寺家ふるさとの森
散策:2004年05月上旬
【横浜市民の森】 寺家ふるさとの森
概 要 寺家ふるさとの森は横浜市の北側の青葉区にあって町田市と隣接しています。 寺家ふるさと村の中にあるこんもりとした森で、ふるさと村と一体になっています。 ふるさと村には田んぼや畑が広がっていて、昔懐かしい里山の原風景に出会うことができます。
起 点 横浜市 四季の家バス停
終 点 横浜市 鴨志田団地バス停
ルート 四季の家バス停…四季の家…熊野神社…熊野谷戸…千草苑…熊野池…尾根道…大池…山田谷戸…むじな池…梅林…尾根道…熊の橋…山田谷戸…鴨志田団地バス停
所要時間 2時間50分
歩いて... 明るい雑木林に、広くて緩やかな尾根道が続いています。 小さい森ですが溜め池も幾つかあり、隣接しているふるさと村の散策も併せて楽しむことができます。
関連メモ 寺家ふるさと村
コース紹介
四季の家(しきのいえ)バス停
青葉台駅(東急田園都市線)から、[青30]寺家町循環バスにて10分、 1時間に1本から2本程度の便があります。
寺家町循環バスに乗れなかった場合は、一つ手前の鴨志田団地バス停まで、 [青31]鴨志田団地行きバスで来ましょう。 1時間に4本から6本程度の便があって、青葉台駅の同じバス乗り場から出ています。 いずれにしても大して離れてはいないので、来たバスに乗っていきましょう。
バスを降りると左右には田んぼが広がっています。 バス停の左手の奥にあるこんもりとした山が寺家ふるさとの森です。 「ふるさとの森」という名前は、「寺家ふるさと村」の区域内にあることから名付けられたようです。
バス道路をほんの少し引返すと五叉路があります。 ふるさとの森へは右手にいくのですが、 左手に150mほど行った所に四季の家があるので、ちょっと立ち寄っていきましょう。
四季の家
四季の家は寺家ふるさと村の総合案内所にもなっていて、 寺家町の小動物,草花,昆虫などの自然や、庶民の生活道具などが展示されています。 また「寺家町の農業について」の展示もありました。 四季の家で散策マップをもらって、ふるさとの森の散策へ向いましょう。
ご案内
「四季の家」開館時間:午前9時30分〜午後5時
「レストラン四季」営業時間:午前11時〜午後7時30分
毎週火曜日は休館
寺家(じけ)の地名の由来
寺家という地名からは、寺院との関係が連想されます。 この地名は日本の各地にあり、吉田東伍著「大日本地名辞書」には都筑郡の寺家は 採録されていませんが、伊勢、播磨、讃岐、安芸、能登、越中、伊豆など八ヶ所(七ヶ所はジケ、一ヶ所はジゲ) を載せており、地名の由来については「かつて寺院の所領となっていた地域」、「寺院が存在していた地域」の 二つを記しています。 また、「邦訳日葡辞典」によると「寺家」とは、「坊主の寺院であって、 同じ境内にその寺院を取り巻いて僧堂あるいは僧坊のあるもの」とあります。 これからすると都筑の寺家も「寺領」、あるいは「寺院」の存在という二つの可能性のどちらかであろうと思われます。 まつて寺家には大正11年に王禅寺に合併するまで、王禅寺の末寺である臨水山桂月院東円寺という寺院がありました。 「新編武蔵風土記稿」によると、この寺院の創建年代は不明ですが、 天正年間(1573〜1592)に中興されたとあるので、当然創建時代はそれ以前と考えられます。 しかし、この寺院が寺家の地名と関連があるものかはわかっておらず、 「本来の意味は別で、単に音を当てただけ」という可能性も全くないわけではありません。
先ほどの五叉路まで戻り、ふるさとの森へと進んでいきます。 五叉路にある「ふるさと村案内板」に地図が載っているので参考にしましょう。
真直ぐに進んでいくと道が分かれています。 そこに「寺家ふるさとの森」と記された立派な標識が立っています。 そばには「ふるさとの森案内」の地図があるので参考にしましょう。
