山田の里
散策:2003年02月中旬
【里山散歩】 山田の里
概 要 山田の里は、酒匂川沿いの足柄平野の中をいくのどかな御殿場線の東側に広がっています。 沿線には、小田原の早春を彩る曽我の梅林が白富士を背景して広がっています。 有名な曽我の梅林にも近く、梅の花が咲く春先は散策に適した季節です。
起 点 大井町 上大井駅
終 点 大井町 相模金子駅
ルート 上大井駅…山田の水車…了義寺…いこいの村あしがら…獅子窪の名水…相模金子駅
所要時間 4時間00分
歩いて... この辺りは有名な曽我の梅林にも近く、梅の花が咲く春先は散策に適した季節です。 ピンク色に染まった梅林で、心も体もリフレッシュしましょう。
関連メモ 曽我丘陵
コース紹介
上大井(かみおおい)駅
上大井駅(JR御殿場線)から歩き始め、 隣の相模金子駅までの散策コースです。 上大井駅は愛称「ひょうたん駅」とも呼ばれ、 盛夏から晩夏にかけて、多くのひょうたんが涼しげな木陰をつくります。 強い西陽をさけるため、駅の職員がひょうたんを植えたのが始まりで、 今では町のシンボルとなり、町民や観光客の目を和ませています。
駅前に観光案内図があるので、参考にしましょう。 散策コースとして、3コースが紹介されています。
 ・富士見塚ハイキングコース (自然いっぱい)
 ・酒匂川、足柄大橋コース (のんびり散策)
 ・寺社めぐりコース (歴史を訪ねて)
今回は、富士見塚ハイキングコースの途中から了義寺を周回するコースへと進みます。 各所に「富士見塚ハイキングコース」の道標があるので、それに従って行きます。
駅前の県道から分かれていくと、落ち葉いっぱいの道があります。 U字型にカーブする車道のショートカットなのですが、趣のある道です。
雨が降るとぬかるんだり、轍の跡で凸凹になって歩きにくかったり、ということもありますが、 自然の循環サイクルを有効に機能させるためにも、土の道は大切だと思います。 アスファルトの道では、植物たちも息苦しいことでしょう。
車道に出てしばらくいった所に、紅梅と白梅が並んで植えてありました。 一年の内でもわずかな期間のことですが、風情があります。
紅白の梅の木を過ぎると、目の前に田畑が広がっています。
子供の頃、田圃の畦道や用水路でよく遊んだものです。 用水路にいるメダカを網ですくったり、おたまじゃくしを手で捕まえたりしました。 農業という半自然の中で、人と自然がうまく共存できていた時代でした。 メダカが絶滅危惧種になるなんて、子供の頃には想いもしませんでした。
山田の水車
大井町重要文化財
この水車は、水力を利用して、きざみ煙草を作る目的で、 江戸時代後期に作られたものといわれている。 明治31年1月、煙草が専売制度になり、米をつくようになった。 現在でも当時煙草を売っていたという家があり、昔の面影を残している。 以前は5〜6軒の共同水車として利用されていたが、現在は内田耕作氏専用となっている。 本町でもこのような水車を見かけることがなくなり、貴重な建造物を保存するため、 大井小学校改築時の古財を使い、昭和59年完成したものである。
 (大井町教育委員会)
稲藁を円筒形に積み上げたものが田圃の中にありました。 神奈川県内の田圃や畑ではよく見かける光景です。 堆肥にするのでしょうか。
了義寺
了義寺は、地蔵菩薩を本尊とする臨済宗建長寺派の古刹です。 本堂には、桜井雪保作の12枚の杉の板戸絵があり、 竜虎、山水、花鳥が力強い筆法で描かれています。 本堂脇には弁財天があり、荘厳な雰囲気が漂います。
了義寺略伝
