駒ケ岳
散策:2003年08月中旬
【低山ハイク】 駒ケ岳
概 要 箱根の中央火口丘の一つである駒ケ岳から、神山を経由して早雲山駅までのハイキングコースを歩きます。 山頂からは、芦ノ湖・富士山・伊豆半島・相模湾・駿河湾などを一望できる大パノラマを満喫できます。
起 点 箱根町 中央バス停
終 点 箱根町 早雲山駅
ルート 中央バス停…箱根園駅〜頂上駅…駒ケ岳…防ヶ沢・お中道分岐…神山…冠ヶ岳分岐…冠ヶ岳…早雲山・大涌谷分岐…お中道分岐…早雲山駅
所要時間 4時間50分
歩いて... この日はあいにくと雲がかかっていて、駒ケ岳山頂からの大パノラマを見ることはできませんでした。 しかし、下から湧き上がってくるヒンヤリとした白い雲に包まれて、 幻想的な雰囲気の中での避暑体験をすることができました。
関連メモ 今のところ、関連メモはありません。
コース紹介
中央(ちゅうおう)バス停
小田原駅(JR東海道線)から、箱根町行きバス(箱根登山バスまたは伊豆箱根バス)にて50分、 1時間に4本程度の便があります。
西湘バイパスからの道が合流する地点を過ぎるまでは道路がかなり混雑し、 予定通りに運行できない場合が多いので、時間に余裕を持って早めの便に乗りましょう。
元箱根園地
バス停から少し戻り、「歓迎 芦ノ湖遊覧船のりば」のゲートをくぐり、 遊覧船のりばの前を右折して芦ノ湖岸沿いの元箱根園地を進んでいきます。 ここに周辺の案内図があるので、これからのコースを確認しておきましょう。 芦ノ湖畔の道を辿って箱根園へ行き、そこからロープウェイで駒ケ岳山頂まで登ります。 右前方には、これから登る駒ケ岳がそびえています。 この日は快晴という訳にいかず、山頂には雲がかかっていました。
観光船の発着および強風の時、突然の高波に注意して下さい。
 (神奈川県小田原土木事務所)
「箱根神社」の大きな幟の下を過ぎてすぐの所から、石畳の遊歩道が湖畔に続いています。
2分ほど行くと、朱塗りの太鼓橋と船倉があり、九頭龍伝説と湖水祭についての解説板があります。
箱根神社・湖水祭の由来
湖水祭は、毎年7月31日に斎行される当神社年間最大の祭り。 例大祭の宵宮に執行される古神事で、箱根権現御手洗の池と尊ばれてきた芦ノ湖の主・九頭龍権現の 御神徳を讃え、水恩に報謝するものです。古式に則り、特殊神饌の御供(三升三合三勺の赤飯=熟饌)を 捧げて湖心を鎮め、龍神の御心を慰め奉る美わしい日本の代表的な祭りです。 御供の赤飯は、精進潔斎した神職が奉製し、忌火をもって炊き上げ、新調の御櫃に納めて 神前に供するまで、一切余人を交えずに行います。祭典は境内の斎場で執行されたのち、 御供を捧持して行列を整え湖岸まで進み小舟に乗り、御供船、楽船、お伴船の順で進発します。 しかし、湖上の大鳥居前から先は、宮司一人が乗る御供船のみが湖心に行き、 浄暗の裡に(くらやみに中で)神秘の神事を執り行います。
九頭龍伝説と湖水祭の起源
箱根の霊山・駒ケ岳に跪伏して修練苦行すること3年、遂に箱根大権現を奉じた萬巻上人は、 天平宝字元年(757)大きな試練を克服されました。そのころ、芦ノ湖に棲む九頭の毒龍が、 しばしば雲を呼び波を起こして荒れ狂い、里人を苦しめていました。 萬巻上人はこれをみて、里人たちを救済しようと決意され、 湖水に壇を設け、参籠祈誓して、法力(超能力)を使って毒龍を調伏されました。 懺悔した九頭龍は、やがて宝珠と錫丈・水瓶を捧持して帰依したので、 上人は龍神として手厚くこれをお祀りされました。 今日でも梅雨の頃、よく湖は荒れますが、霖雨を祓い清めるように、毎年7月31日に 斎行されるのが湖水祭です。これは、すぐれた本社の伝統祭祀であります。
(注)船倉の和船は、優れた技法で文化財級とされています。
関東総鎮守 箱根神社
船倉から少し行くと、箱根神社の大鳥居が湖面に浮かんでいます。 ここから石段がまっすぐに神社まで続いています。