ふるさとの森案内
ふるさとの森は、民有地を整備しているものです。この美しい緑の環境も 寺家町の人々が昔からずっと農業を営む生活の場として守り育ててきたものです。
田んぼや畑に入ったりして迷惑をかけないよう、また草花を掘り取ったり、 動物たちをいじめたりしないよう、みんなで注意しましょう。
ふるさとの森にはゴミ箱はありません。ゴミや犬のフンは必ず持ち帰りましょう。
みんなの川をきれいにして生物を育てよう
 (寺家ふるさと村振興組合、横浜市青葉土木事務所)
熊野神社
ふるさとの森の標識の左手の坂道を登ると熊野神社があります。 師岡(港北区)の熊野神社を分社して建てられたと伝えられており、 古くから地元で親しまれています。 半年ほど前に訪れた時には改修工事が粗方終わった頃のようで、 まだ解説板などはありませんでしたが、 今回は整備も終わっていて、真新しい記念碑が建っていました。
熊野神社建設記念碑
祭神 伊弉諾命、伊弉冉命、大日霊貴命
鎮座地 横浜市青葉区寺家町880番地
氏子数 59戸
由来記  熊野神社の創建は記録には不明であるが、武蔵風土記には九尺二間の社(熊野社)が 寺家村熊野谷にあると記録されている。 当地では昔から熊野様と言われ、口伝により何時の時代か火災によりここに移転されたと伝えられている。 この度罹災した社は、慶応3年に当地大工野路文之丞により建立されたと棟札により判明する。 その後大将4年に当地大工萩原七之助により拝殿・浜縁を増築し、社殿が完成。 昭和45年に屋根を茅葺きより銅版葺きに改築する。 今回の再建には旧社殿の復元をする趣旨で建設をする。
建設記  平成13年4月13日、突然の不審火により全焼する。 氏子集い同年5月に熊野神社建設委員会を結成し、 同年8月に静岡県富士宮市の協和産業株式会社を施行業者とし、 寄付金を氏子より協賛を得て、同年10月に発注する。 平成14年2月地鎮祭、同年6月に上棟式、同年9月に完成する。 同年10月13日に入魂式、14日に遷宮祭を施行し、再建が完了する。
 (平成16年4月吉日 熊野神社宮司)
熊野神社御案内
地鎮祭、上棟祭、竣工祭、交通安全祈願祭、七五三祝祭、初宮詣、 厄除祈願祭、長寿祈願、方位除祈願、冠婚葬祭
 (宮司)
神社の境内には、かながわの名木100選にもなっている大きなモミの木があります。
かながわの名木100選 寺家の熊野神社のモミ
神社の森に小高く垂直に伸びて、その姿は実に美しく、 樹勢も旺盛で、平坦部ではたいへん貴重である。 横浜市の名木古木に指定されている。
  樹高 25メートル  胸高周囲 2.5メートル  樹齢 約150年(推定)
モミは、秋田県から屋久島の照葉林帯に分布する常緑の針葉高木で、 幹は直立し、太い枝を水平に張り出し、美しい円錐形となる。 樹高45メートル、胸高周囲5.4メートル、樹齢約500年に達するものもあると言われている。
 (神奈川県)
神社の右手からは尾根筋を通っていく散策路があり「ふるさとの森入口」となっていますが、 この時は通行止めになっていました。 理由は特には書いてありませんでしたが、何となく残念な気持ちにはなります。
この先行き止まり
通り抜け出来ません。
 (横浜市)
神社の正面の石段を降って谷戸に降りて右手へ進んでいくと小さな祠があります。 両側には狐が立っているところを見ると、お稲荷さんなのでしょうか。 謂れなどの解説板は見当たりませんでした。
熊野谷戸
神社の前の熊野谷戸には水田が広がっています。 田植えの時期はまだ先のようで、田起しなどの作業は行われてはいませんでした。
千草苑
民家の前には千草苑がありました。 山野草、蘭、茶花、ハーブ、各種苗木などを扱っている処のようです。 この時も、多くの鉢植えが陳列されていました。
犬を連れての入場はお断りします
