荒井沢市民の森
散策:2003年12月上旬
【横浜市民の森】 荒井沢市民の森
概 要 鎌倉市との市境に位置する市民の森です。 急峻な丘陵と、いたち川の源流のひとつにもなっている谷戸が組み合わさって、変化のある散策が楽しめます。 皆城山からのすばらしい展望も楽しみです。
起 点 横浜市 天神橋バス停
終 点 横浜市 天神橋バス停
ルート 天神橋バス停…洗井沢川小川アメニティ…市民の森入口…極楽広場…カエル池…谷戸田の池…皆城山…市境尾根分岐…炭焼広場…市民の森入口…天神橋バス停
所要時間 2時間50分
歩いて... 小さな森ですが、昔ながらの風景がギュッと詰まった情緒たっぷりの里山です。 谷戸ではトンボや蝶が飛び交い、ちょっと手を伸ばせば届きそうな感じです。 畑地が広がる尾根を巡るコースも趣きがあります。
関連メモ 今泉の森, 荒井沢市民の森
コース紹介
天神橋(てんじんばし)バス停
大船駅(JR東海道線)東口ターミナルから、 [船02]県庁入口行きバス、[船05]上大岡駅前行きバス、[船07]栄プール行きバス、 [船08]金沢八景駅行きバス、[船09]みどりが丘住宅行きバス、[船11]上之行きバス、 [船15][船16]本郷車庫前行きバス、[船17]公田団地行きバス、[船19]港南台駅行きバス,または, [船20]桜木町駅前行きバスにて8分、1時間に15本程度の便があります。
本郷台駅(JR根岸線)から歩いてきても来られます。 駅前のバスターミナルを左へ進み、道路の左少し先にある交差点を右に渡って、 広い道路を進んでいきます。城山橋を渡ってすぐに左折して、いたち川沿いを進んでいくと、 10分ほどで着きます。
別ルート
湘南ハイツバス停までバスで来て、そこから歩くという方法もあります。 市民の森までのアプローチを少しでも短くしたい場合にはこのルートがいいのですが、 バスの便が少ないのが難点です。 大船駅(JR東海道線)東口ターミナルから、[船14]湘南ハイツ行きバス,または, [船24]湘南ハイツ循環バスにて10分、週末には1時間に1本程度の便しかありません。 バスを降りて前方の坂を越えていくと、公田小学校下交差点があります。 ここで天神橋バス停からの道と合流して右手に進んでいきます。
天神橋の少し大船寄りの向い側にある細めの道を進んでいくのですが、 県道23号は交通量が多いので、少し大船寄りにある横断歩道を渡りましょう。 県道から向こう側、市民の森辺りまでを公田町といい、 天神橋の袂にはその「公田」の名前の謂れを記した石碑があります。
公田(くでん)
律令制度で口分田として与えた残りの田を公田(こうでん・くでん)等と呼び、 官が人民に貸し与えた土地であったその公田の所在地である。
天神橋 旧高欄
天神橋は、明治の頃、今の鎌倉街道ができた時に、木橋で架けられました。 それ以前旧鎌倉街道は、左岸川沿いの道が使われており、 現在の上耕地橋が天神橋とよばれていました。 昭和5年に石の橋に架け替えられましたが、この高欄はその時作られたもので、 以後約50余年間、交通の要衝として住民の利便を図る役割を果たして来ました。 昭和59年から始まった橋の架け替え工事によりその使命を終え、 この地に保存することにいたしました。
 (栄区役所)
少し行くと、左側に山肌が続くようになります。 小さな洗井沢川も流れています。 横浜市下水道局キャラクターのカバのだいちゃんも、 「みんなの川だよ きれいにね」と呼びかけています。 この「だいちゃん」、横浜市内の至る所で見かけます。 動物に言われると、何だか素直に聞けるような気持ちになるから不思議です。
みんなの心がけで、きれいな川
ぼくたちの手で きれいな川にしよう
