ねこ交遊(18)
ねこ交遊 (散策していて出会った猫たちを紹介しています)
武山1号
[コース]【低山ハイク】 武山
[場 所]砲台山から武山へ向う道(2003年12月中旬)
[説 明] 砲台山から武山へ向う道にある大きな木の下に、武山2号・3号と一緒にいました。 写真を撮ろうとすると足元まで寄ってきて、なかなかうまく写せませんでした。 頭や体を撫でてやると、私の手を舐めてくれました。 余程なにか欲しかったのでしょうか。 とても人懐こいネコでした。
武山2号
[コース]【低山ハイク】 武山
[場 所]砲台山から武山へ向う道(2003年12月中旬)
[説 明] 砲台山から武山へ向う道にある大きな木の下にいました。 撫でてやろうとすると身を引く人見知りのネコで、結局一度も触れませんでした。 それでもこの場所が気に入っているのか、立ち去ることはありませんでした。
武山3号
[コース]【低山ハイク】 武山
[場 所]砲台山から武山へ向う道(2003年12月中旬)
[説 明] 砲台山から武山へ向う道にある大きな木の下にいました。 武山1号がおねだりしているのを余所目に、気持ちよさそうに日向ぼっこをしていました。 このネコも、頭を撫でてやろうとすると身を引く、ちょっと人見知りのネコでしたが、 何とか撫でることはできました。
武山4号
[コース]【低山ハイク】 武山
[場 所]武山の展望台(2003年12月中旬)
[説 明] 武山の展望台の下にあるベンチの袂にいました。 ベンチで食事をしている女性グループから何か貰えるかと、じっと待っているようでした。 でも、食べ物にはありつけなかったようでした。
武山5号
[コース]【低山ハイク】 武山
[場 所]武山の展望台(2003年12月中旬)
[説 明] 武山4号と共にベンチの袂にいました。 ベンチで食事をしている女性グループから何か貰えるかと、じっと待っているようでした。 でも、食べ物にはありつけなかったようでした。
武山6号
[コース]【低山ハイク】 武山
[場 所]武山の展望台(2003年12月中旬)
[説 明] 武山4号と共にベンチの袂にいました。 ベンチで食事をしている女性グループから何か貰えるかと、じっと待っているようでした。 でも、食べ物にはありつけなかったようでした。
武山7号
[コース]【低山ハイク】 武山
[場 所]武山の展望台(2003年12月中旬)
[説 明] 武山の展望台の下にある植え込みにいました。 写真を撮ろうとすると逃げていく人見知りのネコでした。 逆光で体の回りが光って綺麗でした。
武山8号
[コース]【低山ハイク】 武山
[場 所]武山の展望台(2003年12月中旬)
[説 明] 武山の展望台の下にある植え込みにいました。 武山のネコ達はみんな野良猫のようですが、 何とか食べ物にありつけているのか、痩せこけているのは見かけませんでした。 不妊手術をしたという印なのでしょうか、どれも左耳にピンをしていました。
武山9号
[コース]【低山ハイク】 武山
[場 所]武山の展望台(2003年12月中旬)
[説 明] 展望台のベンチの前にいました。 弁当を食べている人の前に座って、何か貰えないかとじっと待っていました。
武山10号
[コース]【低山ハイク】 武山
[場 所]武山の展望台(2003年12月中旬)
[説 明] 展望台のベンチで食事をしていると近寄ってきました。 鳴かないネコでしたが、じっと見上げる目が「何かほしい」と訴えているようでした。 一歩、また一歩と近寄ってきます。気持ちは分かるけどねぇ、 あげられるような物は持っていませんよぉ〜。
一歩一歩と 寄り来る猫の 見上げる仕草 愛らしい (毘古)
武山11号
[コース]【低山ハイク】 武山
[場 所]武山の展望台(2011年09月下旬)
[説 明] 展望台の手前にある広場で見かけました。 掻き集めた落ち葉の中に茶色い物があるので、何だろうと思って近寄っていくと猫でした。 向こう側を向いてうずくまっていたので猫と分からず、危うく踏みそうになりました。 近寄ってきた私に気が付いて、立ち上がって脇の方へ歩いていきました。 猛ダッシュで逃げていく訳ではなくて、2mほど先の所で立ち止まって振り向いてくれました。 歩いていった先に現れた武山12号とスキンシップをしてから、脇の草地に座って落ち着きました。 一見して強面ですが、心は優しそうでした。
武山12号
[コース]【低山ハイク】 武山
[場 所]武山の展望台(2011年09月下旬)