T字路のそばには撤去された自動販売機の跡がありましたが、 往時の注意書きだけはまだ残されていました。
一、よごすまい この道路
一、緑を大切にしよう
一、田んぼの中に入らないこと
一、空カンや空ビンを投げすてないこと
一、弁当ガラ等ゴミは持ち帰ること
一、この自動販売機には防犯設備が設置されております
 (地権者)
熊野池
T字路を直進していくと熊野池があります。 この池は釣り堀になっていて、この日も多くの釣り客で賑わっていました。 釣りは殆どしないのでよく分からないのですが、開門は朝6時半頃とのことです。 すごく早いのですね。朝早い方がよく釣れるのでしょうか。
釣り堀「熊野池」について
寺家ふるさと村区域には、農業用水用のため池が、この熊野池の他に、 むじな池、大池、新池、居谷戸池があります。 お米づくりには多量の水を必要とするため、田圃のつづく各谷戸の奥に、 昔の寺家村農民が努力して築いた人工の池で、現在の大切に管理、利用されています。 池での遊びは楽しいものですが、危険も伴い、大池では学童が水死するという不幸な事故もありました。 釣り堀として公開したこの熊野池の他は、すべて立入を禁止しています。 利用マナーを守り、多くの人に愛されるふるさと村となるよう、ご協力をお願い致します。
 (寺家ふるさと村体験農業振興組合)
熊の池はへら鮒釣り専門の池です
へら鮒は魚の習性を利用して一定の場所に魚を寄せておき、水深や餌の硬さや粘り具合などを 魚に合わせ調整しながら釣っていきます。 一般の鯉釣りとは釣り方が異なりますので、初心者、釣り方がわからない方は事務所までお問い合わせ下さい。 尚、水深が2.5メートルと深いため、10歳未満の子供は事故防止のため入場できませんので 予めご了承ください。 へら鮒釣りのルールを守り楽しく釣りましょう。
 (寺家ふるさと村 熊の池)
熊野池のそばの駐車場にある水飲み場の右手から森の中へと入っていきます。 緩やかな斜面に新緑の雑木林が広がっていました。 横木の階段を登り始めた所にふるさとの森の案内板があります。 地図も載っているので、これからの散策ルートを確認しておきましょう。
寺家ふるさとの森
所在地横浜市青葉区寺家町834外
面 積11.7ha
標 高 約30〜65m
寺家ふるさとの森は、土地所有者の方のご協力により、 豊かな自然を保全し、市民の皆様に憩いの場を提供しているものです。 利用にあたっては、下記のことに注意してご利用ください。
・散策路、休憩所以外のところには入らないでください。
・草花や生物を捕ったりしないでください。
・ゴミは持ち帰りましょう。
・犬のフンは飼い主が片づけ、持ち帰ってください。
 (横浜市緑政局北部農政事務所、緑政局緑政課)
尾根道
緩やかな横木の階段を登っていくと尾根筋に着きます。 右手は熊の橋へと向かう道ですが、 先ずは左手のふるさとの森の奥の方へと進んでいきます。
植物採集はやめましょう
広くて緩やかな尾根道を進んでいくと、 少し小高くなった所で道が二手に分かれています。 ちょっとした広場になっていてベンチも幾つか設置されています。 右手は梅林やむじな池への道ですが、大池を目指して左手の道を進んでいきます。 半年ほど前に訪れた時には大池の改修工事中で、この左手の尾根道は通行止めになっていましたが、 その工事も終わったようで、この時には通れるようになっていました。
広くて緩やかな尾根道が続いています。 やがて正面に横木の階段が見えてきます。
ゴミはすべて持ち帰りましょう
あずまや
短い横木の階段を登っていくとあずまやがあります。 明るい雑木林の中の小ピークに建っていて、 森林浴を楽しみながらちょっと休憩していくのにはいい場所です。
送電線の鉄塔のそばを通っていくと、次第に笹竹が目だつようになり道幅も少し狭まってきます。 やがて分岐があります。 正面の尾根道は行き止まりのようで、道標「大池」に従って、右手の道を降っていきます。
