鳩ノ巣渓谷
散策:2004年06月中旬
【低山ハイク】 鳩ノ巣渓谷
概 要 鳩ノ巣渓谷は多摩川の中流域にあって、小さな山を越えていくと、深くてダイナミックな渓谷が続いています。 古里駅から奥多摩駅までの渓谷沿いを、大多摩ウォーキングトレイルと数馬峡遊歩道をつないで歩いていきます。
起 点 奥多摩町 古里駅
終 点 奥多摩町 奥多摩駅
ルート 古里駅…熊野神社山門…熊野神社…小丹波…おたぎ下…寸庭橋…越沢…大名沢…松の木尾根…雲仙橋…双竜の滝…一心亭…玉川水神社…鳩の巣小橋…白丸調整池ダム…数馬峡橋…海沢橋…もえぎの湯…奥多摩ビジターセンター…奥氷川神社…奥多摩駅
所要時間 5時間30分
歩いて... 夏草が丁度刈り取られた後だったので、快適に歩いていくことができました。 人気のあるコースのようで、多くのハイカーとすれ違いました。 白丸ダムの上流ではカヤックの練習をしている人も見かけました。 ダイナミックな渓谷美やエメラルドグリーンの湖面などを楽しんだ後は、名物のそばや露天風呂も待っています。
関連メモ 今のところ、関連メモはありません。
コース紹介
古里(こり)駅
古里駅(JR青梅線)から歩いていきます。
鳩ノ巣渓谷へは南口を出て正面の道を降っていくのですが、 駅の北側に熊野神社があるので、ちょっと立ち寄っていきましょう。 南口を出た所に、奥多摩町産のヒノキ材で作られた大きな「古里駅周辺散策まっぷ」があるので、 参考にしましょう。 北側にも駅の出入口があったので、そちらを利用してもいいでしょう。
南口を出て左手に線路沿いの道を進み、踏切を渡って左折して進んでいきます。 古里駅北口の小さな駅舎を過ぎるとT字路があります。 ここを右折して真直ぐに100mほど緩やかに登っていくと、正面に熊野神社があります。
熊野神社山門
大きな鳥居をくぐっていくと、農村舞台として利用された茅葺の山門があります。 向う側(神社側)から舞台を見るようになっているようです。
東京都指定有形民族文化財 小丹波熊野神社の舞台
この建物は、演劇の舞台としての機能と、神社の桜門に似た性格とを兼ね備えた特殊な遺構である。 桁行12.7メートル、梁間5.5メートル、懸造、屋根入母屋造、カヤ葺。 階上の舞台面は地表から0.8メートル高、前面は吹抜、背面中央は窓、他は板壁であり、 階下の中央は神社の参道、社殿に向って右脇間は楽屋、左脇間は物置になっている。 幕末から昭和の初年にかけて、西多摩・南多摩地域の主として神社の境内には、 歌舞伎を楽しむために、種々の形態の農村舞台が数多く建てられた。 それらのうちでこの舞台は、建築の構成上、はなはだ特色のあるものである。 なおこれと同じ様式の舞台が、ここから南東約1.1キロメートルの川井八雲神社にも存する。
 (東京都教育委員会)
熊野神社
山門の真ん中をくぐると神社の境内になります。 本殿の右手には「ささら獅子」の御頭と小さな祠が沢山並んでいました。 一番右手にある安産乃神霊「塩亀神社」はちょっと恥ずかしい形をしていました。
奥多摩町 小丹波熊野神社 ささら獅子
明治30年代まで、鎮守「熊野神社」の祭礼行事として「ささら獅子舞(関守流)」が奉納されていました。 種々の対立があり廃止され、村民和楽の祭礼が淋しくなったこと、 おりから疫病が流行したことから祭りばやしを取り入れ、現在…(以下不詳)。
小丹波(こたば)
古里駅に戻って、正面の道を降っていきます。 すぐに青梅街道に出るので、右折して行きます。 古里小学校前の信号を過ぎ、古里郵便局を過ぎていくと、 駅から10分ほどで、左手に道が分かれていきます。 そばには「大多摩ウォーキング・トレイルBコース」の案内板と「寸庭橋」を示す道標が立っています。 Bコースは、ここ「小丹波」から「数馬峡橋」までの全長4.4kmのコースになっています。 ここで青梅街道を離れて左手の道に入り、数馬峡橋までのウォーキングトレイルを進んでいきます。
おたぎ下
民家が点在する道を進んでいきます。 少し降っていくと清見橋があり、その右手に小さな滝が心地よい水の音を轟かせていました。 その少し先の坂を登っていくと、道が二手に分かれています。 ここにも「大多摩ウォーキング・トレイル」の案内板があります。 そばの道標「鳩ノ巣駅」は右手の道を指していますが、ここは左手の道を降っていきます。
危い!