[説 明] 武山11号が歩いて行く先に止めてあった自動車の脇から出て来ました。 11号とはとても仲良しのようで、頭や鼻先や体などを擦り寄せ合っていました。 痩せ気味で、体も少し小さいようでした。 右目の具合が悪いようでしたが、早く治れば良いがと思います。
武山13号
[コース]【低山ハイク】 武山
[場 所]武山の展望台(2011年09月下旬)
[説 明] 展望台からの眺めを楽しんで降りてくると、脇の草地にうずくまっていました。 最初は向こう側を向いて丸まっていましたが、私に気が付いてこちらを見つめていました。 近づいて写真を撮っていると、立ち上がって脇の方へ歩いていきました。 この猫も猛ダッシュで逃げる程ではなくて、人見知りも道半ばのようでした。
武山14号
[コース]【低山ハイク】 武山
[場 所]武山の展望台(2011年09月下旬)
[説 明] 武山13号を写し終えて、砲台山へ向かおうとすると、草地でうずくまっていました。 眼を閉じて箱座りをしていましたが、近寄ってくる私に気が付いて目を開けました。 逃げ出すことはありませんでしたが、他の猫と同様に脇へ行ってしまいそうに思えたので、 更に近づいて撫でてやることは止めておきました。
武山15号
[コース]【低山ハイク】 武山
[場 所]武山から砲台山へ向かう道(2011年09月下旬)
[説 明] 武山から続く横木の階段を降り終えて尾根道を進んでいくと、行く手の先の方に座っていました。 逃げ出してはいけないので、音をたてないよう注意しながら目一杯ズームアップして写真を撮っていました。 何枚か撮っていても逃げ出す素振りはなさそうだったので、足音を忍ばせながら更に近寄っていきました。 2mほどの所まで行ってしゃがみ込んで写していると、 ゆっくりと立ち上がって脇の茂みの中に入ってしまいました。
武山16号
[コース]【低山ハイク】 武山
[場 所]武山から砲台山へ向かう道(2011年09月下旬)
[説 明] 武山15号を写していると、すぐ脇にうずくまっていました。 遠くからでは草に隠れていて見ませんでしが、武山15号に近寄っていった所で気付きました。 この猫もじっとしていましたが、やがて立ち上がって、武山15号と一緒に茂みの中へ入ってしまいました。 15号とは仲良しのようでした。
武山17号
[コース]【低山ハイク】 武山
[場 所]武山から砲台山へ向かう道(2011年09月下旬)
[説 明] 武山15号・16号と別れてその先へ進んでいくと、尾根道の先の方でニャ〜ン・ニャ〜ンと鳴いていました。 私を見かけて避けようというのか、道を横切って脇の茂みの中へ入っていきました。 それでもまだニャ〜ン・ニャ〜ンと鳴いていました。 鳴き声のする辺りまで行って試しに呼んでやると、茂みから出て来て、 私の足元に頭や体を擦り寄せてくるのでした。 何とも人慣れした猫でした。
武山18号
[コース]【低山ハイク】 武山
[場 所]見晴台(2012年04月中旬)
[説 明] 三浦富士から砲台山へ向かう途中にある見晴台で見かけました。 誰かに貰ったカリカリをテラスで無心で食べていました。 遠くから写しながらジワジワと近寄っていくと、 私に気が付いて時折顔を上げて見つめますが、すぐに下を向いて食べ続けます。 ア〜ォンと短く鳴いて、食事の邪魔しないようにと云っているように思えました。 2mほどに近寄って写していると、やがて立ち上がって脇の茂みの中に入ってしまいました。 人見知りながらも食べ物の誘惑には勝てずに出て来ていたようでした。
三浦富士1号
[コース]【低山ハイク】 三浦富士
[場 所]武山不動院(2005年12月上旬)
[説 明] 武山不動院の社務所の前の植え込みで見かけました。 そおっと近づいて写真を写そうとしていると、社務所の窓口へ登っていってこちらを見ています。 それならばと更に寄っていくとプイと逃げていってしまいました。 う〜ん、かなりの人見知りのようです。 しばらくしているとまた植え込みの中へ戻ってきました。 今度は待ち構えていて何とか写すことができました。
三浦富士2号
[コース]【低山ハイク】 三浦富士
[場 所]武山の展望台(2005年12月上旬)
[説 明] 武山の山頂にある展望台の傍の植え込みで見かけました。 陽だまりで日向ぼっこでもしているのか、うずくまって気持ち良さそうにしていました。 時々目を開けてこちらを見ています。 人見知りしないのかと思って近寄っていくと逃げていってしまいました。 寝ているようでも警戒していたのでしょう。 「狸寝入り」ならぬ「猫寝入り」を決めていたようです。
三浦富士3号
[コース]【低山ハイク】 三浦富士