 (桂公田町会、横浜市下水道局)
洗井沢川水辺愛護会掲示板
ここは洗井沢川水辺愛護会が美化活動をしています。
みなさんのご協力をお願いします。
 (水辺愛護会、栄土木事務所)
道幅が狭いためか、この道は一方通行になっています。 住宅地の間を進んでいくとX字路に出ます。 一方通行はここまでで、このX字路を左折して更に進んでいきます。
公田小学校下交差点
公田郵便局を過ぎていくとT字路があります。 ここが公田小学校下交差点です。 「別ルート」として先に紹介した湘南ハイツバス停から坂道を越えてくると、この交差点に着きます。
公田小学校下交差点の少し先で道が分かれていますが、正面の一番右手の道を進んでいきます。
いおり茶屋あらい沢
常盤建設工業の公田置場を過ぎ、庚申塔のある崖の側を過ぎていくと、 やがて民家風のいおり茶屋「あらい沢」があります。 名物の信州のおやきが味わえます。森からの帰り道に立ち寄るのもいいでしょう。
縄文おやき
ふる里の香り、おふくろの味
信州のおやき
森のかえりは、おやきと決めた…
1個当たり、生野菜にして丼一杯に匹敵する健康食品で〜す。
オープンタイム 11時〜19時
 (いおり茶屋あらい沢)
茶屋の先にT字路がありますが、 道標に従って正面の「洗井沢市民の森」への道を進んでいきます。 漢字で書くと「荒井沢」と「洗井沢」の2通りの表現を見かけましたが、どちらが正しいのでしょうか。 まあ、日本で使われている漢字(i.e.外来文字)は当て字が多いので、どちらでもいいのかも知れません。 T字路の先へ少し行って道が右折する所から「洗井沢川小川アメニティ」が始まります。
洗井沢川小川アメニティ
洗井沢川がアメニティとして綺麗に整備されています。 流れに降りていける所が1ヶ所あります。
上洗井沢川水辺愛護会掲示板
ここは(アミニティ入口〜市民の森まで)上洗井沢川水辺愛護会が美化活動をしています。 みなんさんのご協力をお願いします。
みんなの川だよ きれにね。
 (水辺愛護会、栄土木事務所)
犬のふんは飼主が持帰り始末し、犬はつないで飼いましょう。
犬は終生愛情をもって飼いましょう。
 (横浜市)
市民の森入口
小川アメニティをしばらく進んでいくと、正面に特徴的な切り立った断崖が見えてきます。 ここに、小川アメニティと荒井沢市民の森の案内図があるので参考にしましょう。
荒井沢・緑と花
ここの緑地一帯の面積は約30ヘクタールで、山林、田畑、池などで形成されています。 低湿部・丘陵部・樹林部・断崖があり、変化に富んだ地形で、動植物の種類も豊かです。 特に湿地帯部の休耕水田や溜め池跡地には、絶滅危惧種のタコノアシ、貴重種として ミヤマシラスゲ群落、ツリフネソウ、ネコノメソウ、ママコノシリヌグイなどが育っています。 岩礫崖部には、ツルデンダ、ケイワタバコ、クマワラビ、イワボタン、ヤブソテツなどが見られます。 広葉樹林帯には、ニリンソウ、ナルコユリ、ヤマユリ、カントウカンアオイ、スミレ類、オカトラノオ、 ショウマ類など、樹木ではヤマツツジ、サルナシ、オトギリソウ、タマアジサイ、オオシマザクラ、 ヤマザクラなどが育ち、季節ごとに里山の「緑と花」をみることができます。
洗井沢川小川アメニティ
洗井沢川の源流部に残されている水辺周りや自然環境を、現況の地形を生かしながら、 鳥や昆虫のいる緑、魚のすむ小川やせせらぎといった自然を回復し、育てることで、 生き物にもやさしい自然環境になるように整備したものです。
 (横浜市下水道局河川管理課)
洗井沢川小川アメニティを含む、洗井沢緑地は里山再生計画として、 自然に生息する動植物を時間をかけて育てています。 小川や沼地にゴミを捨てたり、植物を持ち帰らないでください。
