上郷市民の森
散策:2003年12月上旬
【横浜市民の森】 上郷市民の森
概 要 栄区の東部の住宅街に、離れ小島のようにポツンと存在する、 お椀を伏せたようなこんもりとした小さな森です。 頂上の清兵衛広場にはアジサイの木が沢山植えられていて、季節になると綺麗に彩られます。
起 点 横浜市 紅葉橋バス停
終 点 横浜市 山手学院入口バス停
ルート 紅葉橋バス停…旧清兵衛広場入口…清兵衛広場分岐…展望台広場…清兵衛広場…尾月地区出入口…日枝神社…山手学院入口バス停
所要時間 1時間50分
歩いて... 小さな森ですが結構起伏があったりします。ここはアジサイの咲く季節にも訪れてみたい所です。 県道を挟んだ先には、瀬上市民の森など、いくつかの市民の森が集る所もあるので、 足を伸ばしてみるのもいいかも知れません。
関連メモ 今のところ、関連メモはありません。
コース紹介
紅葉橋(もみじばし)バス停
港南台駅(JR根岸線)から、[港33][港39][港83]桂台中央行きバス、[港35][港85]庄戸行きバス、 [港36][港37][港86]ネオポリス行きバス、[港40]栄プール行きバス、[港84]犬山行きバス、 [港87][港88]港南台駅行きバス、[港90]北桂台行きバス,または, [港93]みどりが丘住宅行きバスにて11分、 1時間に8本から10本程度の便があります。
大船駅(JR東海道線)東口ターミナルから、 [船07]栄プール行きバス、[船08]金沢八景駅行きバス,または,[船09]みどりが丘住宅行きバスにて15分、 1時間に4本から5本程度の便があります。
バス道路を50mほど戻った所に、信号機のない横断歩道があります。 交通量がかなり多くて、向こう側に渡るのが大変ですが、 何とかタイミングを見計らって渡り、正面の坂道を降っていきます。 降りかけた右側に市民の森の案内図があるので、参考にしましょう。
旧清兵衛広場入口
青く塗られた短い山入橋を渡っていくと、道が二又に分かれています。 そばにある道標には、右は「清兵衛広場入口」とありますが、 先ほどの案内図によると、その道は今は廃止になっているようなので、 「見晴台」を目指して、そのまま川沿いを進んでいきます。
明るい街、きれいな水路
 (上郷町内会、横浜市下水道局)
少し行くとコンクリートの橋があり、その先の竹薮の所で道が二又に分かれています。 右へ曲がって、少し登り気味の道を進んでいきます。
やがて正面にコンクリートの壁が見えてきます。 道標に従い、その左手にある広い石段を登っていきます。
階段を登りきると、正面にはゴルフ練習場が広がっています。 ゴルフ練習場を左に見ながら、右手に続く道を進んでいきます。 左手には金網が続き、趣きはありません。 ここにも市民の森の案内図があります。
ネットの下をくぐっていくと、道はやがて森の中へと入っていきます。 杉林の中に横木の階段が現れます。 そんなに長くはありませんが、少し急な登りになります。
清兵衛広場分岐
横木の階段をジグザグに登っていくと分岐があります。 右は清兵衛広場への道ですが、このまま直進して見晴台へと進んでいきます。
更に登っていくと、左手に別れていく道があります。 道標に従ってその道を登ると、すぐに尾根に着きます。 正面に降っていく道は日枝神社への道で、展望台はこの左手すぐの所にあります。
展望台広場
展望台広場にはベンチが3つほど設置されていますが、 「広場」と言えるほど広くはありません。 樹木が切れている所から付近の街並みを見渡せますが、 標高が低いこともあり、それほどの景色ではありません。
展望台から先ほどの分岐まで戻り、一旦右手の階段を降りていきます。 道標のある所まで降りてから、左手の階段を登っていくと、再び尾根に着きます。
ここからは緩やかな尾根歩きになります。 黄葉した落葉を踏みしめながら進んでいきます。
上にあがるな
歩行禁煙
しばらく進んでいくと、少し開けて明るい場所に着きます。 ここが、清兵衛広場分岐から登っていた道との合流地点になります。 道標に従い、清兵衛広場へは正面の道を進んでいきます。
少し進んで、小さな鞍部を過ぎると、間もなく清兵衛広場に着きます。
清兵衛広場
清兵衛広場は広い場所で、この市民の森の中心的な所です。 東屋やベンチがいくつも設置されているので、休憩していきましょう。
ゴミは持ち帰りましょう。
 (上郷市民の森愛護会)
どんな火もいやです、山はみどり好き
山火事予防
 (神奈川県)
展望所もありますが、手前の樹木がじゃまをして、展望は今ひとつでした。 清兵衛広場にはアジサイの木が多く植えられていて、季節になると綺麗に咲きそろいます。
アジサイの木の向こう側には、杉の疎林が広がっています。 ここにも市民の森の案内図があります。 ここの案内図は、この市民の森ができた当所の物らしく、 最初の旧清兵衛広場入口からのルートもしっかりと記してありました。 でもどうして廃止になったのでしょうか。 このルートがあると、より広がりのある森になったのにと思います。
清兵衛広場から北側の植林帯を降っていきます。 横木に板が打ち付けてあって、歩きやすくなっています。