[場 所]武山から砲台山へ向かう道(2005年12月上旬)
[説 明] 武山から降って砲台山へと続く尾根道を歩いていると、分岐道の所で出会いました。 私を見かけるなり、高めの声でニャ〜ンと鳴きながら向こう側から駆け寄ってきました。 そして足下に体を擦り寄せてきます。 頭や胴などを撫でてやっても嫌がる素振りは全くない人見知りしない猫でした。 写真を写そうとしゃがみ込むと、何か貰えると思うのかすぐに近寄ってきてしまい、 なかなかうまく写せませんでした。 リズムを取るようにして前肢を出して歩いていました。 なかかな趣きのある猫でした。
三浦富士4号
[コース]【低山ハイク】 三浦富士
[場 所]天照大神社から駅へと向かう道(2005年12月上旬)
[説 明] 三浦富士から街中へ降った所にある天照大神社から駅へと向かう道で見かけました。 民家の脇に置いてある自動車の上で日向ぼっこをしていました。 交遊しようと思って近づいていくと逃げ腰になりました。 近くの民家の飼い猫のようにも思いますが、なかなかの人見知りとお見受けしました。
三浦富士5号
[コース]【低山ハイク】 三浦富士
[場 所]見晴台(2008年02月下旬)
[説 明] 砲台山から三浦富士へ向かう途中にある見晴台で見かけました。 テラスの脇の斜面に佇んでこちらを見つめていました。 声をかけてやると、返事をするようにニャ〜ンと小声で鳴いていました。 多くのハイカーもいましたが、逃げていく様子はありません。 食べ物が欲しくて脇にいるのかも知れませんが、特別なアピールをすることもなく静かに待っているのでした。 少しずつ近づいていくと何とか1mくらいまでには寄ることができました。 人馴れしているのかと思って手を伸ばして撫でてやろうとすると、ちょいと身を引くのでした。 それでも遠くまで逃げていくことはなく、脇の木の枝に頭や体を擦り付けていたりしました。
三浦富士6号
[コース]【低山ハイク】 三浦富士
[場 所]見晴台(2010年11月上旬)
[説 明] 三浦富士から砲台山へ向かう途中にある見晴台で見かけました。 テラスの脇の斜面にうずくまってこちらを見つめていました。 近くへ行くと、ニャ〜〜ン・ニャ〜〜ンと長めの声で鳴いていて、 何か欲しいと訴えているようにも思えました。 ゆっくり近寄っていくと、立ち上がって脇の茂みの中に入ってしまいました。 どうやらかなり人見知りのようでした。 誰かから食べ物を貰ったのか、ペットフードが入っていたと思われる缶が幾つかありました。
三浦富士7号
[コース]【低山ハイク】 三浦富士
[場 所]砲台山から武山へ向かう道(2010年11月上旬)
[説 明] 武山の手前にある道の合流地点まで来ると、ニャーン・ニャーンと鳴きながら脇の道から登ってきました。 私の姿が見える前から鳴いていたようでした。 私を見かけても鳴き続け、脇を通り過ぎて先の方へ歩いていきました。 走り去る様子でもなかったので、時間をかけてゆっくりと近づいていきました。 そのうちにでんぐり返しや毛繕いを始めました。 大丈夫そうだと思って、更に近づいて手を伸ばし、何とか頭を撫でてやることが出来ました。 食べ物が欲しいと訴えていたようにも思えましたが、 生憎とあげられそうな物は持ち合わせていなかったので、心引かれながらもその場を離れたのでした。
三浦富士8号
[コース]【低山ハイク】 三浦富士
[場 所]武山のAZALEA HOUSE(2010年11月上旬)
[説 明] 武山の山頂にある展望所「AZALEA HOUSE」のそばの植え込みで見かけました。 寝そべってジッとこちらを見つめていました。 かなり警戒しているようで、写真を撮りながらゆっくり近寄っていくと、立ち上がって逃げていきました。 脇にあるベンチの下まで行って立ち止まったので後を付いていきましたが、 更に警戒心を顕わにするので、それ以上は近寄るのを止めておきました。
三浦富士9号
[コース]【低山ハイク】 三浦富士
[場 所]武山からバス停へ降る道(2010年11月上旬)
[説 明] 武山高区配水池を過ぎて降っていくと、道を横切って脇の斜面に登ってきました。 立ち止まったので、声をかけてやると振り向いてくれました。 かなり警戒しているようだったので、あまり近づかずにズームアップして写しました。 手前の木や笹などが少し邪魔でしたが、左右に寄ったりしながら何とか写すことが出来ました。 何枚か撮っていると、立ち上がって更に上の方へ行ってしまいました。 かなり綺麗な毛並みをしているように見えたし、近くには民家もあったので、飼い猫なのでしょうか。