当山は鎌倉管領足利基氏が延文5年に創建せしものなり、 而して貞治元年古先印元禅師を鎌倉長寿寺より拝請し来たりて開祖となせり。 師当山に入って化幢を建て、禅堂を弘通すること6年にして鎌倉に帰れり、 其後画僧傑を以て古今に轟きし雪舟和尚当山に往来して益々有名寺となせり、 爾来当山の歴代の住持之の後をついで法運盛んなりしが、慶安年間火災にかかりて 堂宇を焼失し、法運衰退せり、然るに其の后、当山に出家得度せらし琢玄禅師が当山に 往来して、大いに法柄をふるいしにより法運を挽回せり、師は江戸の広徳寺に在りし頃、 幕府の帰崇するところとなりて、其の徳遠近に及びしが、勅を奉じて大徳寺に入るに及んで 芳名当代に揚れり、其の后寛政3年芝山禅師当山を中興して堂宇を全備し僧堂を設けて 江湖の雲柄を教化せり、次いで関堂和尚当山に入って法をついで禅を進めて盛んになり、 当山の名声禅界に上がりしは、芝山、関堂両大禅師が叢林の制度を当山に布きて 大いに化風を揚げし故なり。
現今の伽藍は天明年間、曽根惣右衛門氏が当寺再建を企画し、 寛政3年に建設寄進せしものなり、よって当山においては曽根家の祖 「興源院法洲雲降居士」を中興開其に準ぜり。
曽根宗次郎氏は其の性甚だ英気に富み、事に当たり手で屈せず、 万難を排して家運を興し、其の名一代に揚れり、是を似て大久保候より 名字帯刀を許され、曽根惣右衛門と改称す。 其の后、子孫富を重ね、遂に曽根家は大久保候の御用達と成れり。 曽根氏資性剛直にして利のために志を枉げず、たまたま賊のために 金千両を返附せしところ、氏思えらく一旦賊手にふれし貨幣は不浄物なれば、 之を復た家に貯ふ可からず、宜しく公益の資に供すべしと、由って山田村より 小田原に至る間に石橋を架して諸氏の交通を便にし、又仏家、神社のために 資材を投じて敬信せり、殊に山林四町歩余りを当山に寄附して三宝護持の資に 供わせる故、当山の住職歴代是を似て伽藍修繕の資となせり、 其の功績を似て万世に伝う可き也。
 (飛瀧山了義寺 執事)
了義寺を後にして更に「富士見塚ハイキングコース」を進んで行くと、 「了義寺コース」との分岐に出ます。 ちょっと寄り道して、このまま少し先まで行ってみます。
蜜柑の果樹園で、樹木の枝葉や草を燃やしていました。 勢いよく煙が昇り、辺り一面に広がりました。
きれいな梅林があり、今を盛りと花を咲かせていました。 他のハイカーも、ここで小休憩したり写真を撮ったりしていました。
梅林って、意外と背が低いものなんですね。 私の背丈ほどの高さしかありませんでした。 梅の実を収穫するのには、その方が作業しやすいとは思います。
私の実家の前隣の家に大きな梅の木がありました。 季節になると綺麗な花を咲かせ大きな実をつけました。 その実を採って齧ったりしたこともあり、 ちょっぴり酸っぱい思いをしたものです。 「梅の実は生で齧ると体にあまりよくない」と聞いたこともありますが、 そんなことは気にせずに齧っていました。
いこいの村あしがら
梅林を後にして更に進んでいくと、「いこいの村あしがら」があります。 会議室,レストラン,テニスコート,プールなどがある研修施設です。 宿泊することもできます。 1階ロビーには、パンフレット類がいくつか置いてあります。 地図つきのハイキングガイドをもらって、コースを確認しましょう。 道路を挟んだ向かい側には、郷土資料館や農産加工所もあります。
紅梅が1本咲いていました。 梅,桃,桜は同じような色の花をつけるので、遠目には区別がつき難いものです。
稲荷大明神
一旦、先ほどの分岐まで戻り、左の了義寺コースを進んでいくと、 やがて稲荷大明神があります。
獅子窪の名水
一旦、先ほどの分岐まで戻り、左の了義寺コースを進んでいくと、 やがて稲荷大明神があり、その脇に、獅子窪の名水があります。 水は綺麗で透きとおっていますが、飲んでみると生温い感じでした。 キューンとするほど冷たいと、「うぅ〜ん、名水!」と思えるのですけどね。
菊川に架かる中ノ橋を渡り、「めがねみち」のトンネルを抜けていきます。 国道255号を過ぎ、御殿場線のガード下をくぐると、相模金子駅です。
相模金子(さがみかねこ)駅
相模金子駅(JR御殿場線)は無人駅で、駅舎もありません。 ゲートの上に駅名が記してあることで、ここが「相模金子駅」であることがどうにか分ります。 電車の本数は少なく、朝夕で1時間に2本程度、 正午前後は1時間に1本程度しかありません。