ダムの放流による増水にご注意ください。
小河内ダムが満水になると放流することがあります。 この時は、川が急に増水することがあり、危険ですから注意して下さい。
 (東京都水道局小河内貯水池管理事務所)
寸庭橋
坂道を下った所の駐車場の手前を左に曲がると寸庭橋があります。 そばには真新しい観光用公衆トイレがありました。 橋を渡った所にも「大多摩ウォーキング・トレイル」の案内板があります。 「ウォーキングトレイル入口」や「鳩ノ巣駅・御岳山」の道標に従って、右手の階段を降っていきます。 これまでの舗装道路とは違い、ここからは山道になります。
よりよい環境を求めています
ゴミ・空きカン、捨てないよう
 (奥多摩町、奥多摩町衛生協力会連絡協議会)
ゴミは持ち帰りましょう!
 (奥多摩町)
危い!!
ダムのみずをながしかわのみずがふえることがあるからきをつけよ
ダムの放流による増水に注意
この川の上流2.2キロメートルのところに白丸調整池ダムがあり、 このダムの放流によって川の水が急に増えることがありますから十分注意して下さい。 なお、3月20日から11月23日までの間は毎朝ダムの放流量を増やします。この辺では、 午前7時30分から10時までの間は水が増えますので注意して下さい。 また、多量にダムの水を流すときは左記のとおりサイレンで知らせますので、 そのときは危険ですから河原に降りないで下さい。
約50秒−休止10秒−約50秒−休止10秒−約50秒−休止10秒−約50秒−休止10秒−約50秒
 (東京都交通局発電事務所)
ひろげよう 森への感謝と 防火の輪
山火事注意
 (森林国営保険、東京都、東京都消防庁)
階段を降りた先から細い踏み跡が川原へと続いていたので、ちょっと歩いていってみました。 この辺りまでくると多摩川の水も綺麗です。 渓谷からの眺めも涼しそうで、またいいものです。
寸庭川
右手に多摩川の流れを見ながら川沿いの細い道を7分ほど進んでいくと、 大きな水の音が聞えてきました。 多摩川の支流である寸庭川の小滝を流れ落ちる水の音でした。 寸庭川に沿って左手に少しいくと、木橋の左手の奥まった所に滝がありました。 落差3mほどはあり、ちょっとヒンヤリとした空気が満ちていました。
越沢(こいざわ)
滝を後にして杉林の中を進んでいきます。 4分ほど行って左手へ登る道を見送った先に小さな橋がありました。 そばには「大多摩ウォーキング・トレイル」の案内板がありました。 この橋を渡り、正面の杉林を登っていきます。 この辺りはホタルの生息地になっているようです。
源氏ボタルの生息地
自然を大切に! 川をきれいに
 (棚沢自治会)
大名沢(おなざわ)
杉林の中の道をジグザグに登っていきます。 民家が見えてくると、その先の分岐に道標が立っていました。 それによると、ここは大名沢というようです。 鳩ノ巣まで20分、御岳山まで3時間となっています。 この道を行くと御岳山へ登っていけるようです。 「あと7分は急な坂です」と書かれていました。もうひと頑張りしましょう。
楽しい思い出と、自分のゴミは、お持ち帰り下さい。
山火事防止
たきび・たばこに御用心
松の木尾根
山腹の道を10分ほど登っていくと尾根筋に着きます。 緩やかな尾根道を3分ほど進んでいくと、少し開けた場所に着きます。 道標に「ここは松の木尾根」と記されていました。 松の木尾根の右手は開けていて、鳩ノ巣の集落が一望できます。 ベンチ代わりに丸太が二つ置かれているので、 本コース唯一の展望を楽しみながら小休止していきましょう。
ここから道が二手に分かれています。 左手は越沢大栖峠を経て御岳山へ登っていく道で、約2時間とのことです。 右手は鳩ノ巣への道で20分とのことです。
注意
この附近にゴミは絶対に捨てないで下さい。
