瀬谷市民の森
散策:2004年04月下旬
【横浜市民の森】 瀬谷市民の森
概 要 瀬谷区の東部に広がる森です。車道を挟んで、追分市民の森や矢指市民の森もすぐそこにあります。 ほとんど起伏のない緩やかな丘陵には、明るい雑木林が広がっています。 神奈川県で最初にできたディスクゴルフコースもあり、 休日には多くの人々が軽スポーツや散策を楽しんでいます。
起 点 横浜市 西部病院前バス停
終 点 横浜市 西部病院前バス停
ルート 西部病院前バス停…なかみち…あずまの休憩所…清水ヶ丘広場…和泉川源流…みずきのみち…なかみち…なかみち広場…みずきの広場…高見の広場…のさかいみち…せせらぎ緑道…西部病院前バス停
所要時間 2時間40分
歩いて... 車道や学校などにより森が分断された形になっています。 それらが出来る前には、追分市民の森や矢指市民の森を含めたこの一帯はひとつの森だったのでしょう。 芽吹き始めた新緑が綺麗な森で、森林浴をしながらの散策が楽しめます。
関連メモ 今のところ、関連メモはありません。
コース紹介
西部病院前(せいぶびょういんまえ)バス停
三ツ境駅(相模鉄道)北口のバスターミナルから、 [116]若葉台中央行きバスにて3分、1時間に6本から9本程度の便があります。
徒歩にて…
三ツ境駅から西部病院前バス停までは1km強なので、歩いてもそれほど時間はかかりません。 車道に沿って立派な桜並木が続いているので、春には是非とも歩いて行きましょう。 三ツ境駅北口の階段を降りた所に「旭区グリーンロード」の地図があるので参考にしましょう。 今回訪れる瀬谷市民の森も載っています。
ぐるぐる歩こう 旭区グリーンロード
旭区グリーンロード構想とは
多くの公園や見どころに恵まれた旭区内を、緑の遊歩道で結んでいこうという構想です。
野境道路ルートについて
旭区グリーンロードのルートの一つで、三ツ境駅から瀬谷・追分・矢指市民の森を結ぶ桜の並木道です。 三ツ境駅から二俣川駅を結ぶ、全長約4.7キロメートルの「追分・矢指市民の森コース」の中のルートです。
追分市民の森 帷子川の源流域のある自然豊かな森林です。 谷戸の田園風景と樹林が一体となり、四季折々の自然を感じることができます。 花畑は菜の花、ひまわりなど年間を通じ楽しめます。
矢指市民の森 中原街道に面し、追分市民の森の隣にあるこの森は、懐かしいふるさとの景色を感じさせてくれます。 「太陽の広場」を中心に広がる森と小川のせせらぎが楽しめ、春には雑木林の下でドングリの芽吹きにも 出会えます。
瀬谷市民の森 雑木林がたっぷりと枝をのばし、道はたいらでどこまでも歩いていきたくなります。 アスレチック広場やディスクゴルフ場もあり、子どもも大人も楽しめます。
市民の森
プロムナード
三ツ境駅から市民の森をつなぐ桜並木のプロムナード。 四季を通じて美しい景観が楽しめます。
見晴らし
ポケットパーク
旧中原街道沿いの高台にある、横浜駅方面の眺望がすばらしい休憩所です。 こぢんまりした中に、ベンチ、案内板、花壇などが整備されています。
バスを降りてバス道路を真直ぐに60mほど進んでいくと、瀬谷高校入口の信号があります。 その角には「瀬谷市民の森540m」と記された道標があります。 右手には追分市民の森の「マリナンナ口」が見えていますが、 瀬谷市民の森へはここを左折して車道を進んでいきます。
芽吹き始めた雑木林が両側に続く車道を2分ほど進んでいくと、道が二手に分かれています。 歩道を渡った所にある道標「瀬谷市民の森340m」に従って、右側の道を進んでいきます。
市民の森利用者へ
山林(緑)の保全のため、火の使用は禁止されております。
 (横浜市)
なかみち
すぐの所にある「高見の広場」への小径を見送り、 左手に瀬谷高校を見ながら直進していくと、横断歩道の先で道が左手に分かれていきます。 ここに市民の森の案内板があるので、これからの散策順序を考えましょう。 案内図によると、先ほどのバス道路からこちら側が瀬谷市民の森の範囲のようです。 市民の森の中に高校と幼稚園や車道(なかみち)が走っていて、森が分断された感じになっています。
