下永谷市民の森
散策:2003年12月中旬
【横浜市民の森】 下永谷市民の森
概 要 港南区の住宅街に囲まれた小さな森です。 宅地化の波が押し寄せてきてはいますが、尾根あり谷ありと、結構変化に富んだ散策を楽しめます。
起 点 横浜市 般若寺橋バス停
終 点 横浜市 般若寺橋バス停
ルート 般若寺橋バス停…市民の森東出入口…清水頭分岐…ツバキの広場…モミの木広場…五山見亭…山の神稲荷台…牧場見晴台…市民の森南出入口…般若寺橋バス停
所要時間 1時間50分
歩いて... 散策路の近くまで住宅が迫ってきている所もあったりしますが、畑地も結構残っていて、 宅地化される前には一面に広がっていたであろう里山風景が想像されます。
関連メモ 今のところ、関連メモはありません。
コース紹介
般若寺橋(はんにゃじばし)バス停
上永谷駅(横浜市営地下鉄)前のバスターミナルから、 [30][45]芹ヶ谷行きバス、[30][港95]上大岡駅前行きバス,または, [東12][東50]東戸塚駅行きバス行きバスにて7分、 1時間に4本程度の便があります。
上永谷駅前の同じバスターミナルから逆方向のバスも出ているので、注意して乗りましょう。 同じ「上大岡駅前行き」でも逆方向に進むのもあるので、間違えないようにしましょう。
バス停から少し戻った所にある協和橋を渡っていくと、環状2号との交差点に着きます。 信号を渡って、正面にあるコンビニの右手の道を進んでいきます。
市民の森東出入口
100mほど進んでいくと、右手に市民の森の東出入口があります。 ここに市民の森の案内図があるので参考にしましょう。
右手に広がる畑地を見ながら、よく整備された広い道を登っていきます。
フィールドマナー
自然の中での
ルールを守ろう!
・火は出さない、バーベキュー禁止
・ポイ捨て禁止
・静かさを乱さない
・ペット(犬など)はつないで
・生きものを持ち帰らない、持ち込まない
・ボール遊びはできません
・道から外れない
・ゴミは家まで
・市民の森は、山林所有者の御厚意で保存されています。山林、竹林、農地内への立入りはできません。
・とって良いのは写真だけ、残して良いのは足あとだけ。
・ミツバチは蜜を吸う時に花を傷つけません。(ファーブル)
・歩行喫煙等による火災事故防止に努めて下さい。
・利用時間は日の出から日没までです。
 (下永谷市民の森愛護会、横浜市緑政局南部農政事務所)
歩行中禁煙
火気厳禁
 (横浜市、下永谷市民の森愛護会)
少し登っていくと、左手の雑木林の中に、ベンチが幾つか設置された広場があります。 おじいちゃんとお孫さんでしょうか、ベンチに腰掛けて景色を眺めていました。 微笑ましい光景です。
守ろう・大切な自然
横浜では自然と生き物にふれあう事業を進めています。(横浜市緑政局)
ケヤキ ホウキ形の雄大な樹形。(花期)4〜5月、(果期)10月。
コナラ 雑木林の代表種。秋の紅葉が美しい。(花期)4〜5月、(果期)10〜11月。
クヌギ 日本一りっぱなドングリ。(花期)4〜5月、(果期)10月。
ミズキ 荒れ地にまっさきにはえてくる木。(花期)4〜5月、(果期)10〜11月。
シロスジカミキリ 灰色の体に黄色いすじがあり、長い触角の大きなカミキリ。キイキイという音を出す。