※違反された場合は法のきめにより罰せられることになります。
 (奥多摩町衛生協力会)
松の木尾根からは、道標「鳩ノ巣」に従って、右手の道を降っていきます。 これまでの登り道とは違い、広くて緩やかな道になります。 4分ほど降っていくと山道も終わりになります。
坂下
森から出た所にある観光用公衆トイレを左に見ながら、舗装された坂道を降っていきます。 鳩の巣城山キャンプ場を過ぎ、民家が点在する坂道を更に道なりに降っていきます。 そばにあった「大多摩ウォーキング・トレイル」の案内板によると、この辺りは坂下というようです。
雲仙橋
やがて多摩川に架かる雲仙橋を渡ります。 橋の上からは、深い渓谷を流れる多摩川を見下ろせます。
この雲仙橋は、総重量が2トンをこえる車輌の通行を禁止する。
 (青梅警察署、奥多摩町役場)
雲仙橋を渡って左へ曲がると、道が二手に分かれています。 右へ登っていく道は鳩ノ巣駅への道ですが、 今回は「手打そば 一心亭 この下」の看板に従って、左手の道を降っていきます。 そばに「鳩ノ巣周辺案内図」があるので参考にしましょう。 双竜の滝を訪れてから一心亭へ向っていきます。
双竜の滝
坂道を降りていくと、道は左へ曲がっていきますが、 角に「双竜の滝」の道標があるので立ち寄っていきましょう。 正面の狭い道をほんの少し行くと滝があります。 水が二筋に分かれて勢いよく滝壺へ落ちていました。 「双竜」というのは、この二筋が二匹の竜に見えるということなのでしょうか。
一心亭
元に戻って坂道を降っていくと、手打ちそばが名物の「一心亭」があります。 ちょうど昼時になったので食べていくことにしました。 太くて短めの麺が小さなザルに入って出てきました。
玉川水神社
一心亭の前の朱塗りの水神橋を渡った先の石段を20mほど登っていくと、小さな水神様が祀られていました。 小高い場所にあるので、辺りの渓流を見下ろすことができます。
玉川水神社記
玉川水神社
多摩川の側、宇鳩の巣と唱うる岩石の上にあり 祭神罔象女神 小祠 多摩川守護の神なり(武蔵名勝図会)とあって、 昔時より多摩川筋に、多摩川守護と称する神社は、当社を古社とし、玉川上水完成によって、 羽村取水堰にミズ神社が祀られ、大将2年に至り、多摩川の源頭「水干」に水神社が祀られた。 玉川水神社の草創は、ここに年代を詳らかにすることはできないが、棚沢集落の開村発展と関わり、 清浄高顕の当所に祭祀されたものであろうと考察される。
鎮座地
景勝鳩の巣渓谷の中心地なり。 多摩川の傍にそびえる大巌の上部に玉川水神社は鎮座まします。 周辺は数多の巨岩が畳み、巌上には老樹が繁り、激浪は岩をかみ、 急流はまさに渓谷美の佳景そのものであった。 該地は、石上見捨地30坪として、幕府当局も認める社地である。 眼下には、棚沢十瀧の一である魚留瀧があった。 多摩川本流を溯上する鮎・鱒等は、高さニ間半・巾三間の魚留瀧のため溯上が阻まれてしまった。 多くの魚が跳ね越えんとするところを漁する、跳網漁の挿絵は古書に載り、 「…八、九寸よりニ尺程なる鱒を漁す。望み見て一興あり。」(武蔵名勝図会)と記されている。 村人は、この初漁を玉川水神社に献じ、多摩川の安泰と豊漁を祈願したものであろう。 この魚留瀧は、安政6年(1859)の大洪水で崩潰してしまい、その様子はいま見ることはできない。
鳩の巣小橋
水神様から戻って先へ進んでいきます。 ギャラリー喫茶「ぽっぽ」を過ぎると、吊り橋の「鳩の巣小橋」があります。
鳩の巣の由来