瀬谷市民の森
市民の森は、市内の森を守り育てるとともに、山林所有者の方々のご好意により、 みなさまのいこいの場として、使用させていただいているものです。 広場や散策道の清掃や草刈りなどの管理は、地元の方々でつくった「愛護会」で行なっておりますが、 愛護会の管理には限度があります。 みなさまひとりひとりがやさしい気持ちで利用して、きれいな森にしましょう。
面積18.8ha
管理団体瀬谷市民の森愛護会
 (南西部農政事務所、緑政局緑政課)
車道から分かれて、杉や雑木が混じる林が右手に続く道を進んでいきます。 左手には瀬谷高校の校舎やグランドがあります。
グランドに沿って続く道を左に分けていくと森の端に着きます。 ここにも市民の森の案内板がありますが、心ない者によってスプレーで落書きされていました。
瀬谷市民の森ご利用の皆様へ
基本的ルールを守って楽しくご利用ください。
森には、くずかごはおいていません。ゴミくず,空きカン,犬のフン等は必ず家へもち帰ってください。
喫煙を含め、火の使用はできません。
犬を放しての散歩は禁止します。
森の中の草花,樹木を傷つけたり、採ったりしないでください。
車、バイク、自転車の乗り入れはできません。
エアガン、ガスガンでの遊戯は禁止します。
森の周辺の田畑には、農家の方がたんせいこめて作った作物がありあす。田畑に入ったり、作物を取ったりしないでください。
その他園内を汚したり、他人の迷惑になる行為はしないでください。
 (瀬谷市民の森愛護会、横浜市)
あずまの休憩所
右手の雑木林の中には「あずまの休憩所」があります。 ベンチがふたつ設置された静かな場所です。
植物を採らないで下さい!
 (瀬谷市民の森愛護会、横浜市)
たばこをすてないで!
 (三ツ境少年消防クラブ)
道標「清水ヶ丘広場」に従い、右手の道を進んでいきます。 森と民家の間の道を進んでいくと、散策路は森へと入っていきます。 右手には雑木林が広がっています。 新緑の頃とあって、森には芽吹き始めた若葉が満ち溢れてとても綺麗でした。
杉林の中の道を進んでいくと、柱の上に木製の鳥が一羽とまっていました。 後ろには巣箱もありました。 この鳥用という訳ではないのでしょうが、丁度いい具合の場所にあるものです。
清水ヶ丘広場
森の出口の右手に清水ヶ丘広場があります。 雑木林の中にテーブルやベンチが幾つも設置されています。 ここにも市民の森の案内板があるので、コースを再確認しておきましょう。 近くの林の中にはディスクゴルフコースも設置され、 休日とあって多くの人々が軽スポーツを楽しんでいました。
瀬谷市民の森ディスクゴルフコース
  日本フライングディスク協会推薦コース
  神奈川県フライングディスク協会認定第1号コース
このコースは神奈川県内ではじめてできたディスクゴルフコースです。 市民の森利用者や近隣の方の迷惑にならないよう、次の注意事項を守り、 楽しく安全にプレーをしましょう。
1.コースの利用時間 午前8時〜午後6時
2.市民の森は禁酒・禁煙です。
3.コース内の地形の変形、廃棄物などの投棄、樹木の伐採は禁止です。
4.団体でコースを利用する場合は、日時などを利用予定周知欄に掲示すると共に、コースを独占することなく、一般の利用者にも十分配慮をお願いします。また、下記連絡先まで事前に連絡をしてください。
5.プレー以外で市民の森を利用している方もいます。歩道などコース以外でのスローは危険ですのでおやめください。
6.その他、マナーに反する場合は、プレーヤーの利用禁止、またはコースを撤去する場合があります。
7.使用ディスクの制限があります。(150g以下をご利用ください)
 (瀬谷区さわやかスポーツ普及協会)
ディスクゴルフ競技方法
