高取山
散策:2004年05月下旬
【低山ハイク】 高取山
概 要 高取山は丹沢大山の前衛にある低い山です。 吾妻山から善波峠・念仏山を経て高取山へと登るコースは、 関東ふれあいの道やその枝道とも重なっていて、道もしっかりとしていて歩きやすくなっています。
起 点 秦野市 鶴巻温泉駅
終 点 伊勢原市 三ノ宮バス停
ルート 鶴巻温泉駅…比々多村分岐…吾妻山…矢倉沢道分岐…極楽寺分岐…弘法山分岐…善波峠…名古木分岐…14番鉄塔…念仏山…聖峰分岐…高取山…栗原分岐…栗原バス停…比々多神社…三ノ宮バス停
所要時間 5時間30分
歩いて... 吾妻山から善波峠にかけては広くてなだらかな道が続いています。 念仏山や高取山の山頂付近には一部急な坂道もありますが、 全体的には快適に歩くことができるコースになっています。
関連メモ 弘法大師と桜のみち, 太田道灌・日向薬師のみち, 聖峰, 高取山, 高取山, 浅間山林道, 念仏山, 弘法山公園,
高取山, 弘法山公園, 念仏山, 浅間山
コース紹介
鶴巻温泉(つるまきおんせん)駅
鶴巻温泉駅(小田急小田原線)から歩いていきます。
北口を出た所に「鶴巻温泉駅 名所・旅館案内図」があるので参考にしましょう。 案内図の左手の階段を降りて横断歩道を渡り、左手へ進んでいきます。 すぐ先にある横断歩道の所を右手に入っていきます。 角には「吾妻山0.9km」の道標が立っています。
落幡村村名保存碑
鶴巻地区は、昔は「落幡村」といい、江戸時代の天保期(1830年代)には、 戸数119戸を数える米の有数な産地でした。 地名の由来にはいくつかの説がありますが、代表的なものは、 隣村の領主善波太郎が空を飛ぶ幡曼荼羅(はたまんだら)を射落とし、 落ちたところが「落幡」になったということです。 昭和2年の小田急開通時には、駅近くの小字名「鶴巻」をとって駅名とされました。 このため鶴巻の知名度が高くなり、昭和30年、秦野市への合併を機に落幡を鶴巻に改めました。 現在、落幡の名称は落幡神社に残されています。
 (秦野市)
双神像の道祖神を過ぎ、「旅館 美ゆき 入口」のゲートを過ぎていきます。 「美ゆき」の玄関先のY字路を左手に進んでいきます。 角には「弘法山分岐点(弘法山ハイキングコース)」の道標が立っています。
(美ゆき旅館は2007年5月に閉館になりました)
正面に見える東名高速道路を目指して進んでいきます。 途中にある右への分岐をやり過ごして真直ぐに進んでいくと、東名高速道路の下に出ます。 道標「吾妻山0.6km」に従って、正面のトンネルをくぐっていきます。
トンネルを抜けると、左手の10mほど先にK字路があります。 角に「吾妻山0.5km」の道標があるので、それに従って右手前の道を登っていきます。
坂道を登って行くと、作業場のような所の脇から山道が始まります。 突き当たりに立つ道標「弘法山」に従って、左手へ曲がっていきます。
山登りの皆様へ注意!!
空カン、ゴミ、木のつえなどは持ち帰って下さい!!
捨てないで!
ごみはもちかえろう。
ごみを捨てると法律により処罰されます。
 (秦野市)
雑木林の中を登っていきます。 傾斜はそれほど急ではなく、快適に登っていけます。
マナーを守って楽しいハイキング!