杉林の中の横木の階段を降っていくと谷筋に着きます。 谷にも杉が生えていて日差しが遮られて少し暗く、ヒンヤリとした感じがします。
やがて右手に緑色の金網が続くようになります。 金網の向こう側には大池があります。
立入禁止
フェンス内への一般の立ち入りは禁止しています。 侵入しているのを発見した場合は青葉警察署に通報します。
 (横浜市北部農政事務所)
柵の中には入らないでください。
池にごみを捨てないでください。
 (横浜市北部農政事務所、寺家ふるさとの森愛護会)
散策道以外へは危険ですので立ち入らないでください
※危険な生物(マムシ・スズメバチなど)に襲われる可能性が高くなります。
*この付近では特にマムシなどにご注意ください。草むらに入るのは危険です。
 (横浜市北部農政事務所)
大池
半年ほど前に訪れた時には改修工事が行われていて立ち入り禁止になっていましたが、 この時には工事も終わっていて綺麗になっていました。 寺家町には田んぼの用水確保のため、大池・新池・むじな池・居谷戸池・熊の池の5つのため池がありますが、 この大池はその中でも一番大きなため池で、旱魃の時でも水瓶として最後まで取っておかれました。 寺家の人々はこの大池の水のことを「命水」と呼んで、最も大切にしていたのだそうです。
犬はつないで散歩させてください
犬の糞は持ち返りをお願いします
横浜市動物の愛護及び管理に関する条例第七条で、動物の飼い主が遵守しなければならいことが定められています。
 (横浜市緑政局)
マナーを守ってきれいなまちを
犬のフンは飼い主があとしまつをしましょう。
 (横浜市北部農政事務所)
工事で落水したため、池の中に魚はいません!
危険ですので池の中に入らないでください!
 (神奈川県横浜川崎地区農政事務所農政部農政課)
山田谷戸
大池の前には山田谷戸が広がっています。 奥が深く静かで美しく、自然と人との程よい関わりの空間になっています。 ふるさと村の中でも一番広い谷戸で、秋には稲穂が黄金色に輝きます。
農道を少し降っていくと左手にも谷戸が広がっていました。 どこまで続いているのだろうと歩いてみましたが、かなり奥まで続いていました。 田んぼで農作業をしている方や、用水路で魚などをとっている親子連れを見かけたりしました。 畦道には春の草花も咲いていて、昔懐かしい長閑な光景に出会えました。
元の山田谷戸の農道に戻って進んでいくと、左手に別れていく道があります。 どんな感じなのか少し歩いてみると、ここにも田んぼが奥の方まで続いていました。 道は谷戸の奥から切通しを越えて町田市へと続いています。
むじな池
山田谷戸の農道を更に進んでいくと、右手に分かれていく道があります。 その道を進んでいくとむじな池があります。 ここにもふるさとの森の案内板があるので参考にしましょう。
柵の中には入らないでください。
池にごみを捨てないでください。
 (横浜市北部農政事務所、寺家ふるさとの森愛護会)
この池で魚を釣らないで下さい。
 (寺家ふるさと村体験農業振興組合)
あずまや
むじな池の周りを一巡りする散策路もあります。 一番奥にはあずまやがあって、池をぐるっと見渡すことができます。
梅林
むじな池から谷戸に戻って用水路を少し進んでいくと左手に梅林があります。 花の時期ではないので葉桜ならぬ「葉梅」状態でしたが、 日差しを浴びて若葉がとても綺麗に輝いていました。
梅園を大切に。
とるのは写真だけ。
あなたの手で緑を守りましょう。
梅林の入口の左手にある横木の階段を登っていくと、 むじな池の右手から登ってきた道と合流して尾根筋へと続いていますが、 今回は梅林を抜けて、その奥から横木の階段を登っていきました。
尾根道