御祭神 箱根大神 瓊瓊杵尊、彦火火出見尊、木花咲耶姫命
由緒略記
当神社は悠久の昔から、箱根の霊山と景仰された神山・駒ケ岳におまつりされた 古代山岳信仰に起源し、奈良時代の天平宝字元年(757)箱根三所権現として 現在地に奉還されました。 爾来、源頼朝をはじめ徳川家康等歴世の武将達が崇敬した関東総鎮守の社として名高く、 かつまた修験の霊場として栄え、箱根の権現様と親しまれ、厄除開運・交通安全・心願成就に 御神徳の高い神様として庶民の信仰を集めてきた古大社です。 御皇室の尊崇も事のほかめでたく、近年では明治天皇、大正天皇に続き、 昭和55年には天皇皇后両陛下の御親拝を仰ぎました。
湖畔の遊歩道を更に進んでいきます。 山のホテル「サロン・ド・テ ロザージュ」の前を過ぎて車道をかすめ、 快適な遊歩道が更に続きます。
小さな吊り橋を渡って5分ほど行った所に、石塔群がありました。 これからの安全を祈っていきましょう。
一度車道に出て50mほど進むと、再び湖畔に遊歩道が続きます。 芦ノ湖畔の景色を楽しみながら歩いていくと、やがて遊歩道も終わりになります。
再び車道に出て、10分ほど行くと箱根園の駐車場が見えてきます。 その向うにロープウェイ乗り場があります。 中央バス停から50分ほどで着きます。
駒ケ岳ロープウェイ箱根園駅
玄関を入って階段をしばらく登っていくと券売所があります。 山頂までの片道切符を買うと、係りのおねえさんに 「ハイキングですか?大涌谷への道は通行止めなので歩かないでくださいね」と言われました。 改札口を出ると、乗車記念だといって、 係りの人がロープウェイに乗る人を数人ずつ写真に撮っていました。 山頂から降りてきた時に貰えるのかも知れませんが、 片道切符の私には縁がなさそうです。
ロープウェイに乗って山頂へ向います。 山頂は雲がかかっていてよく見えません。 幻想的な光景で、何か不思議な感じがしました。
時々は雲が切れて山頂が見えることもありましたが、またすぐに雲に隠れてしまいます。
駒ケ岳ロープウェイ頂上駅
山頂の周りには遮るものが何もなく、かなり強い風が吹いていました。 下から湧き上がってくる雲で頂上駅も隠れてしまいます。 「帽子やタオルなどを飛ばされないように」との放送もしていました。
山頂からは360度の大パノラマが広がっているはずなのですが、 雲の中の白い世界に包まれていて何も見えません。 正面の駒ケ岳山頂にある元宮もほどんど見えません。 雲が切れるのをしばらく待ってみましたが、シャッターチャンスはありませんでした。
雲の中に続く道を駒ケ岳山頂目指してひと登りします。 何か秘境にでも来たような不思議な感覚になります。
緑は友だち国有林
森林は、木材を供給し、国土を守り、水を供給し、緑豊かな環境づくりをしてくれます。 営林署は、みなさんからおあずかりした国有林を立派な森林に育てるようつとめています。
・貴重な森林を山火事から守りましょう。
・草木を愛しみどりの国土を守りましょう。
 (東京神奈川森林管理署)
駒ケ岳 (標高1357m)
駒ケ岳の山頂には元宮が建っています。 この日は雲の中に包まれて、近くまで来てもはっきり見えるのは一瞬しかありませんでした。
箱根駒ケ岳 元宮解説
駒ケ岳は北に霊峰神山を拝し、今を去る凡そ2400年以前、人皇5代孝昭天皇の御代、 聖占仙人はこの神山に鎮ります。箱根大神(天御中主神、高皇産霊大神、神皇産霊大神、 瓊々杵尊、木花咲哉姫命、彦火々出見尊)の神威を感じ、駒ケ岳に神仙宮を奉斎し、 次いで利行大人、玄利老人等この神霊を崇め、神山を天津神籬とし、 この神の霊威は天地に輝き、霊徳は四海に及び歴代天皇と始め貴賎の別なく慕敬登拝する者、 霊霞の如しと謂われ、人皇29大欽明天皇の御代に至って佛教が渡来し、古来の神道思想と 佛教思想とが渾然一体となり、この駒ケ岳山頂には全国各地から修験者が集り、錬行苦行の 霊場として世に聞えわたったのであります。 