アブラゼミ 茶色の大きなセミ。数も多く、夏になると「ジリ、ジリ、ジリ・・・・・・」とよく鳴く。
アゲハチョウ 黄色と黒の模様がはっきりした大きくてきれいなチョウ。ミカンの仲間の木に卵を生む。
コクワガタ 雑木林で生活する。名前のように小型の黒いクワガタ。牙もあまり大きくない。
ヒヨドリ ヒーヨ、ヒーヨという鋭く大きな声でよく鳴く。尾が長く体つきはスマート。
ムクドリ 白い顔に黒っぽい体。オレンジ色のくちばしと足。飛ぶと腰と尾の先の白がよく目立つ。
メジロ スズメより小さな黄緑色の小鳥。名前のように目に白い輪がある。動きは早くすばやい。
ツバメ 光沢のある濃紺の背と白い腹のコントラストがきれい。細く2つに分かれた燕尾が特長。
オナガ 名前のように長い尾。黒い頭に、水色の背、翼、尾がきれい。リューイなどと鳴く。
シジュウカラ 白と黒のコントラストがきれいな小鳥。白い腹にはネクタイのような模様が目だつ。
キジバト デデッポッポポーと、のどかに鳴く。翼にはウロコ模様、首筋に青い斑点が目だつ。
カワラヒワ スズメ位の緑がかった茶色の鳥。飛ぶと翼の黄色い大きな斑点がぱっと目だつ。
清水頭分岐
広場を出て山道を登りきると十字路があります。 正面は住宅街への道、右手は農地への道で、市民の森は左手へと続いています。 角にはお地蔵さんも佇んでいます。
あなたはフンをかたずけていますか?
飼い主のマナーしだいで、きれいな町に
 (横浜市)
右手には農地が広がっています。 農協が管理する畑地のようで、市民の森の東出入口からここまで、道の右手に続いています。
この農地から、美しい花や豊かな緑をお届けします。
 (横浜南農協 農政対策委員会青壮年部)
柏尾出入口
十字路を左折して少しいくと、道が二又に分かれています。 右手の広い道は住宅街へ出て行く道で、市民の森は左手の細めの道を進んでいきます。 ここにも市民の森の案内図があります。
歩行中禁煙
山火事を防止しよう
 (横浜市、下永谷市民の森愛護会)
右手に迫る民家と左手の崖との間の狭い尾根道をくねくねと進んでいきます。
オートバイ・自転車乗り入れを禁ず
 (横浜市、下永谷市民の森愛護会)
民家の庭のそばを抜けていくと、椿が咲く少し広めの道になります。
上柏尾出入口
広めの道を登りきると、正面に民家が見えてきます。 ここで道が二又に分かれています。 右手は住宅街への道で、市民の森は左手の道を進みます。 ここにも市民の森の案内図があります。
ツバキの広場
左手にほんの少しいくと、ツバキの広場に着きます。 広場には多くの椿の木が植えられています。 ベンチも幾つか設置されています。
ポイ捨て、レッドカード!
 (横浜南農協 農政対策委員会青壮年部)
ドロをよく落としてからお入りください
 (横浜市緑政局南西部農政事務所、下永谷市民の森愛護会)
尾根分岐
ツバキの広場の先を少し行き階段を登ると尾根に出ます。 正面へ降っていくのは谷筋から牧場見晴台への道で、右手は尾根筋を経て五山見亭への道です。 左手へ少し行くとモミの木広場があるので立ち寄っていきましょう。
鳥獣保護区
ここは保護区域です。鳥や獣を守ってください!
