峯市民の森
散策:2004年02月中旬
【横浜市民の森】 峯市民の森
概 要 横浜市の南部に、円海山や大丸山を取り巻くようにして一団の緑地帯が広がっています。 峯市民の森はこれらの緑地帯の北側に寄り添うようにしてある小さな森で、 1時間半ほどで一巡りすることができます。
起 点 横浜市 洋光台駅
終 点 横浜市 洋光台駅
ルート 洋光台駅…市民の森入口…山の神休憩所…細間休憩所…甘沼広場…展望台広場…甘沼山休憩所…善正山休憩所…市民の森出口…洋光台駅
所要時間 2時間20分
歩いて... 真ん中を車道が通っていて市民の森が2分されています。 車道を奥へ進んでいくと、峰の郷を経て瀬上市民の森を取り巻く尾根筋へ行くことができるので、 歩き足りない場合は訪ねてみましょう。
関連メモ 鎌倉アルプス, 鎌倉アルプス
コース紹介
洋光台(ようこうだい)駅
洋光台駅(JR根岸線)から歩いていきます。 駅前のバスターミナルの左手を進み、左折して広い車道を進んでいきます。
別ルート
磯子駅(JR根岸線)から市民の森の中程までバスで来ることもできます。 磯子駅前バスターミナルから、[10]峰の郷行きバスにて、 坂下(さかした)バス停まで17分、更新橋(こうしんばし)バス停まで19分、 1時間に1本程度の便があります。
 土曜 7:36 8:21 9:18 10:21 11:15 12:12
 日曜 7:36 8:23 9:18 10:21 11:15 12:12
補足
案内図には「峯」、道標や注意書きには「峰」という漢字が使われていました。 どちらが正しいのかはよく分かりませんが、余り気にしないことにしましょう。
洋光台六丁目公園
車道を真直ぐに進んでいきます。 洋光台南公園のそばを過ぎていくと、環状3号との交差点があります。 信号を直進していくと、正面に小さな洋光台六丁目公園があります。
公園を左回りに進んで坂道を登っていくと、公園の半ば辺りにT字路があります。 ここを左折していくと、すぐの所にまたT字路があります。 そのT字路を右折して坂道を進んでいきます。
犬のふんは飼主が必ず始末し、犬はつないで飼いましょう。
愛情をもって犬は正しく飼いましょう。
 (横浜市)
坂道を登っていくと変則的な十字路があります。 その右手の前に続く道へ入っていきます。 角にある「エホバの証人の王国会館」を過ぎていくと、 正面に特徴的な形をした民家があります。
市民の森入口
道は坂を越えて降っていきますが、民家のそばにある市民の森の入口から森へ入っていきます。 ここに市民の森の案内図があるので、散策コースを確認しておきましょう。
補足
坂道をそのまま降って竹林の手前を左折していくと、更新橋バス停のそばに出ます。
おねがい
・歩きながらの喫煙、投げ捨てはぜったいにしないで下さい。
 タバコは指定の場所で!
・たき火、火あそび(花火など)はぜったいにしないで下さい。
 (磯子消防署、磯子消防団、磯子火災予防協会、防火協会磯子支部、峰市民の森愛護会)
山の神休憩所
入口から横木の階段を登っていくと、すぐに左手に道が分かれています。 その階段を登っていくと山の神休憩所があります。 小さめの神社とベンチなどがありますが、周りは樹木に囲まれていて展望は得られません。 名木古木に指定されている大きな木もありました。 その根元には、注連縄で飾られた小さな鳥居と祠がありました。
コンロの使用・たき火厳禁
貴重な緑を守ろう。
 (峰市民の森愛護会、磯子消防署、横浜市緑政局)
ゴミは持ち帰ろう
山の美化に協力しよう。
 (峰市民の森愛護会)
山の神休憩所から元の分岐へ戻って更に進んでいくと、少し降り道になってきます。 左手には畑、正面には竹林が見えています。 振り返ると、先程の山の神休憩所の大木が茂っているのが見えます。
畑の中に入ってはいけません。
 (峰市民の森愛護会)
竹林の中に続く広い道を降っていきます。
立入禁止
タケノコを取ってはいけません。
 (峰市民の森愛護会)
やがて竹林も終わって雑木林へと変わります。 そのまま降っていくと、やがて雑然とした作業場所のような所に降ります。 ここを右折していくとすぐに車道に出ます。
市民の森を二分している車道に出ると、正面左手に細い道があり市民の森の案内図もありますが、 そこは後で訪れることにし、先ずは右折して細間休憩所を訪ねます。
すぐの所にある更新橋バス停を過ぎていくと、道路左手に細い道があります。 道標「至 細間休憩所」に従い、この道を進んでいきます。
作業場所を右手に見ながら山辺の道を進んで行きます。 所々に木製の小橋があったりします。
毒ヘビ(マムシ)に注意
歩行中禁煙
山火事を予防しよう。
植物採取禁止
自然を保護しよう。
 (峰市民の森愛護会)
細間休憩所
やがて右手が開けてくると細間休憩所に着きます。 谷間にひっそりと佇む広場になっています。 この時はちょうど紅梅が咲いていて綺麗に彩られていました。
