子安の里
散策:2002年12月下旬
【里山散歩】 子安の里
概 要 子安の里は大楠山の西山麓にあり、深い谷で外界と隔てられた隠れ里のような雰囲気のする山里です。 都市計画法の対象地区になっているためか、民家が非常に少ない里です。
起 点 横須賀市 久留和バス停
終 点 横須賀市 湘南国際村バス停
ルート 久留和バス停…関根御滝不動尊…子安の里の入口…子安窯…子安の里の峠…湘南国際村バスターミナルバス停
所要時間 2時間10分
歩いて... 都市計画法の対象地区になっているためか、民家が非常に少ない里です。 自然を保存していこうという気持ちは伝わってきますが、 生活感は余り感じられませんでした。
関連メモ 秋谷の森
コース紹介
久留和(くるわ)バス停
逗子駅(JR横須賀線)から、[逗4]長者ヶ崎経由大楠芦名口行きバス, [逗5]大楠芦名口経由横須賀市民病院行きバス,[逗6]横須賀市民病院経由長井行きバス,または, [逗7]大楠芦名口経由佐島マリーナ入口行きバスにて20分、1時間に5本程度の便があります。
バス停から少し行った所に庚申塔がありました。 これからの散策の無事を祈っていきましょう。
バス停から子安の里までは谷あいの道が続きます。 深い谷に挟まれた道を歩いていると、 まるで外界と隔てられた隠れ里に行くような神秘的な感じがします。
私の故郷にも、谷筋から峠を越えて隣町へ抜ける狭い道がありました。 途中までは軽トラックが何とか通れる位の道ですが、それもやがて終り、 狭い山道へと変わります。昔、その山道を少し行った所に1軒の家があり、 人が住んでいたと聞いたことがあります。勿論、電気も水道もガスもありません。 そんな所でよく生活できたものだと思いますが、そこに住んでいる理由が何かあったのでしょう。 里というには小さすぎますが、まさに「隠れ里」ということなのでしょうか。 今では山道も荒れ、その家もなくなっています。
関根御滝不動尊
子安の里への道の途中に関根御滝不動尊があり、 その前には水汲み場があります。
お願い
・なるべく沸かして飲むようにして下さい。
・多数の容器を持参し、長時間独占しないで、
 互いにゆずり合って水を汲むようにして下さい。
・冬期は路面に水を流さないようにして下さい。(凍って危険です)
 (御滝不動尊 世話人)
谷を流れる川はきれいに整備されています。 見た目はきれいで安全なのかも知れませんが、 何か自然らしさが減ってしまい、生命の息吹が感じられません。
里の手前に、この辺りでも珍しい藁葺の民家がありました。 でも、気のせいでしょうか、生活感があまり感じられませんでした。
民家の近くに笹竹が生い茂っていました。
笹竹で、よく紙玉鉄砲や杉玉鉄砲を作って遊んだものです。 紙玉鉄砲は、太めの笹竹を筒にし、細めの笹竹を押出棒にします。 杉玉鉄砲は、細めの笹竹を筒にし、鋼鉄製針金(自転車の車輪のスポークなど)を押出棒にします。 いずれも2つの玉(紙や杉玉)の間の空気を圧縮し、 その力で1個目の玉が飛び出るという簡単なおもちゃです。
子安の里の入口
湘南国際村へと続く『子安の里通り』から分かれ、子安の里へと入っていきます。 コンクリートなどで整備された小川には生き物の姿は見られません。 いろいろと大変なのかも知れませんが、土手などがある自然な形で保存してほしいものです。
地区計画の区域
この地区は、良好な環境を保全するため、 都市計画法に基づく地区計画が定められています。 この地区での建築行為などは規制があります。 お問い合わせは下記に連絡ください。
 (横須賀市都市整備部)
子安の里ではのどかな景色が続きます。 春には一面が色とりどりに染まって綺麗なのだろうと思います。
道ばたで、畑でとれた季節の花や野菜を売っていました。 小屋風の直売所はよく見かけますが、 これはビーチパラソルをひとつ立てただけの簡単なものでした。 それにしても、こんな人通りの少ない里で商売になるのでしょうか。
子安窯
里の頂上付近には、陶芸家の方が子安窯を開いています。
野辺には、観音様が立っています。
峠付近では、庚申塔が迎えてくれます。
炭焼き窯
峠には、煙をたなびかせる炭焼き窯があります。
子安の里の峠
野の道を登り詰めたところが子安の里の峠です。
峠からは、相模湾や湘南国際村を眺望できます。 山の上にある湘南国際村には色々な風情の家が立ち並んでいますが、 何か不自然さを拭えませんでした。
里の麓では野菜畑が広がっていますが、田圃は見かけませんでした。
湘南国際村バスターミナル(しょうなんこくさいむら)バス停
逗子駅(JR横須賀線)まで、逗子駅行きバスにて30分、 1時間に1本程度(10時〜17時台)の便があります。
汐入駅(京浜急行本線)まで、汐入駅行きバスにて30分、 1時間に1本程度(6時〜21時台)の便があります。