・ゴミ捨て禁止
・草花を大切に
・火気に注意
 (秦野市商工観光課)
比々多村分岐
4分ほど登っていくと分岐があります。 道の真ん中に「右 比々多村善波ニ至ル、左 弘法山ニ至ル」と記された石の道標が立っています。 そばには「吾妻山0.2km」の道標があります。 また、ここから吾妻山の先までは関東ふれあいの道「弘法大師と桜のみち」の一部にもなっていて、 「吾妻山0.5km」の道標も立っています。 距離がちょっと違うようですが、余り気にせずにおきましょう。 この道を真直ぐに行くと「弘法大師と桜のみち」の終点の坪ノ内バス停へと続いていますが、 今回は左折して吾妻山を目指していきます。
畑地の中を進んでいくと横木の階段が現れますが、それも2分ほどで終わります。 少し緩やかな登り道になると、沿道にはアジサイの木が並んでいました。 しかし、花の季節にはまだ少し早いようで、チラホラ咲きでした。
吾妻山 (標高166m)
雑木林の中の尾根道を進んでいくと、細い山道が左下に分かれていきます。 そのまま正面の尾根道を進んでいくと、比々多村分岐から10分ほどで吾妻山に着きます。 東屋が一つとベンチが幾つか設置された小広い場所になっています。 また、吾妻神社と記された石碑も建っています。
吾妻山
日本武尊は、東国征伐に三浦半島の走水から舟で房総に向う途中、 静かだった海が急に荒れ出し難渋していました。 そこで妻の弟橘比売は、「私が行って海神の御心をお慰めいたしましょう」と言われ、 海に身を投じられました。ふしぎに海は静まり、無事房総に渡ることが出来ました。 征伐後、帰る途中、相模湾・三浦半島が望めるところに立ち、 今はなき弟橘比売を偲ばれ「あずま・はや」と詠まれた場所がこの吾妻山だと伝えられています。
 (環境庁、神奈川県)
とって良いのは写真だけ 残して良いのは思い出だけ
ビン、カンの投げ捨て禁止!! ごみは持ち帰りましょう!!
 (秦野あづまライオンズクラブ)
吾妻山の正面には秦野の街並みが広がっています。
矢倉沢道分岐
吾妻山から緩やかな尾根道を進んでいきます。 小ピークを登り詰めると、吾妻山から6分ほどで、関東ふれあいの道の石標が立つ分岐に着きます。 ふれあいの道はここから矢倉沢道へと右手の道を降っていくのですが、 今回は「弘法山ハイキングコース」の道標に従って、このまま尾根道を進んでいきます。
農作物は耕作者の汗の結晶
あなたの良識で楽しいOL
農作物をいためないようにしましょう
極楽寺分岐
小ピークから緩やかに降っていくと、極楽寺・延命地蔵・鶴巻温泉へと続く「野仏と温泉のみち」が 左手に分かれていきますが、このまま尾根道を進んでいきます。
(左手の道は「弘法山公園」を参照)
雑木林の中に緩やかで広い尾根道が続きます。 善波峠までは小ピークを5・6回越えていきますが、 どれも10m前後の低いもので、息が切れるほどの登りではありません。 次第に深みを増していく新緑に包まれて快適な散策が楽しめます。
極楽寺分岐から8分ほど進んでいくと、送電線の3番鉄塔の脇を過ぎていきます。
小ピークをひとつ越えていくと、左手から広い道が合流してきます。 道標はありませんが、正面の尾根道をこのまま進んでいきます。 8分ほど進んでいくと、右手の樹木の間からホテル群が見えるようになります。
(左手から合流してくる道は、おおね台団地から登ってくる道になります。 「弘法山公園」を参照)
弘法山分岐
笹竹が生い茂る道を過ぎていくと、先ほどの合流地点から8分ほどで道が二手に分かれています。 角には「野菊と信仰のみちコース図」がありました。 左の道は、関東ふれあいの道「弘法大師と桜のみち」の枝線で、 道標によると弘法山までは1kmとのことです。 右の道は、関東ふれあいの道の枝線の「野菊と信仰のみち」で、 ここから念仏山・高取山を経て蓑毛まで続く6.3kmのコースの始まりです。 この案内図では「高取山」ではなくて「鷹取山」と書かれていました。 このような例はよくあることで、漢字が外来文字であることを考えると、 余り気にすることではありません。 「たかとりやま」という読み方が重要なのだと思います。 念仏山・高取山とも「山頂からの展望がすばらしい」と記されています。 それを期待して、右の道を歩いていきましょう。
