二子山
散策:2003年04月中旬
【低山ハイク】 二子山
概 要 二子山は、三浦半島の真ん中辺りに位置し、逗子市と葉山町の境になっています。 二つの峰が双子のように並んでいることから「二子」の名前がついたと言われています。 谷川に沿って、木々の香りや小鳥のさえずりを聞きながらの快適な林道歩きができます。
起 点 葉山町 長柄交差点バス停
終 点 葉山町 長柄交差点バス停
ルート 長柄交差点バス停…笠原商店前の庚申塔…御霊神社…馬頭観音…二子山(上の山)…二子山(下の山)…南郷上ノ山公園…長柄上の庚申塔…長柄交差点バス停
所要時間 4時間30分
歩いて... 谷川に沿って、木々の香りや小鳥のさえずりを聞きながらの快適な林道歩きができます。 山頂からは、東京湾や横須賀の街並みが一望できます。
関連メモ 阿部倉山, 乳頭山, 乳頭山, 二子山, 森戸川回峰, 二子山, 葉山アルプス, 二子山, 葉山アルプス, 葉山アルプス
コース紹介
長柄交差点(ながえこうさてん)バス停
逗子駅(JR横須賀線)から、[逗1]葉山福祉文化会館行きバス、 [逗2]葉山行きバス、[逗4]大楠芦名口行きバス、[逗5]横須賀市民病院前行きバス、 [逗6]長井行きバス、[逗7]佐島マリーナ入口行きバス、[逗13]上山口小学校行きバス、 [逗15]衣笠駅行きバス、または、[逗28]南郷中学校行きバスにて6分、 1時間に5本程度の便があります。
長柄交差点バス停から歩き出し、二子山に登り、再び長柄交差点バス停へ戻ってきます。 東逗子駅からと長柄交差点からのコースがありますが、今回は、長柄交差点からのコースを 紹介します。
笠原商店前の庚申塔
バス停から少し行くと庚申塔があります。 道路脇の少し高くなった所にひっそりと佇んでいます。
御霊神社
長柄交差点から桜山丘陵に沿って続く道には、のどかな田舎道の雰囲気が残っています。 途中には御霊神社があります。深い森に覆われた長柄の里の守り神です。
松久保川に架かる川久保橋を渡り、県道311号を横切ると森戸川沿いの道になります。 大山橋の手前を左折して進んでいんでいくと、宅地化が進む中にも田畑が残っていました。 田んぼにレンゲが植えられて綺麗に彩られていました。
馬頭観音
森戸川に沿って進んでいくと、路傍に馬頭観音が立っています。 ここを過ぎていくと次第に民家が減り、川沿いの林道となります。
車止めのゲートを過ぎていくと、一段と雰囲気が増してきます。 新緑が始まる季節になって、木々も生き生きとしています。
途中で、川辺まで降りていくことができる所があります。 谷川を流れる水の音を聞きながら、爽やかな林道歩きが続きます。
この日は風が強く、峯の木々が風に吹かれてザーッという音をたてていました。
小さなダムを過ぎると谷が少し広くなってきますが、 木々が生い茂っているので余り見通しはよくありません。
バードウォッチングをしている人を何人か見かけました。 何がいるのでしょうか? この辺りで林道から離れ、「二子山順路」の道標に従って、 狭い谷道を登っていきます。
何回か浅瀬を渡りながら、沢沿いの谷道を登っていきます。 水場が一箇所あり、コップが置いてあったりします。
やがて、道は谷道から尾根道に変ります。 しばらく行くと、JR東逗子駅への分岐があります。
注意
どこにも危険はひそんでいます。
 ・山をよく知っている人と行動しよう
 ・知らない道に入るな
 ・ゆだん、過信するな
更に少し進むと、狭い山道が終わって広い林道に出ます。 ここからは快適な道になります。
この森では多くの種類の野鳥が見られます。
