ねこ交遊(17)
ねこ交遊 (散策していて出会った猫たちを紹介しています)
猿島1号
[コース]【海辺散策】 猿島
[場 所]諏訪神社(2009年06月中旬)
[説 明] 諏訪公園から引き返してきて参道を降っていくと、石灯籠の脇で佇んでいました。 遠くから写してから近寄っていこうとすると、 かなりの人見知りとみえて、まだ10mほど離れているのに速攻で逃げていきました。 境内の脇の道路に出て、自動車の下へ素早く潜ってしまいました。 近くから写すことが出来なくて、ぼんやりした写真になってしまいました。
猿島2号
[コース]【海辺散策】 猿島
[場 所]諏訪神社(2009年06月中旬)
[説 明] 猿島1号を写していると、前を横切っていきました。 この猫もかなりの人見知りとみえて、近寄っていこうとすると逃げていきました。 石段を登って社殿のある方へ行き、脇の植え込みへ入ってしまいました。 一瞬こちらを振り向いたりもしましたが、上手く写せませんでした。 少し後を追っていったのですが、逃げ足が速くて、正面から写すのは諦めたのでした。
野島1号
[コース]【海辺散策】 野島公園
[場 所]野島公園(2010年11月中旬)
[説 明] 展望台から舗装路を降っていくと、向こう側から歩いてきました。 下の住宅地から登ってきたのでしょうか。 立ち止まってしばらく柵の外側を眺めていましたが、 程なくして立ち上がって私の方に近づいてきました。 足元を通り過ぎて、柵の外側の茂みの中へ入っていきました。 かなり人慣れしているのか、逃げるような雰囲気はありませんでしたが、 撫でてやる機会は得られませんでした。 慌てて写したので、粗くてブレた写真になってしまいました。
野島2号 (ミケ)
[コース]【海辺散策】 野島公園
[場 所]旧伊藤博文金沢別邸(2010年11月中旬)
[説 明] 別邸の傍にある駐車場で見かけました。 脇の緑地でしきりに身繕いをしていました。 駐車場の係り員の話によると、昼時になるとやってきて人から餌をもらっているようです。 係り員にかかえ上げられても嫌がることはなく、かなり人慣れしているようでした。 私も手を伸ばして腹や頭などを撫でてやることができました。 首輪をしていて毛並みも綺麗だったので、近くの民家の飼い猫なのでしょうか。 「ミケ」と呼ばれていましたが、ほんとうの名前かどうかは分かりません。
野島3号
[コース]【海辺散策】 野島公園
[場 所]野島運河(2010年11月中旬)
[説 明] 運河にある船宿の水辺で佇んでいました。 手前に崖があって近寄っていけなかったので、海側に手を伸ばして目測で何とか写しました。 私に気付いて顔を上げ、頭を少し傾げて丸い眼をして私を見つめていました。 やがて立ち上がって道路の方に出てきましたが、車の下に入ってしまって写せませんでした。 大柄で健康そうな様子でしたが、近所の民家の飼い猫なのでしょうか。
佐島の丘1号
[コース]【海辺散策】 佐島の丘
[場 所]福本寺(2010年12月下旬)
[説 明] お寺へ向かう路地にある民家の前で見かけました。 玄関先の段差に寄りかかって足を投げ出し、一所懸命に毛繕いをしていました。 なかなかこちらを向いてくれませんでしたが、何度か声をかけているうちに顔を上げてくれました。 敷地内にいたので近寄っていく訳にもいかないので、遠くから写真を撮っていましたが、 特に逃げ出すような様子はありませんでした。 毛並みも綺麗だったし、その民家の飼い猫なのでしょう。
佐島の丘2号
[コース]【海辺散策】 佐島の丘
[場 所]福本寺(2010年12月下旬)
[説 明] 佐島の丘1号の写真を撮っていると、後の方から出てきました。 そして1号の毛繕いを見つめていました。 程なくしてうずくまって私を見つめていました。 この猫も逃げ出すことはありませんでした。
佐島の丘3号
[コース]【海辺散策】 佐島の丘
[場 所]福本寺(2010年12月下旬)
[説 明] 佐島の丘2号と並ぶようにして奥から出てきました。 この猫も1号の毛繕いを見つめているようでしたが、その先に気になるものがあったのかも知れません。 やがて座って私の方を見つめていました。 この猫もそれ程人見知りではないようで、逃げ出すことはありませんでした。
佐島の丘4号
[コース]【海辺散策】 佐島の丘
[場 所]福本寺(2010年12月下旬)
[説 明] 佐島の丘1号から少し離れた所にうずくまっていました。 声をかけてやるとこちらを向いてくれたので、そのタイミングで写しました。 佐島の丘2号から4号は同じような毛の配色をしているし体つきも似ていたので、兄弟姉妹のように思えました。 天気が良かったので、外に出して貰っていたのかも知れません。
佐島の丘5号
[コース]【海辺散策】 佐島の丘
[場 所]佐島漁港(2010年12月下旬)
[説 明] 海沿いの道を歩いていると、山際の方からやって来て、道路を横切って港へ進んでいきました。 後を付けていくと、網や笊などの上を歩いていきました。 程なくして伸びをしたり首筋を掻いたりしていました。 声をかけてやると、こちらを振り向いてくれました。 この猫も逃げ出すことはなかったので、それ程人見知りではないようでしたが、 近寄ってくるまでではありませんでした。
佐島の丘6号
[コース]【海辺散策】 佐島の丘
[場 所]佐島漁港(2010年12月下旬)