明歴3年(1657)正月19日、江戸に振袖火事と呼ばれる大火があったとき、 幕府の老中松平伊豆守信綱は、江戸の町の復興と江戸城の一部を修理するため、 用材の提供方を時の奉行松波筑後守正春を通じて江戸の大材木商太田某に命じた。 そこで太田某は、直ちに氷川・日原・丹波山等に良材をもとめてこれを伐採し、 多摩川の流水を利用して運搬することとした。 このため多摩川沿岸には、各地に人夫を治める飯場小屋が建てられた。 現在の鳩の巣渓谷にあった魚留滝(今はありません)の上にも飯場小屋が建てられていたが、 たまたまその飯場に祭った水神社の森に二羽の鳩が巣を営んでいて、 朝夕餌を運ぶ有様がまことに睦まじかったので、人々はこれを霊鳥として愛護した。 そのため、この飯場は、鳩の巣飯場と呼ばれて道ゆく人々の目標にされる様になり、 いつしかこれが地名となって今日に至ったのである。 −奥多摩町史より−
 (東京都)
鳩の巣小橋を通って対岸へ渡ります。 橋の上からは、深い渓谷を見下ろすことができます。 橋を渡ると「吉野氷川線周辺案内図」があります。 日向和田駅から奥多摩湖までの奥多摩地区のハイキングコースや、 多摩川沿いの散策コースも図示されているので参考にしましょう。
みんなで川をきれいに美しくしましょう
ゴミは各自持ち帰りましょう。
 (東京都、大多摩観光施設協会)
橋を渡った所にある右手の階段を降っていきます。 休憩舎を過ぎていくと、川面の近くの岩場を歩くようになります。 この辺りから500mほどの間は渓流に沿って歩く本コースのハイライトになります。
警告!
この附近は流れは早く、ボートなどの利用、水遊び、遊泳及び釣りなどにより 河川に入る事は大変危険ですのでおやめ下さい。
 (東京都、青梅警察署、奥多摩町)
深い渓谷に流れる多摩川に沿って岩場の散策路を歩いていきます。 岩の先の方に出ると、渓流を間近に見ることができたりします。
10数分歩いていくと、渓流から離れて左手の山肌を登るようになります。 急な階段を2〜3分ほど登っていくと広場に着きます。 東屋とベンチが幾つも設置されています。 ちょっと休憩していくのにいい場所です。
白丸調整池ダム
杉林を抜けていくと、広場から5分ほどで白丸ダムに着きます。 ダムの直下には白丸発電所があります。 魚が遡上できるように、ダムを迂回するようにして魚道も設置されています。
白丸発電所
白丸発電所は、白丸調整池ダムからの維持放流・観光放流を利用して発電するミニ発電所です。 周囲の景観に配慮し、発電機室はダムの直下に設置されており、外からは見る事ができません。
調整池の左側に続く道を進んでいきます。 湖面がエメラルドグリーンに彩られて綺麗な光景が広がっています。
注意
1.この道は白丸調整池の巡視道路です。落石に充分注意して下さい。
2.この調整池は発電用取水と観光用放流で水面下の流れは速く、また水位の変動が毎日ありますので、湖水面での遊びは非常に危険です。
 (交通局発電事務所)
調整池を右手に見ながらの快適な散策が続きます。 所々で樹木が途切れていて、湖面が見渡せる場所もあります。 ハンモックを吊ってのんびりとしている人も見かけました。 ダムから18分ほど進んでいくと、湖面の近くまで降りていくことができる場所もありました。
通行注意
雨天のときは、土砂くずれに注意して、通行して下さい。
 (東京都交通局発電事務所)
注意
この道路は白丸調整池の巡視道路です。落石に充分注意して下さい。
 (交通局発電事務所)
注意
この調整池は発電用取水と観光用放流で水面下の流れは速く、また水位の変動が毎日ありますので、 湖水面での遊びは非常に危険です。 巡視道路周辺は、東京都交通局の所有地です。 カヌー等放置しないでください。放置してある場合は、撤去いたします。
 (東京都交通局発電事務所)
調整池の畔を更に進んでいきます。 やがて道は登りになり、数馬峡橋の下をくぐり杉林を抜けていくと、 白丸ダムから25分ほどで広い道にポンと出ます。 散策路は右手へ続いていますが、左手に少し戻ると数馬峡橋があるので、ちょっと立ち寄っていきましょう。