案内板の少し先にあるT字路を、道標に従って左へ進んでいきます。 この断崖の前には、少し前まではミニゴルフ場があり、 休日にはゴルフを楽しむ人々を見かけたものですが、 今回訪れた時には「永久の杜墓苑」の造成中でした。 なんとも風情のないものに変わってしまったものです。 これも時の流れなのでしょうか…。
極楽広場
少し進んでいくと極楽広場があります。 ここにも市民の森の案内図がありますが、先ほどのよりも立体的でリアリティがあります。 案内図でこれからの散策ルートを確認しておきましょう。 この極楽広場からカエル池・谷戸田の池を経て皆城山へ登ります。 それから炭焼広場を経て、元の市民の森入口へ戻ってきます。 オプションとして、皆城山から尾根筋をぐるっと巡るコースもありますので、 是非歩いてみましょう。
荒井沢市民の森
鎌倉との市境に位置するこの森は、急峻な丘陵と谷戸が組み合わされたダイナミックな地形が特徴です。 かつて丘陵は雑木林やスギ・ヒノキの植林地として、谷戸は水田として利用されていました。 豊かな緑が水を育み、多くの生き物がくらしています。
  所在地 : 栄区公田町
  面 積 : 6.0ヘクタール
  管理団体 : 荒井沢市民の森愛護会
市民の森は、山林所有者のご好意により使用させていただき、市内の緑を守り育てるとともに、 みなさんの憩いの場として提供するものです。 市民の森の管理は地元の方々でつくる「愛護会」が行っていますが、 愛護会の管理には限界がありますので、みなさんで楽しく美しい市民の森となるよう心掛けましょう。
・ゴミは持ち帰りましょう。
・崖が多く危険なところもあります。散策コース以外には立ち入らないようにしましょう。
・動植物をとったり、よそから持ってきて放したりすることはやめてください。
 (横浜市緑政局緑政課、南西部農政事務所)
市民の森ご利用の皆様へ
ルールを守って楽しく利用しましょう。
・喫煙を含め、火は使用禁止。
・生き物を持ち帰らない、持ち込まない。
・ゴミのポイ捨て禁止。
・利用時間は日の出から日の入りまで。
 (荒井沢市民の森愛護会、横浜市南部農政事務所)
極楽広場を後にして、その先の道を進んでいきます。 この辺りから、谷あいの谷戸田が続くようになります。 横の広がりはそれ程はありませんが、昔懐かしい景色が広がっています。
市民の森を火災から守ろう。
タバコを吸う時は携帯灰皿をご用意下さい。
 (荒井沢市民の森愛護会、栄消防署)
大切な自然を火災から守ろう。
 (栄消防署、栄火災予防協会)
カエル池
丘陵や台地が削られてできた浅い谷を「谷戸(やと)」といい、 谷戸につくられた水田を「谷戸田(やとだ)」と呼びます。 この湿地もかつては谷戸田として利用されていました。 一年中どこかに水がたまっている谷戸田は、水辺を利用する生きものにとってゆりかごのような場所でした。 シオカラトンボやアキアカネ、イトトンボなどのトンボたち。 ヘイケボタル。アカガエルやシュレーゲルアオガエルなどのカエルたち。 いずれも幼虫・幼生時代を水中ですごします。 しかし、谷戸田が耕作されなくなると、ヨシなどの植物におおわれていき、しだいに水辺は失われていきます。 こうなると、谷戸田の生きものはくらすことができません。 たくさんのカエルたちがにぎやかによびかわす声をとりもどそうと、市民が力を合わせてこの池を掘りました。 もちろん、トンボやホタル、ゲンゴロウや小さな魚たちも利用してくれることでしょう。
谷戸田のそばには小川が流れ、それに沿うようにして、ボードウォークが続いています。 畦道が崩れないようにとの配慮なのでしょう。
湿地やたんぼに入らないで!