善波峠
細めの道を2分ほど進んでいくと、切通しになった善波峠に着きます。 吾妻山から35分ほどで到着です。 この峠を通る道は矢倉沢往還と云われていたようです。 石仏が数体、道の脇に並んでいまいした。 頭部がなくなっているものもありました。 この峠を行き来した往時の人々が安全を祈っていったのでしょうか。
矢倉沢往還
近世の交通路は五街道を中心に、本街道の脇にある脇往還が陸上交通の要として整備され、 矢倉沢往還は東海道の脇往還として発達し、江戸から厚木・伊勢原・秦野・関本を抜け、 足柄峠を越え駿州まで延びていまいした。 大山への参詣路として多く利用されていたため、大山街道と呼ぶ所もありました。 また、十日市場(曽屋村)の市立の日の物資運搬にも大きな役割を果たしていました。
左手には「善波御夜燈」の道標が立っています。 山道をU字形にほんの少し登ると着くので、立ち寄っていきましょう。
御夜燈(おんやとう)
この御夜燈は文政10年(1827)に、旅人の峠越えの安全のために道標として建てられました。 点灯のための灯油は、近隣の農家が栽培した菜種から抽出した拠出油でした。 この下に峠の茶屋があり、その主人八五郎さんの手により、明治末期まで点灯し続けられていました。 その後放置されたままになっていましたが、平成6年(1994)地元の 「太郎の郷づくり協議会」の手により復元されました。
 (伊勢原市)
名古木分岐
善波峠から、道標「高取山2.9km」に従って、切り通しの右手に続く広い道を登っていきます。 S字に曲がりながら登っていくとすぐに狭い山道に変わります。 山道を2分ほど登っていくと、名古木(ながぬき)への分岐があります。 ベンチがひとつ設置されていますが、展望は得られません。 呼吸を整えてから、道標「大山・蓑毛」に従って、右手の道を登っていきます。
広くてしっかりとした道を緩やかに登っていきます。 送電線の1番鉄塔の脇を過ぎていくと、10分ほどで僅かな高みに着きます。 そこを越えて降っていくと、ベンチが一つ設置された小広くなった場所に着きます。 左手からは広い道が合流してきますが、何処へ通じる道かを示す道標はありませんでした。 道標「大山・蓑毛」に従って、このまま真直ぐに進んでいきます。
左手の道を後日歩いてみると、広くて歩き易い道が続いていました。 15分ほど降った所からは舗装路になってきます。 高台の畑地に出て更に降っていくと、ここから30分ほどで名古木地区の住宅地へ降りていけました。 (「念仏山」を参照)
14番鉄塔
4分ほど進んでいくと、送電線の14番鉄塔のある場所に着きます。 左手が開けていて、秦野の街並みを見渡すことができます。 見通しの利かない山道をしばらく歩いてきたので、ちょっと足を止めて景色を堪能していきましょう。
念仏山
次第に登りがきつくなってきます。 横木の階段を登り詰めると念仏山の頂上に着きます。 先ほどの鉄塔から5分ほどで到着です。 頂上はそれほど広くはなく、ベンチがふたつ設置されているだけです。 そばの桧の幹に「念仏山」の標識が括り付けてありました。 弘法山分岐の所にあった案内図では「展望がすばらしい」とのことでしたが、 周りの樹木が育ち過ぎていて、残念ながら木々の間から秦野の街を垣間見る程度でした。 善波峠から25分ほど登ってきたので、小休止していきましょう。
念仏山からは、道標「大山・蓑毛」に従って、右へ直角に曲がっていく道を降っていきます。 樹間からは、目指す高取山の山頂にある白い電波塔が見えています。
6分ほど降って鞍部を過ぎると、高取山を目指しての登りが始まります。 桧の根が浮き上がって歩き難い所もあったりします。
聖峰分岐
小さな分岐道も何ヶ所かありますが、道標「大山・蓑毛」に従って尾根道を登っていきます。 30分ほど登っていくと、道標の立つ分岐に着きます。 右は聖峰を経て神戸(ごうど)バス停へ降っていく道ですが、左の道を高取山へと進んでいきます。
(右手の道は「聖峰」,「高取山」を参照)
3分ほど進んでいくと、少し間隔が広くて間延びした感じの横木の階段が現れます。
注意
ハンターのみなさん!