コース上のゴールに、より少ない投数で、ディスクを投げ入れることを競います。
1番ホールは、ジャンケンで順番を決め、それぞれティーショットを行います。
2投目以降は、ディスクが落ちて止まった場所が、ゴールに遠い人から投げます。
2番ホール以降のティーショットは、前ホールにおいて少ない投数でゴールインした人から行います。
ディスクがOB区域(白杭内)に入った場合は、ゴールに近寄らないフェアウェイから投げます。ペナルティとして1投プラスします。
注意事項
前方に人がいないことを確認してからスローしてください。
植物などを折ったり、抜いたりしないでください。
市民の森は禁酒・禁煙です。
ゴールや看板などにいたずらはしないでください。
プレー以外で利用している方もいます。コース外からのスローは危険ですのでおやめください。
 (神奈川県フライングディスク協会、瀬谷区フライングディスク協会)
市民の森の真ん中の車道(なかみち)を左手に少し行くと、右手に降っていく道があります。 左手に小さなグランドを見ながらこの道を降っていきます。
小さなせせらぎを渡っていくと畑地が広がっています。 道は右手へ曲がっていきますが、その曲がり角の所から森の中へ入っていきます。
杉林を過ぎていくと明るい雑木林になります。 新緑の頃とあって若葉が芽吹いていました。
雑木林を抜けていくと広めの道に出ます。 正面の金網で囲まれた場所は米軍の管理区域とのことです。 ここから道標「上川井町方面」に従って右手へ進んでいきます。
WARNING/警告
U.S. Naval Property/米国海軍管理区域
Authorized personnel only/立入は許可された者に限る
U.S. Naval Support Facility Kamiseya/在日米海軍上瀬谷支援施設
雑木に囲まれた広い道が続きます。 緑のトンネルの中を快適に進んでいきます。 この市民の森はほとんど起伏がなく、なだらかな道が続いていて、 大変歩きやすくなっています。
少し進んでいくと、左手には農地が広がっています。 この先にも道は続いていますが、右手の森の中へと入っていきます。 すぐに道が二俣に分かれています。 右手の道を行くと「なかみち」から降ってきた所の畑地へ出ますが、 道標「和泉川源流・みずきの広場」に従い、左手の道を進んでいきます。
市民の森の中の落葉は持っていってはいけません。
 (市民の森愛護会)
和泉川源流
林の中をしばらく進んでいくと小さなせせらぎがあります。 和泉川の源流とのことです。
和泉川とは…
和泉川はこの辺りを源流域とし、瀬谷区,泉区を経て藤沢市との市境で境川と合流して、 藤沢駅(JR東海道線)の東脇を通って江の島のある相模湾へと注いでいます。
ここから下はホタルの棲家です。 入らないようにしましょう。
 (和泉川源流を楽しむ会)
ここはホタルの保護区です。 柵の中に入らないよう、お願いします。
みずきのみち
小さな木橋を渡り、右手の柵に沿って杉の回廊のような「みずきのみち」を進んでいきます。 この辺りには、案内図に載っていない散策路もあって交錯していますが、 このまま真直ぐに進んでいきます。
植物を採らないで下さい!
 (瀬谷市民の森愛護会、横浜市)
小径の右手には干上がりかけた小さな池がありました。 池の周りには柵がしてあります。 ホタルの保護区ということなのでしょう。 子供たちが池の側で遊んでいました。 ザリガニか何かを探していたのでしょうか。 こういう場所で子供を見かけると、まだまだ日本も大丈夫だなんて思ったりします。
あぶない!
いけに、はいらないようにしよう
危険(あぶないから)
立入禁止(はいってはいけません)
通告 サバイバルゲーム禁止!!
地主・管理者の了解なく、市民の森の使用は禁止!
森を踏み荒らし、草木を傷つけ、鳥や虫を追い払う。 公害の玉(弾)を撒き散らし、自分たちだけが楽しみ、人が嫌がる戦争ごっこは全面禁止!!