カワセミ 全長17cm。 全国で繁殖し、冬には北のものは南へ移動する。 停空飛行をしてねらいをつけ、水中に飛込み魚を捕まえる。 水辺の近くの土の崖に巣穴を作る。 チーと鳴く。
セキレイ 全長20cm。 全国で繁殖し、冬には北のものは南へ移動する。 他のセキレイ類より川の上流に生息する。 下面が黄色で、上面が灰色。 川岸で虫を捕まえる。 チチチチ・・と鳴く。
シジュウカラ 全長14.5cm。 留鳥として市街地から山地に生息する。 頭は黒く胸に黒いネクタイ状の帯がある。 巣箱をよく利用し、昆虫等を食べる。 ツツピーとかジュクジュクと鳴く。
カワラヒワ 全長14.5cm。 留鳥として河原や林に生息し、市街地でもよく見られる。 全身がオリーブ色で、飛ぶと翼の黄色の帯が目立つ。 草の実や昆虫を食べる。 キリキリコロコロと鳴く。
シロハラ 全長24cm。 冬鳥として本州以南の丘陵地の暗い林に渡来する。 背面は褐色、雄の顔は黒味をおびる。 落ち葉をかきわけてミミズなどを捕まえる。 キョッキョッと鳴く。
ヤマガラ 全長14cm。 留鳥として丘陵地帯から山地に生息する。 胸から腹にかけて赤茶色。 虫や木の実を食べる。 木の実を樹皮の割れ目などに隠す習性がある。 ツーツーピーと鳴く。
シメ 全長18cm。 北海道で繁殖し、本州以南で越冬する。 全身が灰褐色で、尾が短くずんぐりしている。 木の実を食べ、種子は太いくちばしで割って食べる。 キチィやスイーと鳴く。
ツグミ 全長24cm。 冬鳥として川原や畑に渡来する。 眉が白く、上面は褐色。 個体により色の変異が大きい。 地面でミミズを捕まえるほか、木の実を食べる。 クエックエッと鳴く。
アオジ 全長16cm。 北海道と本州の山地で繁殖し、冬は暖地へ移動する。 雄の頭は緑灰色、メスの頭は色が淡く目の上に黄色の斑がある。 昆虫や草の実を食べる。 チィーチュルリーやジッと鳴く。
マヒワ 全長12.5cm。 北海道で小数が繁殖するが、多くは冬鳥として山地に渡来する。 全身が黄緑色、雄の前頭部は黒色。 冬は群れで行動し、ハンノキなどの実を食べる。 チュィーンと鳴く。
ジョウビタキ 全長14cm。 冬鳥として渡来する。 雄は頭が灰色で顔は黒、雌は全身が灰褐色。 雄雌とも1羽1羽なわばりを持ち、虫や木の実を食べる。 ヒッヒッやクワックワッと鳴く。
ホオジロ 全長16.5cm。 全国で繁殖し、冬には北のものは南へ移動する。 やぶや林縁に生息する。 ほおは雄では黒い路、雌は褐色。 昆虫や草の実を食べる。 「一筆啓上仕り候」と聞きなされる。
トビ 全長:雄58.5cm、雌68.5cm。 留鳥として海辺から山地にかけて生息する。 全身が褐色、飛ぶと翼の先の下面に白い斑がある。 魚の死体などを食べる。 ピーヒョロロと鳴く。
ホトトギス 全長27.5cm。 夏鳥として丘陵地から山地に渡来する。 背面は青灰色で、腹は白く黒色の縞模様がある。 主にウグイスに托卵して雛を育てさせる。 テッペンカケタカと鳴く。
コゲラ 全長16cm。 留鳥として山地から丘陵地に生息する。 背は黒褐色で白い横縞がある。 枯れ木に穴を掘って巣をつくる。 幹や枝の割れ目で虫を捕まえる。 ギーッと鳴く。
広い林道を進んでいくと、KDDの葉山中継所があります。 その手前から左手に少し登ると、二子山の頂上に着きます。
保健保安林
この保安林は、地域の保健休養の場として役立っています。 森林は、きれいな水や空気の大切な供給源となり、 私達に安らぎと潤いを与えてくれます。 この保安林は、景観を保持し、自然とふれあう憩いの場として、 保健やレクリェーションに活用するため、特に指定されました。 保安林内においては、次の行為は知事の許可を受けなければなりません。