この附近に銃猟禁止区域があります。狩猟に注意しましょう。
 (神奈川県)
高取山 (標高566m)
横木の階段を登り切ると高取山の頂上に着きます。 念仏山から50分ほどで到着です。 高取山の山頂は念仏山よりも少し広い程度で、ベンチがふたつ設置されています。 そばの桧の幹に「高取山」の標識が括り付けてありました。 山頂の真ん中には二等三角点もあります。 この左手すぐの所に、NHKの大山無線中継所の電波塔があります。
自然と見晴
ようこそ高取山へ
 (栗原ふれあい里づくり研究会)
高取山の山頂も樹木が育っていて絶景とはいきませんが、念仏山よりは見渡すことができます。 景色を楽しみながら大休憩していきましょう。 山頂は日差しを遮るものがないので、夏場は暑い思いをします。 周辺の木陰を見つけて休憩することにしましょう。
高取山からは寺山地区へ降る道が左手へと分かれていきますが、 今回はその道は見送って、道標「大山・蓑毛」の指す右手の道を栗原を目指して降っていきます。 そばには「栗原・三ノ宮」と書かれた小さな青い道標もあります。
(寺山地区へ降る道は「高取山」,「浅間山林道」を参照)
栗原分岐
雑木林の中を6分ほど降っていくと、「大山・蓑毛」の道標と向かい合うようにして、 伊勢原市消防署の「山火事注意 通報番号39」の標識が立っています。 誰かが書いたのでしょう、標識に引っかくようにして「栗原→」とあります。 ここを右折して、杉林の中の細い山道を降っていきます。
たき火・たばこに注意
 (秦野市東財産区)
降るにつれて、次第に杉林に雑木が混じるようになります。 10分ほど降っていくと雑木林に変わってきます。 傾斜はそれ程はなくて、歩きやすい道が続きます。
更に5分ほど降っていくと、「神戸バス停1時間」と記された白塗りの道標が立っています。
火気に注意
山火事防止のシンボルです
 (神奈川県)
雑木林の中の緩やかな山道を5分ほど降っていくと、正面の金網の先には大山の雄姿が広がっています。
更に雑木林の中を降っていくと、樹木の間から眼下の街並みが見え隠れするようになってきます。 先ほどの見晴らしのいい金網の所から8分ほど降っていくと、軽自動車が通れるほどの道幅に広がります。 ここからは快適な道になります。
広い道を6分ほど降っていくと右手が開けてきます。 下にはゴルフ場コースが広がっています。 山道もここまでで終わりになり、しばらくはゴルフ場の中の道を降っていきます。
ゴルフコースを右手に見ながら降っていくと、簡易舗装された道に出ます。 「神戸バス停」の道標に従って、左折していきます。
上に金網が張られてトンネルのような中を通っていきます。 高い崖や切通しを過ぎて更に降っていくと分岐があります。 左手はゴルフコースへの道で、道標「神戸バス停40分」に従って、右側の道を降っていきます。
立入禁止
コースないは大変危険です。 プレーヤー以外の立入りは絶対に禁止いたします。
 (支配人)
立入禁止
自然環境保全造林花木の保護育成と植樹果実の東南盗伐防止、 並に来場者の打球に依る危険防止のため、関係者以外の場内及び隣接地区への立入りを禁じます。
 (伊勢原カントリークラブ、伊勢原警察署)
簡易舗装された道を6分ほど降っていくと分岐があり、 「神戸バス停30分」と記された道標が立っています。 どちらを指しているのか今ひとつはっきりとはしませんが、ここは右手の道を降っていきます。
右手に畑を見ながら緩やかに降っていきます。 広い草地には白い蝶やトンボがたくさん飛び交っていました。 この季節にトンボに出会えて、ちょっと感動的でした。 長閑な山村風景が続く中を降っていくと、正面に民家が見えてきます。 舗装道路を左折して、村の中を降っていきます。
浅い谷戸には水田が広がっていました。 この田んぼはちょうど田植えが終わったばかりのところでしたが、 隣の田んぼではまだ田植え作業の最中でした。
ほたるを育てよう
蛍の里
 (栗原ふれあい里づくり研究会)