[説 明] 佐島の丘5号と別れて海沿いを更に歩いていると、陸揚げされた漁船の袂で寝そべっていました。 上半身を起こした姿勢で目を閉じていましたが、声をかけてやると目を開けてこちらを見つめていました。 何枚か写真を撮っていると、立ち上がって掠れた小声でニャンと鳴きながらこちらへやってきました。 鼻先に指を出してやると匂いを嗅いでいましたが、やがて軽く噛んできました。 食べ物と思ったのでしょうか。 その内にだんだんとエスカレートしてきて噛む力が強くなってきたので、指を引っ込めたのでした。
佐島の丘7号
[コース]【海辺散策】 佐島の丘
[場 所]佐島マリーナ(2010年12月下旬)
[説 明] 入口にある休憩舎のベンチでひと休みしていると、脇から出てきました。 ベンチの下をくぐって前に出てきて立ち止まり、私を見つめていました。 何か貰えないかと探りに来たようでした。 手を伸ばせば届きそうな距離でしたが、ちょいと人見知りのような気配を感じたので、 写真を撮るだけにしておきました。
佐島の丘8号
[コース]【海辺散策】 佐島の丘
[場 所]芦名1丁目(2010年12月下旬)
[説 明] 佐島マリーナを後にして海沿いを歩いていると、 道路脇の空地に置かれた簡易倉庫のような物の袂にうずくまっていました。 私に気づいて目を開けてジッと見つめていました。 手前にある枯れ草を避けて写そうと左右に動きながら少しずつ近寄っていくと、 やがて立ち上がって奥の方へ逃げていきました。 首輪のようなものをしていたので、近所の民家の飼い猫のように思えました。
佐島の丘9号
[コース]【海辺散策】 佐島の丘
[場 所]十二所神社(2010年12月下旬)
[説 明] 神社へ向かう路地の脇で見かけました。 ゴミ袋の後に佇んでいたのですが、私に気づいて横の柵を越えていきました。 しかしそれ以上には逃げていかず、きちんと座ってこちらを見つめていました。 民家の敷地内なので入っていけず、遠くから写すだけにしておきました。 健康そうで綺麗な毛並みをしていたので、近くの民家の飼い猫のように思えました。
佐島の丘10号
[コース]【海辺散策】 佐島の丘
[場 所]十二所神社(2010年12月下旬)
[説 明] 佐島の丘9号の写真を撮っていると、手前の塀の傍に頭が見えました。 こんな近くにも猫がいると思って、少し左へ寄って、何とか全体の姿を写すことが出来ました。 1mと離れていない所でしたが、逃げ出す素振りはありませんでした。 この猫も9号と一緒に飼われているように思えました。
佐島の丘11号
[コース]【海辺散策】 佐島の丘
[場 所]大楠漁港(2010年12月下旬)
[説 明] 漁港にある建物の前で、魚を貰って一心に食べていました。 声をかけてやってもチラッと振り向くだけで、またすぐに食べ続けていて、 正面から顔を写すことは出来ませんでした。 すぐ傍まで近寄っても逃げていかなかったので、人見知りではないように思えました。
佐島の丘12号
[コース]【海辺散策】 佐島の丘
[場 所]大楠漁港(2010年12月下旬)
[説 明] 佐島の丘11号の写真を撮っていると、脇に駐車している車の下から出てきました。 舌で口の回りを舐めていたので、既に食事済だったのでしょうか。 私を見つけて鳴こうとするのですが、あまり声が出ないようでした。 足元まで来て頭などを擦り寄せてきました。 まだ食べ足りなかったのでしょうか。 少し離れて写そうとしてもすぐに寄ってきて、なかなか上手く写せませんでした。 その場を離れようとすると後を付いてくる人懐こい猫なのでした。
佐島の丘13号
[コース]【海辺散策】 佐島の丘
[場 所]淡島神社(2010年12月下旬)
[説 明] 神社へ向かう路地から少し脇に入った所の民家の前で佇んでいました。 じわじわと近寄りながら写していると、立ち上がって横に歩き出しましたが、すぐに立ち止まってくれました。 逃げ出すような素振りはなかったので、あまり人見知りではないようでした。 綺麗な毛並みをしていたので、その民家の飼い猫なのだろうと思います。
佐島の丘14号
[コース]【海辺散策】 佐島の丘
[場 所]芦名1丁目(2010年12月下旬)
[説 明] 国道へ向かって少し高みに続く道を歩いていると、民家の間の駐車場で寝そべっていました。 日溜まりになっていて気持ちよさそうにしていましたが、私に気づいて鋭い目線で見つめていました。 写真を撮りながらジワジワと近寄っていくと、立ち上がって脇に逃げていく人見知りの猫でした。 休んでいるところを邪魔してしまったようです。
佐島の丘15号
[コース]【海辺散策】 佐島の丘
[場 所]芦名1丁目(2010年12月下旬)
[説 明] 佐島の丘14号と別れてその先へ歩いていくと、民家の玄関先で背を向けて座っていました。 声をかけてやると振り向いてくれました。 人見知りなのかと思いながらそっと写していると、立ち上がって私の方へやってきて、 頭や体を擦り寄せてくるのでした。 そのうちに立ち上がって、私の足に手をかけて登ろうともします。 その手の爪が立っていて痛い思いをしながらも交遊をしていました。 後ろ髪を引かれる思いでその場を去ろうとしても後から付いてきますが、 守備範囲でもあるのか、ある程度の所まで来ると、それ以上は来なくなりました。 そんな様子を見ながら、バイバイと言って別れたのでした。