいる日には富士山も見えるのですが、 この時は曇天で残念ながら見えませんでした。 岩場の先には天園休憩所や天園峠の茶屋があります。 その先のゴルフ場のクラブハウスの脇を過ぎて大平山を越えていきます。 尾根道を進んでいった所にある建長寺や今泉台への分岐を覚園寺へと降っていきます。 住宅地へ降り立って左手に進んでいくと、最初の大塔宮バス停に着きます。
おすすめ!!
朝どり やわらかい とにかく おいしいですョ!! いろいろな味でどうぞお楽しみ下さい。
おさしみ風にて、あえものとして、 おろし入り酢じょうゆ、ゆずみそ、からし入り酢みそ、あまからみそ など。
風味豊かでやわらかい、山の中ならではの旬の味、採りたてのたけのこ。
 (天園休憩所)