 (和泉川源流を楽しむ会)
庭木を育てているような畑地の中を進んでいくと、やがて車道(なかみち)に出ます。 ここにも市民の森の案内図があります。 これからの散策コースを再度確認しておきましょう。 そばには「瀬谷(せや)」という地名にまつわる解説板がありました。
瀬谷の原
【新田義貞の鎌倉攻め】
鎌倉時代の元弘3年(1333)5月8日、新田義貞は鎌倉幕府討伐のため、 上野国(群馬県)の新田荘生品神社に軍勢150騎程で挙兵を行いました。 東国各地の武将が加わり鎌倉幕府軍を破り、さらに南下を続けました。 同月17日に相模国世野原で陸奥国石川義光が合流し、18日稲村崎を経て鎌倉に攻め込みました。 同月22日、北条高時一族は東勝寺において自害し、142年に亘る鎌倉幕府は滅亡しました。
【上杉禅秀の乱】
室町時代の応永23年(1416)10月2日、前関東管領上杉禅秀が鎌倉公方足利持氏に反乱を起こしました。 緒戦は禅秀方の勝利となりましたが、その後幕府が持氏側救援を決定すると形勢が逆転しました。 応永24年(1417)1月5日、駿河、越後の各守護らの進撃を受け、武州瀬谷原において 両軍の激しい合戦となりました。 同月9日、禅秀は敗走して鎌倉雪の下に逃れ、翌10日一族が自害したため上杉禅秀の乱は3ヶ月余りで終了しました。 藤沢市の遊行寺には両軍の戦没者を共に弔った「敵味方供養塔」があります。
地名について、古文書により「相模国世野原」「武州(武蔵国)瀬谷原」とあるところを見ると、 このあたりが相模国と武蔵国の国境付近に広がっていたためと思われます。
 (瀬谷区役所)
なかみち
左手に曲がって「なかみち」を進んでいきます。 この道は市民の森の中央を通っていて、森の各所に行くのに便利な道です。 交通量はそれほど多くはありません。 森はこの道で大きく2分されています。 森の中には高校や幼稚園もあり、隣の追分市民の森も含めて、 この一帯は以前には緩やかな丘陵に続くの一つの森だったのでしょう。
「なかみち」を2分ほど進んでいくと、再び森へ入っていく道があります。 ここにも市民の森の案内板があります。 杉林の中に続く道へ入っていきます。
森をいじめないで
市民の森では、ゴルフ練習をしないでください。 ご協力をお願いします。
 (瀬谷市民の森愛護会)
なかみち広場
杉林を少し進んでいくと、右手に「なかみち広場」があります。 雑木に囲まれた場所ですが、ベンチなどは設置されていませんでした。 日差しに照らされて若葉が綺麗に輝いていました。 落葉を集めた囲いもありました。 森の栄養分としてリサイクルされるのでしょう。
ゴミ等を捨てないで下さい。
この附近の落葉を取らないで下さい。
 (瀬谷市民の森愛護会)
みずきの広場
「なかみち広場」を出て森の中を更に進んでいくとX字路があります。 道標等はありませんが、右手は「なかみち」へ出ていきそうなので、ここは左手へ進んでいきます。 少し行くと壊れかけた道標があります。 左手の「和泉川源流」は見送って、右手の「高見の広場」へと進んでいくと「みずきの広場」に着きます。 明るい雑木林の中に、テーブルやベンチが設置されていました。 ここを左手に降っていくと和泉川源流になります。
守ろう・大切な自然
横浜では自然と生き物にふれあう事業を進めています。(横浜市緑政局)
ムクドリ白い顔に黒っぽい体。オレンジ色のくちばしと足。飛ぶと腰と尾の先の白がよく目だつ。
ヒヨドリヒーヨ、ヒーヨという鋭く大きな声でよく鳴く。尾が長く体つきはスマート。
メジロスズメより小さな黄緑色の小鳥。名前のように目に白い輪がある。動きは早くすばやい。
ツバメ光沢のある濃紺の背と白い腹のコントラストがきれい。細く2つに分かれた燕尾が特徴。