階段を登りきると尾根筋に出ます。 道標はありませんが左折して、広くて緩やかな尾根道を進んでいきます。
少し進んでいくと小ピークがあります。 梅林の左手から登ってきた道が合流してきます。 右手に続く広い尾根道を更に進んでいきます。 すぐの所で大池へ降っていく道が右下へと分かれていきますが、 改修工事の余波のためか、まだ通行止めのままになっていました。
この先通行止め
大池の改修工事のため、工事期間中はこの先通行止めになりますので、ご協力お願いします。
工事名 平成15年度農業用施設防災対策事業 寺家地区防災工事
通行止め・止水期間 平成15年10月27日〜平成16年3月31日
問い合わせ先 横浜川崎地区農政事務所農政部農政課
広くて緩やかな尾根道を進んでいくと小ピークがあります。 大池へと続く最初の尾根道が右手に分かれていきますが、元来た左手の尾根道を進んでいきます。
あずまや
熊野池から登ってきた分岐を過ぎていくと、右手の高みにあずまやがあります。 その右手は行き止まりになっていますが少し道が伸びていて、テーブルやベンチが幾つも設置されていました。 あずまやが混雑しているときには利用しましょう。
ゴミの持帰りにご協力を!
みんなで森をきれいにしましょう。
ふるさとの緑を大切に。
熊の橋
あずまやを後にして進んでいくと、すぐに熊の橋があります。 下にはむじな池から熊野谷戸へと抜けていく道が通っています。 橋の手前からその道へ降りていくこともできます。
熊の橋を渡っていくと小高くなった場所があります。 ここで道が左右に分かれています。 右は熊野神社への尾根道ですが、残念ながらこの時は通行止めになっていました。 道標に取り付けてある説明によると、平成14年3月をもって廃止になったようです。 少し歩いて見ましたが、ロープで通行止めされていて、それ以上は進めませんでした。 何故なのでしょうか、理由を書いておいて頂けると納得できるのですが、 何となく釈然としないものを感じます。 その手前にはテーブルやベンチが幾つも設置されていて、休憩するには良さそうな所でした。
この先行き止まり
熊野神社への通り抜けは出来ません
  (横浜市)
ここからは左手の道を進んできます。 すぐに右下に降っていく道が分かれています。 正面の道は行き止まりのようです。 ここに道標があるのですが、壊れていて内容は分かりませんでした。 たぶん「正面は行き止まり・右は谷戸へ」というような内容なのだと思います。
横木の階段を降って、杉が生い茂る谷筋へと降りていきます。 杉林を少し進んでいくと山田谷戸に出ます。 日影でキャンバスを広げて絵を描いている人を何人か見かけました。 カメラで簡単に写すよりも時間はかかりますが、風情もあり気持ちも入っていいように思います。 私も子供の頃には絵を描くのが好きでしたが、最近ではトンとご無沙汰です。 現役を退いて時間ができたら、また絵でも描いてみようかと思うのでした。
森の中では火を使ってはいけません。
山田谷戸
右折して、谷戸に続く道を元来たバス停へと戻っていきます。 田んぼが広がる長閑な風景が続きます。 谷戸にある小川では家族連れが川遊びを楽しんでいました。
お願い
この小川の生物を捕らないで下さい。
貝のカワニナはホタルのエサになります。
生物を大切に育てて、夏には皆さんでホタルを観賞しましょう。
 (寺家ふるさ村振興組合、横浜市青葉土木事務所)
四季の家バス停
五叉路を右折したすぐの所に四季の家バス停があります。 青葉台駅(東急田園都市線)まで、青葉台駅行きバスにて10分、 1時間に1本から2本程度の便があります。 すぐ先の鴨志田団地バス停まで行くとバスの便がもっと増えるので、 時間が合わない場合は、そこまで歩いていきましょう。
鴨志田団地(かもしだだんち)バス停
青葉台駅(東急田園都市線)まで、青葉台駅行きバスにて9分、 1時間に5本から8本程度の便があります。