数馬峡橋
橋の手前には「白丸〜数馬峡周辺〜遊歩道案内図」がありました。 「小丹波」から続いてきた「大多摩ウォーキング・トレイルBコース」もここで終わりになります。 橋の中ほどからは渓谷の流れが一望できます。 カヤックの練習をしている人もいたりします。
奥多摩駅の手前の氷川キャンプ場からこの数馬峡橋まで、奥多摩カップカヌー競技大会が開かれているようです。 上流部は流れを上手に使ったテクニック、中間からは初夏の白丸湖の景色を横目で見ながら残ったパワー全開で ゴールまで突っ走る競技のようです。 今年は第10回とのことで、6月6日に開催されたようです。
ひとり来て 生きるいのちを 想ひたり 紅葉のくらき 山にむかひて
山鳩の 巣ごもるあたり 白々と 暮れなづみゆく 峰は静かに
奥多摩山峡に折々の時写生に赴きよめる 元宋
先ほどの所まで戻り、うどんのご馳走「鴨足草」の左手から続く数馬峡遊歩道を進んでいきます。 金属製の手摺りが続く渓谷沿いの狭い山道を進んでいきます。 8分ほど行った先にあるトンネルを抜けると、ベンチがひとつ設置された場所があります。 ここからは広い道になります。
小さな数馬第一橋を過ぎていくと、やがて民家が点在するようになります。 舗装道路に変わってしばらく進んでいくと、道が二手に分かれています。 道標「奥多摩駅」に従って、右手の道を降っていきます。
坂道を下った所でまた道が分かれていますが、道標「奥多摩駅」に従って右へ曲がります。 すぐ先で左手に降っていく階段があるので、そこを降りてその先の小さな橋を渡り、 氷川発電所の脇を抜けていきます。
坂道を登っていくと道が分かれています。 道標は左手の道を指していますが、そちらは新しくできた車道に出てしまうので、 ここは右手の道を進んでいきます。 少し進んでいくと東屋がある広場に着きます。 そこに、ヒノキ材でできた「海沢周辺散策まっぷ」と、 発電所が設置している「増水警報器設置場所」の周辺図があるので、 これからのルートを確認しておきましょう。 新たな車道の下をくぐって海沢橋を渡り、左折して青梅街道を進み、 新氷川トンネルの手前から分かれて「もえぎの湯」を経て、奥多摩駅へと向っていきます。
たき火・バーベキューは禁止されています。
 (奥多摩町)
海沢橋(うなざわばし)
車道をくぐっていくと海沢橋があります。 横には新たにできた海沢大橋がありますが、古くからあるこちらの方が何となく風情があります。 そばにはお地蔵様が三体立っていました。 往時の道行く人々を見守っていたのでしょうか。 海沢橋を渡り左折して青梅街道を進んでいきます。 すぐの所に海沢バス停がありますが、バスの便は非常に少ないです。
この川で釣をする場合、会員以外の方は入漁券をお求めください。
入漁期間
自 3月15日正午 至 9月30日日没
 (氷川漁業共同業会)
もえぎの湯
車道脇にできた日向人道橋を進んでいくと、青梅街道に出て7分ほどで新氷川トンネルがあります。 その出入口の手前から左手に分かれていく道へ入っていきます。 「日向の馬頭さま」を過ぎていくと「もえぎの湯」があります。 ハイカー達に人気があるようで、この日も待ち行列ができていて、 係員の方数名で人員整理をしていました。 外には駐車場や待合所も設置されているので、いつも多くの人々が利用するのでしょう。
もえぎの湯
【主な施設】
・男女別浴場/男女別露天風呂・大広間・売店・食堂
【お願い】
・下駄箱のキーと引換えにロッカーキーをお渡しします。
・お一人につき一つの下駄箱を使用してください。
・入館時に料金をお支払いください。
・タオル代は含まれておりませんので必要な方はおもとめください。