次いで人皇46代孝謙天皇の御代に、当時の高僧萬巻上人はこの神々の霊夢神示を受けて 箱根権現と号し、天平宝字元年に山麓の万字ヶ池(芦ノ湖)の辺に里宮として創めて、 御社殿を造営し、山上の元宮と共に奉斎祭祀を行ったのであります。 里宮である箱根権現は御社殿建立と共に、皇室を始め各時代の将軍庶民の尊崇極めて厚く、 明治維新、神佛分離に因って箱根神社と改称せられたが、関東総鎮守として御神徳益々高い霊神と 仰がれています。即ちこの駒ケ岳の山上此の処に元宮として祀る所以であります。 この岩を馬降石・馬乗石と謂われ、箱根7名石の一つとなっています。 太古この岩に箱根大神が白馬に乗って出現せられたと伝えられています。 この岩に残る春雪の形状は奔馬の形となり、その年の田畠の豊凶を予知するとの信仰が生れ、 岩には馬蹄に似た穴があって、いかなる日照にも水が乾いた事がないと伝えられています。
駒ケ岳(標高1357m)
箱根の中央火口丘の一つで、神山に次ぐ高い山です。 箱根の山岳信仰では、古くから神山を神と仰ぎ、駒ケ岳山頂をその祭りの庭としてきました。 山頂にはハコネコネツツジ、コイワザクラ、ハコネトリカブト等が多く見られます。
 (箱根町)
駒ケ岳山頂遺跡
元宮の前に、「駒ケ岳山頂遺跡」と書かれた標識と解説板がありました。
白馬の伝説
孝昭天皇の頃、聖占上人が山頂に神仙宮を祀り、修験の場所としました。 今に残る馬降石・馬乗石はここに白馬が降りたとする名残りとしています。 岩肌には馬の形が刻まれ、またそのヒズメのあとと伝えられるくぼみには、 どんな日照りにも水が涸れたことがないといわれています。
 (箱根町教育委員会、伊豆箱根鉄道株式会社)
駒ケ岳山頂からの大パノラマを堪能したら(できなかったけど)、神山へのハイキングコースを進んでいきます。
神山と駒ケ岳の植物
古い箱根山の800m以上の地域は、ブナ・カエデなどの落葉広葉樹でおおわれています。 となりの神山ではその姿が残されています。また駒ケ岳は強い風の影響をうけ、 ササ・シモツケソウなどの草原となり、となりあわせていながら二つの山は違った植物の ようすを示しています。
 (伊豆箱根鉄道株式会社)
これから向う神山が、雲に隠れながらも時々は全容を見せてくれます。
緑の草原の中を降っていくと、やがてT字路があります。 「神山・大涌谷」を示す道標に従って右折していきます。
山頂付近は風が強いためか、高さが低く幹も曲がりくねった樹木の森が続きます。 所々で「一方通行」になっていました。道幅が余り広くはないので、 登りと降りでコースを別けているのでしょう。
ハイキングコースの所々に「水切り」がありました。水の流れで道が崩れてしまわないようするものです。
ハイカーのみなさんへ
この水切りはコースを保護するためのものです。一握りでも結構ですから土砂の取り除きにご協力ください。
 (箱根町)
駒ケ岳山頂から15分ほど降ってくると鞍部の小さな広場に着きます。 正面にはこれから目指す神山、背後には駒ケ岳が望めます。 景色を楽しみながら小休止していきましょう。 ここからは神山への登りになります。
防ヶ沢・お中道分岐
広場の先に続く道を行くと、すぐに防ヶ沢・お中道分岐があります。 左は防ヶ沢への道、右はお中道を経由して早雲山への道で、神山へは正面の道を登っていきます。 所要時間を記したコース案内図もあるので参考にしましょう。 同じ案内図は、本ハイキングコースの数ヶ所に設置されています。
ハコネコメツツジの特徴
・樹・・・高さは約20〜60cmで岩場をはうように繁茂しています。
・花・・・7〜8月ごろ筒状の白い花をつけ、先が浅くやくは縦にさけています。
・分布地・・・箱根を中心に富士火山帯に点在しています。
 (箱根町教育委員会、平塚営林署)
あなたは、山と恋人を愛する人?山と良心を汚す人?
空き缶・ゴミ、恋人も捨てないで!!