しばらく降っていくと、道は左に曲がります。 分岐でもないのに道標があり、左は「新大船上郷台出口」、手前は「清兵衛広場・見晴台」となっています。 角の所をよく見ると、以前は使われていたらしい道の痕が右手に続いています。 どうやら、案内図で「通行止め」として書かれていた旧清兵衛広場入口からの道が、ここまで続いていたようです。 この辺りが一番低い所で、ここを曲がると次第に登り道になります。
下にプロパン会社あり
火気厳禁
 (上郷市民の森愛護会)
横木の階段を登りきると分岐があります。 左へ登っていくと清兵衛広場に着きます。 このまま真直ぐに降っていくと尾月地区へ出ます。 ここは直進して、尾月地区まで降っていきましょう。
歩行禁煙
 (栄消防署、上郷市民の森愛護会)
尾月地区出入口
板が打ち付けてあって歩きやすい横木の階段を降っていくと、 やがて舗装された道路が見えてきます。 道路に降りた所に市民の森の案内図があります。 ここの案内図はこれまでのとは違い、新しく作り変えられたようで、 イラストの感じも少し違っています。 また、廃止されたルートは綺麗に消えています。
尾月地区から引返して山道を登っていきます。 先ほどの分岐を右折して清兵衛広場へ向います。
守ろう・大切な自然
横浜では自然と生き物にふれあう事業を進めています。(横浜市緑政局)
ケヤキ ホウキ形の雄大な樹形。(花期)4〜5月、(果期)10月。
コナラ 雑木林の代表種。秋の紅葉が美しい。(花期)4〜5月、(果期)10〜11月。
クヌギ 日本一りっぱなドングリ。(花期)4〜5月、(果期)10月。
ミズキ 荒れ地にまっさきにはえてくる木。(花期)4〜5月、(果期)10〜11月。
シロスジカミキリ 灰色の体に黄色いすじがあり、長い触角の大きなカミキリ。キイキイという音を出す。
アブラゼミ 茶色の大きなセミ。数も多く、夏になると「ジリ、ジリ、ジリ・・・・・・」とよく鳴く。
アゲハチョウ 黄色と黒の模様がはっきりした大きくてきれいなチョウ。ミカンの仲間の木に卵を生む。
コクワガタ 雑木林で生活する。名前のように小型の黒いクワガタ。牙もあまり大きくない。
ヒヨドリ ヒーヨ、ヒーヨという鋭く大きな声でよく鳴く。尾が長く体つきはスマート。
ムクドリ 白い顔に黒っぽい体。オレンジ色のくちばしと足。飛ぶと腰と尾の先の白がよく目立つ。
メジロ スズメより小さな黄緑色の小鳥。名前のように目に白い輪がある。動きは早くすばやい。
ツバメ 光沢のある濃紺の背と白い腹のコントラストがきれい。細く2つに分かれた燕尾が特長。
オナガ 名前のように長い尾。黒い頭に、水色の背、翼、尾がきれい。リューイなどと鳴く。
シジュウカラ 白と黒のコントラストがきれいな小鳥。白い腹にはネクタイのような模様が目だつ。
キジバト デデッポッポポーと、のどかに鳴く。翼にはウロコ模様、首筋に青い斑点が目だつ。
カワラヒワ スズメ位の緑がかった茶色の鳥。飛ぶと翼の黄色い大きな斑点がぱっと目だつ。
清兵衛広場を過ぎ、その先の分岐を過ぎていくと、展望台広場から登ってきた尾根に出ます。 展望台広場へはここを左へ降っていくとのですが、 日枝神社を目指して、右正面の道を降っていきます。
少し降っていくと、展望台広場からの降り道が合流します。 ここにも市民の森の案内図があります。 更に降っていくと、民家のある舗装道路に出ます。
舗装道路を左へ進んでいくと、左手に戻るようにして、日枝神社参道があります。
日枝神社
参道を進んでいき、広場の横にある鳥居をくぐると日枝神社に着きます。 本殿だけの小さな神社です。 本殿に「謹賀新年」のポスターが貼ってありました。 「本年もよろしくお願い致します」とのことですが、「本年」とはいつのことなのでしょうか。 来年(2004)のことなのか今年(2003)のことなのか、などとと考えながら、しばらく見ていました。 来年のことだとすると、ちょっと気が早いようにも思いますが、どうなのでしょうか。
参道を引返し、右に戻るようにして住宅街の坂道を降っていきます。 尾月第一公園を過ぎていくと、先ほどの市民の森の尾月地区出入口があります。 ここの案内図で、県道原宿六浦線への道を確認しておきましょう。 道なりに左へ曲がっていき、住宅街を抜けて尾月橋を渡っていきます。 橋の先にある山手学院入口交差点の信号を左折していくと、山手学院入口バス停があります。
注意
公園(広場)内で犬を放すことは、条例等で禁止されています。 また、他の人に迷惑をかけたり、危険をおよぼす恐れがありますので、 絶対に犬を放さないでください。
 (横浜市緑政局公園緑地事務所)
みなさんは、ご存知ですか?
公園での犬のフンの後始末を善意でお掃除して下さっている方々のことを!!
草とりの時に、犬のフンで大変イヤな思いをしています。 犬のフンは飼い主が始末しましょう。
犬の放し飼いで、過去に傷を負わされた方がいらっしゃることを!!
犬は小さな子供に飛びかかったり、じゃれたりします。 時にはとても危険なので、放し飼いはやめましょう。
砂場は子供の遊び場です。犬を入れないでください。
 (尾月自治会)
山手学院入口(やまてがくいんいりぐち)バス停
港南台駅(JR根岸線)まで、港南台駅行きバスにて9分、 1時間に8本から10本程度の便があります。
大船駅(JR東海道線)東口ターミナルまで、大船駅行きバスにて13分、 1時間に5本から6本程度の便があります。