・販売機以外の飲食及びお土産品を購入される場合はロッカーキーをご提示ください。お帰りの際フロントで精算します。
・飲食物のお持ち込みはご遠慮ください。
・泥酔者の入館はお断りしております。
・お帰りの際は必ずフロントでロッカーキーをお返しください。
日向の馬頭さま
奥多摩は関東随一の急峻な地勢で、道路問題は古くから住民の大きな負担となっていた。 ここ氷川と白丸は隣合わせの集落でありながら、地形が急峻で江戸時代の中期までは、 その往来は山上の根岩越えが主要道で、元禄時代に数馬の切り通しが開削されるまでひどい難儀を強いられていた。 また、この氷川の七曲りんはオオカミ落しの呼称のある多摩川まで逆落しに落ち込む岩壁があり、 交通の難所で道路開削後も宝暦4年・嘉永2年を含め、度々大がかりの道普請が行われている。 この日向の馬頭観音は文化11年に建立されたものであるが、 刻まれた銘等を見ると、青梅をはじめ交通に関わり合いのある多くの人達により、供養されたものと思われる。 当初は、現国道より十数米上部の旧道に建立されていたものであるが、 現国道が昭和2年〜4年に改修されたときに、現在地より百米程青梅寄りの国道沿いに移築され、 通行する人々の安全を見守っていたところである。 今般、日向人道橋の工事に伴い、この地に移築したものである。
 (奥多摩町)
もえぎの湯を後にして、崖沿いの道を進んでいきます。 青梅街道の脇道なので、自動車はほとんど通っていきません。 数分して短めのトンネルを過ぎていくと、「奥多摩温泉もえぎの湯」と書かれた大きな看板が立っています。 その側には付近の案内図があるので、奥多摩駅までのルートを確認しておきましょう。
奥多摩ビジターセンター
看板の先のT字路を左折して少しいくと五叉路があります。 その角には奥多摩ビジターセンターがあります。 周辺の散策マップをもらえるので、今回とは逆向きコースの場合は、立ち寄ってから歩き出すといいでしょう。
ごあんない
ビジターセンターでは奥多摩の動植物や登山、ハイキング等の自然情報、 自然とのふれ合い方のヒントなどを皆様に御案内しています。
開館時間9:00〜16:30
入場料無料
休館日月曜日(月曜祝日の場合はその翌日)
年末年始(12/29〜1/3)
奥氷川神社
五叉路のすぐ先に奥氷川神社があるので、時間があれば立ち寄ってみましょう。 天然記念物の大きな三本杉があったりします。
奥多摩町指定 有形文化財 奥氷川神社・本殿
この社は、大宮市の氷川神社、所沢市の中氷川神社と共に武蔵三氷川の一社といわれ、 また、氷川の地名はこの社から起こったといわれ、その歴史の古さが伺われます。 現在の本殿は元禄年間(1688〜1704)に建てられたもので、町内では貴重な存在です。 毎年1月第4日曜日にはやぶさめ祭り、8月の第2日曜日には獅子舞が行われます。
 (奥多摩町教育委員会)
都天然記念物 氷川三本スギ
氷川三本スギとして有名な、奥氷川神社境内のこのスギは社殿の左側にあり、甲州裏街道に臨んでいる。 大正13年の実測によると目通り幹囲は7.2メートル、高さは42.42メートルであった。 現在では目通り幹囲7.36メートル、高さは49.3メートルある。 幹は根もとから約3メートルのあたりで三本に分岐し、おのおの直立している姿から、 三本スギの名があり、樹勢は旺盛である。 鎌倉時代に植えられたものであるという伝説をもち、以降神木として保護された都内最大のスギである。
 (東京都教育委員会)
奥多摩(おくたま)駅 (標高343m)
五叉路を右折して100mほど進んでいくと奥多摩駅(JR青梅線)に着きます。 青梅や立川方面へ、1時間に2本程度の便があります。
山火事防止
たばこ すてるな
燃やすまい 水のふるさと 緑の資源
 (JR奥多摩駅、奥多摩消防少年団)