固くなったり埋って、湿地の行き物が住めなくなります。
 (市民の森愛護会)
桂台小学校5年生の皆さんが田植えをしました。
 (2003年5月28日)
トンボやカエルのために水をはっています。
馬入ラズ・滝ヶ久保などの谷筋をやり過ごしていくと、やがて右手に崖が見えてきます。
崖面の植物
この崖は、数百年万年前の新生代第三紀に、浅い海で堆積してできた地層を見ることができます。 砂・礫岩層とシルト層が交互に重なり、しみ通ってきた地下水がしたたり落ちています。 真冬には大きなつららにあんることもあります。 このような場所には、コケ類・シダ類をはじめ、湿った環境を好む独特の植物群落が発達します。 たれ下がった葉のシダはヤブソテツ。崖に張りつくように放射状に葉を広げているやや小さなシダは、 ツルデンダといいます。
崖の先にある土手に付けられた階段を登っていきます。
注意
・近隣の住宅地に立入り厳禁です。
・湘南桂台への通り抜けはできません。
 (横浜市緑政局)
谷戸田の池
土手の上にはベンチがひとつ設置されています。 正面には谷戸田の池とそれに続く湿地帯が広がっています。 土手の左手から池のそばまで降りていくことができます。
池・湿地に入らないで下さい。
 (横浜市、荒井沢市民の森愛護会)
土手の左手から木製の階段を降り、湿地帯に続くボードウォークを進んでいきます。
谷戸田の池
ここは下流の田んぼをうるおしていた、ため池の跡です。 昔は上・中・下3つの池に分かれていたとか。 水が溜まっていない間に、一面にミヤマシラスゲやツリフネソウなど、 横浜では珍しくなった植物群落が見られる湿地にもどっていました。 オニヤンマ、カワトンボやゲンジボタルなど湿地やきれいな流れを好む水生生物も 数多く生息しており、市街地とは思えない良好な環境が残っています。 一部を、止水を好む生きものの生息地として復元しました。
トンビ沢
ボードウォークが終わると、正面に柵が見えてきます。 その手前にはベンチも設置されています。 この先がトンビ沢になりますが、柵があってこれ以上は谷筋を進めません。 上・中・下に分かれていたという谷戸田の池の一部だったのかも知れませんが、 今ではかなり樹木が進出していて、湿地という雰囲気さえもなく、 以前は池であったという面影は感じられません。
散策路は右折して皆城山を目指して山道を登っていきます。 かなり急な横木の階段が続きます。
ここには野生のウサギがいます。 ペットを放さないようにしましょう。
沢から5分ほど登っていくと、笹竹が生い茂っている所に着きます。 道が二又に分かれていますが、道標「皆城山展望台」に従って、右手の笹竹のトンネルを進んでいきます。
笹を保護しています。
皆城山 (標高101m)
笹竹の短いトンネルを抜けると目の前が開け、皆城山の頂上に着きます。 頂上には展望台が設けられているので、景色を楽しみながら休憩しましょう。
この先絶壁です。 危険につき立入禁止。
 (横浜市、荒井沢市民の森愛護会)
火気厳禁。
 (栄消防署)
そばにある解説図によると、左手には丹沢・富士山・奥多摩・奥武蔵・奥秩父の山々が、 右手には円海山・東京湾・筑波山が見渡せるとのことですが、 残念ながらこの日は霞がかかっていて、円海山付近の山々や 横浜ランドマークタワーの辺りまでしか見えませんでした。
皆城山からの展望を堪能したら、笹竹のトンネルを引返していきます。 先ほどの道標の「炭焼広場」を示す右手の尾根筋へ進んでいきます。
市境尾根分岐
笹竹のトンネルを抜けてしばらく行くと分岐があります。 正面は「鎌倉市境尾根道」で、炭焼広場へは右手の道を降っていきます。