 ・立木竹の伐採及び立木の損傷
 ・土石の採取及び樹根の採掘
 ・その他土地の形質を変更する行為
森林は国の宝です。保護育成のため、後世に引き継いで行きましょう。
 (神奈川県)
二子山(上の山) (標高208m)
二子山には東西に二つの峯があります。 ここはその中の東側の峯で、標高207.9mの標識も立っています。 ちょっとした見晴台や三角点もあります。
見晴台からは、270度ほどのすばらしい展望が得られます。 東京湾や横須賀の街が見渡せます。
二つの峯の間の鞍部を通って、もう一つの峯を目指します。
二子山(下の山)
西側の峯には標識がなく、展望も得られません。
西側の峯から降っていくと、保安林の鉄製の標識が立っており、 そこにマジック類で、案内が書いてありました。
  右下 南郷上ノ山公園へ
  左  阿部倉山経由長柄(逗葉新道へ)
案内に従い、右下へ続く細い道をしばらく降っていくと、舗装道路に出ます。 道路を右手に少し行くと、南郷上ノ山公園があります。
南郷上ノ山公園
公園にはグランドと芝生の広場があります。
広々とした芝生の上に大の字に寝転んで、しばらく青空を見つめていました。 この草の香り・・・何故だか懐かしさを覚えます。 この青い空・・・じっと眺めていると吸い込まれていきそうになります。 この白い雲・・・これはあの形に似ているなぁともの思いに耽ります。 そんな子供の頃の記憶が甦ってきます。
  開園 8:30  閉園 16:30
公園を利用する人にお願い
・危険物の持ち込みや、酒気をおびての利用、その他、他人に迷惑をかける行為は、固くお断りします。
・資料時間は準備・後始末の時間を含んたものですから、準備及び利用後の整理整頓,清掃は、すべて利用者が行なって下さい。
・施設、器具等は大切に利用して下さい。
・駐車場以外の場所に、オートバイ,自転車,自動車の乗り入れはできません。火災,盗難等の事故の防止に努めて下さい。
・鳥獣、昆虫、植物等の採取はできません。また、木や花は傷めないよう心がけて下さい。
・ゴミはお持ち帰りくださるよう、ご協力をお願いいたします。
・有料施設の利用等詳細は、公園管理事務所へお願いいたします。
 (南郷上ノ山公園管理事務所)
長柄上の庚申塔
公園から先程の山道を降りたところに戻り、舗装道路を左手に降っていきます。 南郷中学校のグランド横を過ぎて行くと、逗葉新道に架かる歩道橋があります。 歩道橋を渡り左側へ進んで行くと、庚申塔や仙光院があります。
仙光院
当寺は、長谷山真福寺仙光院と称し、 高野山真言宗(総本山和歌山県高野山金剛峯寺)に属しています。 永正年中(1504〜20年)長覚阿闍梨が開基したと伝えられます。 風土記は「永正中長覚が再興する云々」とあり、永正より前に すでに開基されたと考えられます。 長覚は鎌倉地方に真言宗を広めた真言宗史上重要な名僧でした。 当寺は、戦火や山火事に依り、2回火災に逢い、 現在の本堂は、大正2年(1913)に再建されたものです。 本尊は十一面観音の外、大日如来・毘沙門天・不動明王等を祀っています。 現在は、第36代目です。
 (仙光院住職 敬白)
ひとつの木に、白い色と紅い色の花が混ざって咲いていました。 珍しく思い、写真に納めました。 突然変異なのでしょうか、それとも接ぎ枝でもしたのでしょうか。
長柄交差点(ながえこうさてん)バス停
逗子駅(JR横須賀線)まで、逗子駅行きバスにて6分、 1時間に6本程度の便があります。