 (神奈川県)
モミの木広場
両側に柵が続く細い道をしばらく行くと、小ピークのモミの木広場に着きます。 大きなモミの木とベンチが2つほど設置された小さな場所です。 周りは樹木に被われていて展望は得られません。 ここにも市民の森の案内図があります。
下永谷市民の森
〜自然を大切にしよう〜
「市民の森」は、市内の緑を守り育てると共に市民の皆さんの憩いの場として ご利用いただくために、山林所有者の方々の御厚意により山林を使用させていただくものです。 また、「市民の森」の草刈り・清掃は地元の方々でつくられた「市民の森愛護会」が行っています。 利用者の皆さんは山林所有者や愛護会の方々の善意を尊重し、大切に利用して下さるように お願いします。
 (下永谷市民の森愛護会、横浜市緑政局南部農政事務所)
モミの木広場から引返し、尾根分岐を過ぎて、そのまま尾根道を進んでいきます。
五山見亭
尾根道を道なりに左へ曲がっていくと、明るい雑木林の中に五山見亭があります。 すぐそばに住宅街への出入口があり、市民の森の案内図もあります。 「五山見」ということなので見晴らしのいい場所だったのでしょうが、 今では樹木に囲まれていて展望は得られません。
バイク乗入れ禁止
自転車は押して通行してください。
 (戸塚土木事務所)
五山見亭からは広い道になります。 山道というよりは生活道路のようになっていて、普通の人も通っていました。
尾根広場
少しいくと左手が開けた場所があります。 尾根を挟んで向う側にも道が続いています。 この道は、尾根分岐から谷筋を通ってきた道です。
見晴台分岐
尾根広場を過ぎていくと、送電線の鉄塔の前にT字路があります。 正面は梅園を経て下永谷第二公園出口への道で、 左手に戻るようにして登っていく道が牧場見晴台への道です。 先ずは牧場見晴台へ立ち寄っていきましょう。
山の神稲荷台
少し進んでいくと山の神稲荷台の標識が立った場所があります。 ベンチも設置されているだけで、稲荷の祠のようなものは見当たりませんでした。 以前にはあったのでしょうか。
牧場見晴台
稲荷の少し先には牧場見晴台があります。 ベンチやテーブルが設置されています。 牧場といっても牛や馬は見当たりませんでしたが、斜面には草地が広がっていました。
牧草地に入ってはいけません。
 (横浜市、下永谷市民の森愛護会)
尾根分岐から横木の階段を降って谷筋へ降りていきます。
谷には畑地が広がっていて、野菜などが栽培されていました。 畑地の手前を右折して雑木林の中を進んでいくと、五山見亭の下を過ぎていきます。
小鳥の食堂です。
皆さんもかわいいお客さんにごちそうしてやって下さい。
小鳥の好きなものは、ヒエ、アワ、トウモロコシ、パンクズなどです。
 (神奈川県)
谷側に柵がある道を進んでいくと、やがて目の前が開けて、尾根広場に着きます。 その左手を更に進んでいくと、牧場見晴台に着きます。
犬のふんは飼主が持帰り始末し、犬はつないで飼いましょう。
犬は終生愛情をもって飼いましょう。
 (横浜市)
見晴台分岐からは正面の尾根道を進んでいきます。 送電線の鉄塔のすぐ先で、左下に降りていく道があります。 正面の尾根道を行くと、梅園の側を通って住宅街に出ます。 住宅街を左へ行くと、道路脇に下永谷第二公園があります。 途中には市民の森の案内図もあります。
梅園へ入らないで下さい。 梅の木を大切にしましょう。
 (横浜市、下永谷市民の森愛護会)
市民の森南出入口
左下に降りていく道を進んでいきます。 右手には椿の木が植えられている広い道を降り、 民家の裏を過ぎていくと、市民の森の出入口です。 ここにも市民の森の案内図がありますが、 ここのはこれまでのとは違って、手書きの図になっていました。 この市民の森ができた当初からある案内図なのかも知れません。
ここからは車道を、もと来た般若寺橋バス停へと降っていきます。 左手に市民の森を眺めながら車道を降っていき、 環状2号の信号を渡って協和橋を過ぎ、左折して行きます。 下車したバス停を過ぎて短い青色の橋の先に、上永谷駅方面の般若寺橋バス停があります。
般若寺橋(はんにゃじばし)バス停
上永谷駅(横浜市営地下鉄)前のバスターミナルまで、 [30]芹ヶ谷行きバス、[30]上大岡駅前行きバス、[30]上永谷駅行きバス、 [東12]京急ニュータウン行きバス,または,[港95]港南台駅行きバス行きバスにて7分、 1時間に4本程度の便があります。
上永谷駅へは行かないバスも通っているので、乗り間違いしないように注意しましょう。 バス停に路線図が書いてあるので、よく確かめてから乗りましょう。