オプションコース
正面の「鎌倉市境尾根道」を進んでいくと、山道をぐるっと巡って、 30分ほどで、いおり茶屋の先にあるT字路まで歩いて行けます。 正面の道をしばらく進んでいくと、大きなゴルフ場の上のT字路(*)に出ます。 そこにある道標には、今来た「荒井沢市民の森」しか示されていませんが、 右折して進んでいきます。 畑地を二度ほど過ぎていくと、やがて道が二又に別れる所があります。 左は「散在ヶ池」への道ですが、道標に従って「天神橋」を示す右手の道を進んでいきます。 更に進んでいくと、畑地がまた二度ほど現れます。 こんな山の上で畑に出会えるなんて、ちょっと新鮮な気持ちになります。 この辺りから道が広くなってきます。 最後のかなり広い畑地を過ぎると崖の上に出ます。 その先を道なりに降っていくと、いおり茶屋の先のT字路に着きます。
*このT字路を左へ行くと、5分ほどで桂台の住宅地へ着きます。 桂台まではバスで来ることもできますが、 バス停からの道には道標もなく、分かり難くくなっています。 後日に来て見ると、市境尾根の辺りも市民の森として整備されていました。 (「荒井沢市民の森」を参照)
市境尾根分岐を右手に少し降っていくと木製の階段があります。 この階段を降って右手に進めば、炭焼広場に着きます。
炭焼広場
炭焼広場には、炭焼き窯が二つとベンチなどが設置されています。 市民の森の案内図もあります。
炭焼広場
「雑木林」の木は、15〜20年おきに定期的に伐採して、薪や炭に利用してきました。 切り株から新たに伸びてくる芽を育てる「萌芽更新」という方法で、育てて切っては使っていました。 根本から何本かに分かれている木は、そのなごりです。 かつてここ荒井沢地区でも、炭焼きの窯が5〜6あったそうです。 焼いたのはコナラ、クヌギ、サクラなどが中心で、共同で冬場に次から次へと休みなく作業したといいます。 右の写真の炭窯は地区内のお宅に残っていたもので、昭和30年代の半ばまで使用されていたそうです。 今は草くしていますが、その当時は、一度に50貫(約200kg)の炭を焼くことができたとか。 雑木林は、このように繰り返し木を切って利用したり、冬に積もった落ち葉をはきとって堆肥に使ったりと、 人が利用することで様々な環境が生まれ、動植物の豊な林となっていました。 この荒井沢市民の森でも、林の復元と森林資源の有効活用をめざして、 炭焼きの施設を導入しました。本格的な炭窯は、炭化に24時間以上、その後、 窯が冷めて取り出せるようになるまで4〜5日かかりますが、ここに設置した炭窯は、材を約8時間で 炭化させることができ、翌日には取り出せるようになっています。 また、ここでは尾根に降った雨水をためて作業用に利用しています。
炭焼広場を出て更に進んでいくと、市民の森入口で最初に見た特徴的な断崖が正面右手に現れます。 炭焼広場に近い所はまだ以前のミニゴルフ場コースのままになっていますが、 もう営業していないのか、プレイをしている人は見かけませんでした。 コース全てが墓苑になってしまうのでしょうか。 それとも一部でも残されるのでしょうか。 ちょっと気になります。
市民の森入口
コースを右手に見ながら広くなった道を降っていくと、市民の森入口に着きます。 途中で二又に分かれていますが、どちらの道を行っても同じ所に着きます。 市民の森入口からは、元来た道を天神橋バス停へと歩いていきます。 県道23号に出て左手に150mほど進んでいくと、天神橋バス停があります。
天神橋(てんじんばし)バス停
大船駅(JR東海道線)東口ターミナルまで、大船駅行きバスにて8分、 1時間に15本程度の便があります。