オナガ名前のように長い尾。黒い頭に、水色の背、翼、尾がきれい。リューイなどと鳴く。
シジュウカラ白と黒のコントラストがきれいな小鳥。白い腹にはネクタイのような模様が目だつ。
キジバトデデッポッポポーと、のどかに鳴く。翼にはウロコ模様、首筋に青い斑点が目だつ。
カワラヒワスズメ位の緑がかった茶色の鳥。飛ぶと翼の黄色い大きな斑点が、ぱっと目だつ。
アゲハチョウ黄色と黒の模様がはっきりした大きくてきれいなチョウ。ミカンの仲間の木に卵を生む。
シロスジカミキリ灰色の体に黄色いすじがあり、長い触角の大きなカミキリ。キイキイという音を出す。
コクワガタ雑木林で生活する。名前のように小型の黒いクワガタ。牙もあまり大きくない。
アブラゼミ茶色の大きなセミ。数も多く、夏になると「ジリ、ジリ、ジリ・・・」とよく鳴く。
ミズキ荒れ地にまっさきにはえてくる木。(花期)5月〜6月、(果期)10月〜11月。
ケヤキホウキ形の雄大な樹形。(花期)4月〜5月、(果期)10月。
クヌギ日本一りっぱなドングリ。(花期)4月〜5月、(果期)10月
コナラ雑木林の代表種。秋の紅葉が美しい。(花期)4月〜5月、(果期)10月〜11月。
 (監修 日本野鳥の会)
高見の広場
「みずきの広場」を後にして更に森の中を進んでいくと「高見の広場」があります。 散策路から右手に入った所にテーブルやベンチがいくつも設置されています。
「高見の広場」から更に進んでいくと十字路に着きます。 道標が設置されていないのでどちらへ行けばいいのかよく分かりません。 左手はすぐに森から出てしまい、正面は深い森へと降っていくので、 右手の道を進んでいくことにします。
のさかいみち
大きな杉の生える「のさかいみち」を進んでいくと、市民の森の案内板が設置された場所があります。 右手は少し開けていて、テーブルやベンチも設置されています。 ここを右手に入っていくと、「高見の広場」と「なかみち広場」をかすめて「なかみち」へと続いていますが、 道標「瀬谷高校」に従って直進していきます。
広めの道を進んでいくと、やがて車道(なかみち)に出ます。
車道に出て左手すぐの所の分岐を右折して、高校と幼稚園の間の車道を進んでいきます。 幼稚園の入口にある藤棚には早くも綺麗な花が咲いていました。 黄緑色の若葉と薄紫色の花房の競演が「春」を感じさせてくれます。 そばにある木には桃色の花が咲き、 高校の入口にあるツツジの花も咲いていて、もう春真っ盛りという感じです。
高校のグランドを右手に見ながら進んでいくと、やがて市民の森の案内板があります。 その左横には柵が途切れている箇所があるので、そこから森の中へと入っていきます。 入口には「せせらぎ緑道」の道標が立っていました。
明るい雑木林の中を降っていくと谷戸に降り立ちます。 ここから左手にかけての谷筋に「せせらぎ緑道」が続いています。
せせらぎ緑道
小さなせせらぎ沿いにボードウォークや小径が続いています。 これまでの雑木林とはまた違った雰囲気の場所で、 谷筋ということもあって少しひんやりとしています。 流れの途中にある少し広くなった所では鯉が数匹泳いでいました。
やがて谷筋も狭まりせせらぎも途切れると、 少し登りになって杉林が広がるようになります。
杉林を右手へ登っていくと正面が開け、最初の瀬谷高校入口の信号のところに出ます。 横断歩道を渡って右手に100mほど進んでいくと、 聖マリアンナ医科大学、横浜市西部病院の入口の先に、 西部病院前バス停があります。
西部病院前(せいぶびょういんまえ)バス停
三ツ境駅(相模鉄道)北口のバスターミナルまで、 三ツ境駅前行きバスにて3分、1時間に6本から9本程度の便があります。
徒歩にて…
三ツ境駅までの1kmほどの道は桜並木が綺麗なので、春には駅まで歩いて行きましょう。