皆さんへのお願い
箱根は国立公園です。植物の採取はできませんが、 箱根町では特に自生するハコネコメツツジを天然記念物として指定し、 保護をしていますので採取しないでください。 もし採取しますと、自然公園法や森林法、さらに町文化財保護条例の違反となって罰せられます。
登り始めて、しばらくはV字に掘れた道が続きます。 雨水が土を流していったのでしょう。 靴が一つやっと置ける程度の幅しかなく、歩き難いったらありません。
やがて尾根にでてV字道は終わり、しばらくは快適な道が続きます。 平なら道になると何だかホッとします。
石がゴロゴロしたところを過ぎると、道が広くなって歩きやすくなります。 周りは雲がかかっていて真っ白で何も見えませんでした。
神山 (標高1438m)
鞍部の広場から35分ほどで、三角点と天照大御神の祠のある神山の頂上に着きます。 山頂は樹木に覆われていて展望は得られませんが、 頂上の先の北側と、頂上直下の西側には見晴らしの良い所があり、 富士山や箱根の山々を見渡せるとのことですが、残念ながら雲の白いベールに包まれていました。
神山(標高1438m)
箱根山の最高峰で、駒ケ岳、二子山などとともに中央火口丘を形成しています。 古くから、神の山として崇められてきた山岳信仰の霊山です。 ハコネサンショウバラ、ヤマボウシ、ブナが多く見られます。
 (箱根町)
神山からは、「大涌谷」を示す道標に従い、左手の道を降っていきます。 「大涌谷への道は歩かないでね」と言われているので、 この道で合っているのかなぁと思いながらも進んでいきます。 こちら側にはV字型の道がないので、登り側よりも若干は歩き易いです。
正面には、これから向う冠ヶ岳が見えます。 ポコッとした感じが何となく「烏帽子」を連想させます。
神山から9分ほどで、少し開けた鞍部に着きます。 この辺りまでくると、時折、風に乗って硫黄の臭いが漂ってきます。
冠ヶ岳分岐
鞍部から少し行くと、冠ヶ岳への分岐があります。 誰が置いていったのか、道標には帽子が掛けられていました。 左の道を登って小さな祠を過ぎていくと、分岐から6分ほどで冠ヶ岳の頂上に着きます。
冠ヶ岳
冠ヶ岳の山頂からの眺望は、神山よりもほんのわずかですが開けていて、 樹木の間から大涌谷や金時山が望めます。
冠ヶ岳
この山は、仙石原方面から見ると烏帽子のように見えることから冠ヶ岳と名付けられ、 粘性の高い溶岩が柱状のまま固まってできた山です。10月末になると付近一帯が 色づき始め、箱根の秋のすばらしさを満喫できます。
ごみの持ち帰り運動
みんなの山を汚さないで! 登山口(出口)に備え付けのダストバスケットまで、必ずゴミを持ち帰りましょう。
 (観光美化推進都市 箱根町)
分岐まで戻って先へ進んでいきます。 熊笹で覆われた道がしばらく続きます。
早雲山・大涌谷分岐
分岐から30分ほど降っていくと、早雲山と大涌谷への分岐に着きます。 道にはロープが張られ、通行止めの説明板がありました。 そばには「駒ケ岳国有林。美しい箱根のみどりを守りましょう」と書かれた柱が立っています。
ハイキングコース通行止め
次の区間は、火山ガスのため通行できませんので、お知らせします。
通行止め区間:大涌谷⇔大涌谷分岐点
 (箱根町)
早雲山駅を示す右側の道を進んでいきます。 大きな岩がころがっている道を登っていくと、やがて歩きやすい道になります。
お中道分岐
分岐から8分ほどで、駒ケ岳から神山を通らずにきたお中道と合流します。 道標に従い、左折して「早雲山駅」を目指します。
15分ほどは緩やかな尾根道を降っていくと、 九十九折のかなり急な道が続くようになります。
雑木の中に杉や桧が混じるようになると、早雲山駅はもうすぐです。 杉林を出て左折していくと、正面に早雲山駅が見えてきます。
早雲山(そううんざん)駅
お中道との合流地点から55分ほどで、ゴールの早雲山駅に到着です。
早雲山駅は、強羅から登ってくるケーブルカーと、桃源台へのロープウェイの中継場所になっています。 ここからケーブルカーで強羅へと降りていきます。 平日には1時間に3本程度、土休日には4本程度の便があります。 強羅からは箱根登山鉄道に乗り継いで、箱根湯本や小田原へと向かいます。