出ます … まむし
捨てません … たばこ
しません … 火遊び・焚火
貴重な緑を守りましょう。
 (磯子消防署、峰市民の森愛護会、横浜市緑政局)
細間休憩所から元来た道を引返して、先程の案内図の脇にある山道を登っていきます。
甘沼広場
鉄工所を左手に見ながら山道を登っていくと甘沼広場に着きます。 テーブルやベンチがいくつも設置された広い場所です。 周りに畑が広がっているので、先程の細間休憩所に比べて明るい感じがします。
畑に入ってはいけません
市民の森は、地元土地所有者の協力で設置されています。 畑、山林が荒らされると、閉園になります。
 (峰市民の森愛護会、横浜市緑政局)
甘沼広場の上の方にある畑との間に道があります。 道標「至 甘沼山休憩所」に従い、その道を左手に進みその先の山道を登っていきます。
横木の階段をジグザグに登っていくと、やがて尾根筋に着きます。 道標「至 展望台・甘沼山休憩所」に従い、 直角に左折するようにして尾根道を進んでいきます。
展望台広場
少しいくと道が二手に分かれています。 左手が展望台広場への道で、右手はまき道になっています。 「展望台」といっても建物がある訳ではなく、小さなピークになっているだけです。 周りに樹木が生い茂っていて、その展望も今ひとつといったところです。
この日は周りの杭とロープの付け替え作業が行われていました。 愛護会の方という感じではなく、専門業者の方々のようでした。 愛護会から作業を依頼されてきたのでしょうか。
甘沼山休憩所
展望台広場から降ってまき道と合流していくと、程なくして甘沼山休憩所に着きます。 尾根に広がる広場で、テーブルもいくつか設置されていますが、 樹木が生い茂っていて、広いという感じは余りしません。 ここにも市民の森の案内図があります。 この先も尾根道は続いていますが、先ずは左手の道を降っていきます。
短い横木の階段を降ると広い道になります。 その先には再び横木の階段が現れます。 谷間ということもあるのかシダ類が繁茂していました。
足もとがすべりやすくなっています。 転落事故防止に充分ご注意下さい。
 (横浜市、峯市民の森愛護会)
石積みされた小川が正面に見えてくると、山道も終わりになります。 左折して、椿の植え込みが続く川沿いの石畳の道を進んでいくと、 市民の森を2分している車道に出ます。 赤い花と白い花が並んで咲いていました。枝をたどっていくと同じ幹から出ていました。 同じ木に赤と白の花が咲くことはよくあるのかどうかは分かりませんが、 ちょっと珍しく思って写真に撮っておきました。
甘沼山休憩所の先には更に尾根道が続いています。 歩きやすい尾根道を進んでいくと、右手にゴルフ場が見えてきます。 笹竹が現れるとやがてテーブルが設置された広場に着きます。
善正山休憩所
広場の先で道が二手に分かれています。 右手の道の先に、ほんの少しだけ高くなった場所があります。 切り株型の椅子があったりします。ここに「善正山休憩所」の標識が立っていました。 この前の広場と続いているので、これらを合わせて善正山休憩所なのかも知れません。 広場の左手の道はこの高みのまき道になっています。
休憩所の標識の先でまき道と合流して、 道標「至 バス停坂下」に従い、右手の道を降っていきます。 横木の階段を降り切って左へ曲り、山際に続く道を進んでいきます。
坂下バス停
小さな橋を渡り細い路地を抜けていくと、市民の森を二分している車道に出ます。 路地を出た所に坂下バス停があります。
坂下バス停の左手50mほど先に、市民の森の案内図が立っています。 ここから広い道を登っていきます。
広い道を登っていくと畑地があります。 左右が開けていて、周囲を見渡すことができる場所です。 本コースで一番見通しのきく場所ですが、標高が低いので「素晴らしい展望」という程ではありません。
畑地を抜けて正面の横木の階段を登っていくと丘の上に着きます。
市民の森出口
広くなだらかになった道を進んでいくと、舗装道路に出ます。 正面には、最初の市民の森の入口にあった特徴的な形の民家が見えています。 民家の前を抜けてエホバの証人の王国会館を過ぎ、元来た道を洋光台駅へと戻っていきます。
洋光台(ようこうだい)駅
半地下になっている洋光台駅(JR根岸線)から家路につきます。
別ルート
市民の森を二分している車道にあるバス停から磯子駅(JR根岸線)まで、 市電保存館前行きバス,または,磯子駅前行きバスで行くこともできます。 坂下(さかした)バス停からは17分、更新橋(こうしんばし)バス停からは19分、 1時間に1本程度の便があります。 更新橋バス停の午後の便は次のようになっていました。
 土曜 12:44 13:42 14:45 15:37 16:27 17:19 18:03 18:58
 日曜 12:44 13:42 14:45 15:37 16:27 17:19 18:03 18:56