栗原バス停
しばらく進んでいくとT字路があります。 高畑山から聖峰を経て降ってきた道が右手から合流してきます。 T字路を左折した先にあるもうひとつのT字路を直進していくと、栗原バス停があります。 伊勢原駅(小田急小田原線)までの便がありますが、本数は少ししかありません。 時間が合えば、比々多神社には立ち寄らず、ここからバスに乗って帰ってもいいかも知れません。
 土日曜 ...13:00 14:00 17:00 18:00 19:00
栗原バス停を後にして更に進んでいきます。 T字路を左折していくと恵泉女学園があります。 学園祭だったのでしょうか、この日は多くの人で賑わっていました。 三之宮自治会館を過ぎていくと、左手に比々多神社があります。 関東ふれあいの道「太田道灌・日向薬師のみち」が、この右手から神社を経て左手へと続いています。
比々多神社
比々多神社は相模国の三之宮とされている由緒ある神社です。 相模にある6つの神社が集う国府祭(こうのまち)では「暴れん坊」として参加する神社になっています。 無事に下山できたことを報告していきましょう。
相模国三之宮 比々多神社
鎮座地神奈川県伊勢原市三之宮1468番地
御祭神豊国主尊、天明玉命、雅目霊命、日本武命、大酒解神、小酒解神
由緒 神武天皇6年、国土創建民族興隆を祈念し日本国霊として当社を創建したと伝えられる。 崇神天皇の御代、神地神戸を奉られ、大化元年(645) 社殿修復の際、木彫の狛犬一対(市重要文化財)を奉納、また、此年に酒解神を合祀、 うずら瓶(県重要文化財)を納められた。 天平15年(743)大宮司に竹内宿弥の後孫紀朝臣益麿を迎えて 初代宮司に任命、勅して荘園を賜う。真田と称す。天長9年(832)6月 国司橘朝臣峯嗣を勅使として相模国の総社として冠大明神の神号を奉られた。 鎌倉時代にはいり、将軍源頼朝が文治元年(1185)に国土安泰の御願書を奉う。 建久3年(1192)には妻政子の安産を祈り神馬を奉納された。 南北朝・室町時代に戦さに巻込まれ、神領の大半を失い衰退したが、 徳川時代、当社が相模国の名社であることを知った家康公より 社領を新たに寄進され、以下、14代将軍まで続いた。 よって社運も持直し、明治時代には、社格は郷社とし、社格制度廃止後、指定神社となる。
御神徳 主祭神豊国主尊は国土創造の神様で、大地を整えることは元より、 地上に生存する万物の芽組みと育成、又は、あらゆる機物を考え出し組み立てる大元を司りになられます。 これは、私達が生活する中で、子供の成長、縁組、そして家庭内の平和、また 諸産業の発展へと御神威をお持ちになり発揚せられます。 御参拝の皆様方も大神様の御加護を戴き、よりよき生活が営まれ、 御多幸あられますことを御祈念申し上げます。
一、神社の木・草花をとらない。
一、神社の鳥・虫類をとらない。
一、境内でボール投げをしないこと。
一、境内で自転車乗りをしないこと。
一、境内で昼寝・飯食をしないこと。
 (比々多神社社務所)
正面の鳥居をくぐって境内から出ます。 前にある道を真直ぐに進んでいくとT字路があります。 右手に行くと、800mほどで神戸(ごうど)バス停です。 伊勢原駅(小田急小田原線)まで1時間に1本程度、 鶴巻温泉駅(小田急小田原線)まで1時間に1本程度の便があります。 今回はここを左折し、更にその先のT字路を右折していきます。 鈴川に架かる中谷戸橋を渡っていくと県道612号に出ます。 県道に出て左手すぐの所に三ノ宮バス停があります。
三ノ宮(さんのみや)バス停
伊勢原駅(小田急小田原線)まで12分、バスの便は多くありません。
手前のバス停からは、[伊14]伊勢原駅北口行きバスが出ています。
 土曜 ...14:04 16:04
 日曜 ...12:04 14:04 15:44 16:44
向かい側のバス停からは、[伊16]伊勢原駅行きバスが出ています。
 土日曜 ...13:06 14:06 17:06 18:06 19:06